世界的にも最高のクオリティーをもって評価される「MADE IN JAPAN」。
さまざまな技術開発に携わったエンジニアたちをゲストに迎え、ロボット、宇宙、車、コンピューターなど様々な技術革新と、その技術が生まれた背景に迫ります。日本の技術力は驚くことばかり、未来の見え方がきっと変わるはず。

Every Tue. 24:00~

第78回 日新精機株式会社 代表取締役社長 中村稔さん 技術営業 田村静さん

2018/3/28 UP!

写真は、松風さん(左)と中村稔さん(中央)と田村静さん(右)

 

中村さんのプロフィール

1974年、埼玉県越谷市生まれの現在44歳。
私立の学校へ進学するも、遊び過ぎてしまい、大学進学をせずに就職。
都内でサービス業に従事し、25歳の時に、父親が経営する日新精機株式会社に入社する。

高精度な金型を製造する会社に於いて、完全にスキルがゼロからのスタートだったが、入社当初から、営業と設計を兼務する。
ほとんど手書きだった会社の現状を見て、社内のオリジナルデータベースづくりの必要性を感じ構築、さらに、図面作成の電子化を進めていく。
2016年6月に、代表取締役社長に就任してからは、社内の仕組みも大きく変え、製造手法を電子化。これにより、5年連続で、「補正ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」いわゆる「ものづくり補助金」に採択され、それを活用して、先進設備を積極的に導入、最新のエンジニアリングを融合した「ハイブリッドものづくり」を行っている。

田村さんのプロフィール

埼玉県出身の37歳。入社12年で、お客様がつくりたい部品を図面に起こし、製造現場に依頼して、金型を完成形に持って行くことが主な仕事内容。入社前は、ケーキ屋などでアルバイトをしていたこともある。

 

日新精機株式会社のHP → http://www.nissinseiki.co.jp/

日新精機株式会社は、埼玉県春日部市にあり、主に、金型(ねじやボルトなど)の設計や製作などを行っている会社。具体的には、冷間圧造を用いての金型を作りなど。製造部の平均年齢は32歳と若く、外国の方も多く活躍されているとのこと。そして、社員のほとんどが専門的な知識を持っていない素人の方が多いのだとか。理由は、今の世の中、機械科などの専門的な学校を出ている人の人数は少ないので、そういう人を探すよりも、優秀だと思った人をどんどん採用して、会社でいろいろ勉強してもらおうという方針だから。ちなみに、中村さんも田村さんも、入社当時は、まったく分からない素人だったそうです。

また、田村さんが、日新精機株式会社に入社したのは、社長を務めていたお父様に声を掛けられたことがきっかけ。田村さんは、昔から絵を描くこと好きで、お父様から、会社で絵を描く仕事をしないかと言われ、入社を決意したそうです。(絵を描く仕事と言われたものの、実際は、図面を書く仕事だったのだとか。ちなみに、入社前は、ケーキ屋さんでアルバイトをしていたりと、今とはまったく別の分野のお仕事をされていたそうです。)

リーマンショックや、東日本大震災の影響による財政難など、様々な困難を乗り越えてきた日新精機株式会社。来週は、会社について、更に踏み込んだお話を伺います。明るい会社を目指すためにちょっと変わった取り組みをしていたり・・?お楽しみに!

 

中村さん、田村さんのインタビュー。
そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

インタビューのフルバージョンでは、金型について、もっと詳しいお話を聞くことができます。ねじは、一分間に200~300個ほど生産することができるのだとか!他にも、田村さんからみる中村さんの印象などのお話も。ぜひチェックしてみてください!

それから上記のサイトでは、音楽を楽しむことができません。
音楽を楽しみたい方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2018/03/27/火 24:30-25:00
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20180328003000

by vivi

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
    MONTH