世界的にも最高のクオリティーをもって評価される「MADE IN JAPAN」。
さまざまな技術開発に携わったエンジニアたちをゲストに迎え、ロボット、宇宙、車、コンピューターなど様々な技術革新と、その技術が生まれた背景に迫ります。日本の技術力は驚くことばかり、未来の見え方がきっと変わるはず。

Every Tue. 24:00~

第181回 株式会社三英 代表取締役 社長 三浦慎さん

2020/3/25 UP!

A-LABO INDEXは、3か月おきにテーマに沿ってお届けしておりますが、今年2020年1月から3月のテーマは『2020の技術』 今週は、先週にひきつづき、株式会社三英 代表取締役 社長 三浦慎さんをお迎えしました。

三浦さんがもっていらっしゃるのが、卓球の天板

三浦慎さんのプロフィール

1961年生まれ。1985年、専修大学 経営学部経営学科を卒業後、三英に入社。営業部長を経て、2000年に取締役就任。2002年から代表取締役社長を務めている。

株式会社三英について http://www.sanei-net.co.jp/

 先週ご紹介したInfinityから3年。2020年デビューの最新のショーコート!
(ショーコートとは、大会などでメインに据えられる卓球台)

 MOTIF(モティーフ) ⇒ 
http://www.sanei-net.co.jp/rio-to-tokyo/pdf/motif-more-details.pdf     

そのこだわりは、ぜひ、上記のリンクで。

さらに、話しは、三英のもうひとつの軸。遊具の話へ。
遊具はこちらでチェック。
http://www.sanei-net.co.jp/catalog/catalog_k/index.html

丸太などの木材のアスレチックのほかに、番組内で話にもでてきた
NAGAREYAMAおおたかの森S・C 本館3階オープンテラスの遊具広場。
http://www.sanei-net.co.jp/news/?p=5339

株式会社三英 三浦社長から、若いエンジニアへのメッセージ。
海外に向いて仕事されるのはいいんじゃないかと思います。
いつも前向きで、つねに、自分をのっけてのっけて楽しいものを作るというのがいいのでは?日本で評価されてもしょうがない。海外にもっていたときに、「このブランコの板いいよね」・・・といっていただければそれでいい。「このネジ、これいいよね」といっていただければいいと思います。そういう風になれるような活動をしなければならない。

お聞き逃した方は、radikoのタイムフリーで。
A-LABO INDEX | bayfm78 | 2020/03/24/火 24:00-24:30 http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20200325000000

(関東以外の方は、radikoプレミアムに入らないとお聞きになれません)

三浦さんのフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 
    
http://central-hd.co.jp/
https://www.central-engineering.jp/legendengineers
 

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
    MONTH