パワープレイ

bayfm78がヘビーローテーションするニューソング!
3週間を1サイクルに最新の注目曲をbayfmが大量ON AIRで応援していきます。

10/14~11/3

SHISHAMO
君の隣にいたいから
SHISHAMO
GOOD CREATORS RECORDS / ユニバーサルシグマ
SHISHAMO、通算10枚目のシングル。“君の隣にいたいから”、“またね”、“君の大事にしてるもの”新曲全3曲を収録。表題曲“君の隣にいたいから”は、第86回NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部 課題曲として書き下ろした、NHK「みんなのうた」2019年8-9月放送の楽曲。ジャケットイラストは、今回もGt.Vo 宮崎朝子の描き下ろし!
森口博子×鮎川麻弥
追憶シンフォニア
森口博子×鮎川麻弥
キングレコード
1985年から1986年にかけて放送されたテレビアニメ「機動戦士Ζガンダム」の前期オープニングテーマ『Ζ・刻をこえて』を歌った鮎川麻弥と、後期オープニングテーマ『水の星へ愛をこめて』を歌った森口博子によるガンダムソングの実力派ディーヴァが初コラボ!!!!出会いから34年、2人とファンとの絆がシャウトする!!次世代をも刺激する大人ロックです。
WANIMA
GONG
WANIMA
ワーナーミュージック・ジャパン/unBORDE
10月23日リリースのAL『COMINATCHA!!』は既存曲に加え、これまでライブでのみ披露していた「りんどう」WANIMA初の提供楽曲となった「ここに」のセルフカバーなど、新曲を加えた全15曲が収録される豪華なALとなっています!
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
Move the World
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
rhythm zone
レゲエをベースにしたトラックは、過去にも「LA FIESTA」や「THROW YA FIST」といったマスターピースを提供したプロデューサー:Ava1ancheが手掛けたもの。
タイトルと歌詞は「自らの手で世界を変える」「先を求めて世界を移り渡る」という2つの意味が込められた内容。
破竹の勢いで進化し続けるTHE RAMPAGEの"今"を表現した、渾身のアルバムリード曲!!
ゴスペラーズ
VOXers
ゴスペラーズ
SonyMusic Labels
通算52枚目となるゴスペラーズの25周年記念シングルは、彼らの発明でもある“ケンカアカペラ”!!!
ボーカルを意味する“VOX”とリングで戦う“ボクサー”をかけた、マイク5本で戦ってきたヴォーカル・グループであるゴスペラーズだからこそ完成した25周年にふさわしい楽曲です。
Sano ibuki
革命的閃光弾
Sano ibuki
ユニバーサルミュージック/EMI Records
構想から約2年かけて制作されたデビューアルバム『STORY TELLER』が11月6日に発売。『STORY TELLER』はSanoが作った空想上の物語であり、時代や国境の概念を超えた架空の街を舞台に繰り広げられる、人との出逢いと別れの悲喜交々や死生観を描いた、12篇の物語から成る短編集といえる。それぞれの物語に寄り添う主題歌として制作された全12曲が収録。

ミッドナイトパワープレイ

10/14~11/3

プラチナボーイズ
君へ届け
プラチナボーイズ
ライジング・レコーズ
5人組ボーイズポップスグループ
プラチナボーイズのデビューシングル『君へ届け』
SPEEDを音楽プロデュースした"伊秩弘将"氏が作詞作曲を手掛けた。一度聴いたらどこか懐かしいメロディと心に響くストレートな歌詞でフレッシュなプラチナボーイズがリスナーの心へ届けます。
Eve
レーゾンデートル
Eve
TOY'S FACTORY
インターネット界を牽引するシンガーソングライターEve。YouTubeチャンネル登録者数は約120万人、Twitterのフォロワーは約49万人、MVの総再生回数は2億回以上。代表曲「ドラマツルギー」は既に4300万回以上再生されている。本作「レーゾンデートル」は専門学校HAL CMソングに決定しており、既に大きな話題を集めている。
仲村宗悟
Here comes The SUN
仲村宗悟
ランティス
声優・仲村宗悟が待望のアーティストデビュー!デビューシングル「Here comes The SUN」は、自身も高嶋智樹役として出演しているTVアニメ『厨病激発ボーイ』ED主題歌となっています。爽やかでポップなギターサウンドをご堪能ください!さらに、カップリングには自身が作詞・作曲を手がけた「ゆらゆら」も収録!これからのアーティスト活動にもご注目ください!
黒木渚
美しい滅びかた
黒木渚
Lasturm Music Entertainment
独特の文学的歌詞で、女性の強さや心理を生々しく歌い上げる、孤高のミュージシャン。小説家。10月9日に約4年ぶりのフルアルバム「檸檬の棘」をリリース。美しく滅ぶということは美しく生きるということ。喉の病気から不死鳥のように蘇った黒木渚を生き写した新作完成。
the engy
Sick enough to dance
the engy
CONNEXTONE
京都発。山路洸至、濱田周作、境井祐人、藤田恭輔の4人からなるロックバンドthe engy。「Sick enough to dance」は“踊るのには十分に病んでいる”をテーマに、クラブミュージック然としたクールなトラックメイキングとエモーショナルなロックサウンドを絶妙にかけ合わせたthe engyの真骨頂と言える楽曲に仕上がりました。