パワープレイ

bayfm78がヘビーローテーションするニューソング!
3週間を1サイクルに最新の注目曲をbayfmが大量ON AIRで応援していきます。

6/13〜7/3

オルリコ
恋姫
オルリコ
キングレコード
内モンゴル出身、2010年にデビューしたオルリコの5枚目のシングル。作詩は数多くの名曲を生み出してきた荒木とよひさ氏。ゆったりとしたメロディーに“アジアの新歌姫”とも言われるオルリコの、情感溢れる歌声がマッチした心地よい楽曲です!
Brian the Sun
HEROES
Brian the Sun
EPIC RECORDS JAPAN
大阪在住の4人組バンド、Brian the Sunのメジャーデビューシングル。 インディーズ時代の楽曲とは一線を画す開放的でポジティブな印象を持つこの楽曲は、TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」のED曲として書き下ろされた。このアニメの主人公のように夢に向かってひたむきに前へ進んでいくことの大切さを、シンプルでストレートな歌詞とメロディ、バンドサウンドで表現し新たな一面を魅せている。
Uru
星の中の君
Uru
ソニー・ミュージックレーベルズ
“The Singer_ あなたが、まだ知らない奇蹟の歌声。”
素顔をほとんど見せないモノトーンに統一された映像と、透き通る歌声が徐々に注目を集め、YouTubeのカバー動画で早耳音楽リスナーの話題を呼んでいるシンガーUru(うる)のデビューシングル。有村架純 主演映画 「夏美のホタル」主題歌
佐藤善雄 feat.桑野信義
Sixty Candles
佐藤善雄 feat.桑野信義
FILE RECORDS
この曲は、1981年に発売されたシャネルズのセカンド・アルバム 「Heart & Soul」に収録された『夢見る16歳』のアンサーソングです。 そして『夢見る16歳』以来、グループの盟友である桑野信義とのデュエットソング。気がつけば60本のキャンドルに火が灯る。盟友に、そして奇跡のデュエットに乾杯!!
BLUE ENCOUNT
だいじょうぶ
BLUE ENCOUNT
Ki/oon Music
10月9日に初の武道館公演となる「LIVER’S 武道館」が決定しているブルエンことBLUE ENCOUNTによるニューシングル。毎日を一生懸命生きる<あなた>を、がっちりと受け止め、全力で応援するブルエンの思いが100パーセント詰まったメッセージソング。武道館公演へ向けたオフィシャルソングとも言える内容で確実にこの夏一番熱い応援歌。

ミッドナイトプレイ

6/13〜7/3

SPiCYSOL
Coral
SPiCYSOL
RX-RECORDS / UK.PROJECT
この曲は結婚する友人を音楽で祝福したいと思って書いた曲でいつまでも幸せでいて欲しいという願いを込めて「純愛」という意味を持つ「Coral」というタイトルを付けました。サーフライクなバンドサウンドに優しいメロディを乗せたSPiCYSOL流のウェディングソングになったと思うので大切な人を思い浮かべながら聞いてもらえればと思います。(Vo.KENNY)
Official髭男dism
コーヒーとシロップ
Official髭男dism
ラストラム・ミュージックエンタテインメント
オススメポイントは歌詞です。社会に対して誰もが感じる、悔しさ、理不尽さ、これらに苦しみながらも自分のするべき事を探していく姿勢。Vo.藤原が生で経験した事が歌詞に生きていると感じています。仕事に限らず様々な人やトラブルと向き合う時、この曲が自分を取り戻すきっかけになればそれ以上に幸せな事はありません。
ReN
Lights
ReN
Booost music
新時代シンガー・ソング・ライターの出現を予感させる22歳。活動1年目から“ループ・ステーション”を駆使した一人だけのライブ・パフォーマンスが注目され、「FUJI ROCK FESTIVAL ‘15」にも出演。1st Album 「Lights」のタイトルソング「Lights」に込めたメッセージは「僕たちは求めるばかりではなく、未来のために自分が輝けばいい。」“We are the Lights !”
GAKU-MC
ついてない1日の終わりに
GAKU-MC
TOY'S FACTORY
日常の予期せぬアクシデントや失敗など一見してネガティブに思える出来事やうまくいかないことも、引いてみたら、人生を豊かにしてくれる素敵な「きっかけ」に違いない。曲を聴いて、ポジティブな自分を手に入れてくれたら嬉しい。そんなメッセージが込められた楽曲です。