世界的にも最高のクオリティーをもって評価される「MADE IN JAPAN」。
さまざまな技術開発に携わったエンジニアたちをゲストに迎え、ロボット、宇宙、車、コンピューターなど様々な技術革新と、その技術が生まれた背景に迫ります。日本の技術力は驚くことばかり、未来の見え方がきっと変わるはず。

Every Tue. 24:00~

第178回 株式会社タイトー 制作プロデューサー 手塚忠孝さん

2020/3/9 UP!

A-LABO INDEXは、3か月おきにテーマに沿ってお届けしておりますが、今年2020年1月から3月のテーマは『2020の技術』
今週と来週は、株式会社タイトー 制作プロデューサーの手塚忠孝さんをお迎えしました。

株式会社タイトー 制作プロデューサー 手塚忠孝さん

手塚さんのプロフィール

1971年、千葉県市原市出身の49歳。学生時代から、パソコンゲームを作ったり、部活の映画研究会で脚本を書いていたりするうちに、「映画が好きで、人工知能に興味があって、好きなゲームなら、将来、その全部をやれるのは、ゲームプランナーやゲームプロデューサーかもしれない」と思うようになる。そして、国立木更津工業高等専門学校で電子制御光学を専攻。卒業後、ゲームを作る世界に入る。株式会社タイトーでは、ゲームプランナーからスタートし、ディレクター、プロジェクトマネージャーを歴任。今回、今年稼働開始予定のアーケードゲーム「テトテ×コネクト」で初プロデューサーを務める。


手塚さんが初プロデューサーを務める新作アーケードゲーム「テトテ×コネクト」。2週にわたり、ご紹介していきたいと思います!


☆新作アーケードゲーム「テトテ×コネクト」とは。

縦型の大型のタッチパネルを使用し、等身大の自分だけのパートナーキャラクターを選び、一緒に音楽を楽しみ、キャラクターとシンクロしていくことでキズナができるという新感覚のリズムアクションゲーム。先日開催された「ジャパンアミューズメントエキスポ2020」では、ビジネスデイも関わらず、会場オープン即180分の行列ができるほどの注目度でした。

そして、今回、番組は、スタジオを飛び出し、いざタイトー本社へ!
実際に、松風さんが、「テトテ×コネクト」を体験してきました。

実際に松風さんが体験してみての感想や、「テトテ×コネクト」についての詳しいお話は、ぜひインタビューのフルバージョンをチェックしてみてください!

そして、来週は、「テトテ×コネクト」の開発のお話をお伺いします。
「テトテ×コネクト」のプロジェクトチームを襲った大ピンチとは・・?

次回もお楽しみに!

手塚さんのインタビュー。そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。
https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

by vivi

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
    MONTH