過去のゲストトークはこちらから!
0 0 0 0 0
0 0 0 0 0
       
0 0 0 0 0
0 0 0
  細野恵美さん  
0 0 0
0 0 0
0    
0
P r o f i l e
 
0 0 0
 

千葉県千葉市生まれ。大学卒業後、大手飲料メーカーに勤務する中で栄養学に興味を 抱き、東京健康科学専門学校に入学、管理栄養士の道へ。2005年から2010年まで千葉 ロッテマリーンズの選手の栄養管理を行う。その後、森永製菓(株)ウイダートレー ニングラボに入社。浅田真央、高梨沙羅、錦織圭らトップアスリートの栄養管理士と して活動。著書に『一流アスリートのカラダを劇的に変えた 強く、美しくなる食 事』(大和書房)がある。




細野恵美さんの著書の情報はこちらから

 
 
0

2019. 1/14(月)〜17(木) ゲストトーク(概略)

0
0
0
フィギュアスケート選手時代の浅田真央さんから学んだこと
0

タンパク質の役目ということ自体は、真央さんはちゃんと理解していて、その中で魚 とか豆腐とか豆とか、そういうものを積極的にとっていたのでタンパク質の摂取量が 足りないわけではなかったのですが、せっかくだからいろんなタンパク源から栄養を 取ろうよということで、お肉からとれるタンパク源も食べてみようと、本当に少しず つ取ってもらうようになりました。

0

真央さんは本当に体重を含め、自分の体調の変化にものすごく敏感で、ちょっとむく んでいる気がするとか、筋肉が張っている気がするとか、そういうところがとにかく 敏感でした。そこは本当に素晴らしいなと思いました。

0

いつもの自分と今日は何が違うのかということをすごく細かく分析できているので す。それは私でも全然気がつかないようなところで、それを感じ取っているところが 素晴らしいなと思いました。

0

本当に私もびっくりしたのですが、あれだけたくさんの人を魅了する感性と言うか、 それが彼女が選ぶ食事にも現れていて、初めて見た時にすごく感動しました。いろい ろな食材をちょっとずついただくのです。見た目もカラフルで 盛り付けも選ぶ食器 も本当にその辺にあるものを集めてきたというのではない。そこは逆に私が学ばせて いただいたところです。

0

だからこんなに素敵な演技ができるのだなと感じさせてもらいました。 その時は、 ちょうどお母様が亡くなられてすごく落ち込んでいる時で、メディアも追いかけてい たので、ちょっと私にも何かできないかなと思って出来る範囲でお弁当を作って届け ていたのです。

0

それを食べてもらう時、ちゃんと綺麗なランチョンマットを敷いたり、ピンクのお皿 に移し替えたりして食べていました。真央さんは特にですけれど、カラフルに選ぶの がすごく上手なのですね。カラフルに選んでいると自動的に色々な食材を摂っている ことになるので、栄養バランスも気が付いたらしっかり整っているということになり ます。

0

それが意外とお肉が大好きな選手だったりすると全体的にトレイが茶色っぽくなった りします。ですからカラフルに選べるといつもよりもぐっと栄養のバランスが上がる かなと思うので、そういうところは一般の方でも参考にして取り入れやすいのではな いかと思います。

0

 

0

 

0

 

0

 




0
 
0