世界的にも最高のクオリティーをもって評価される「MADE IN JAPAN」。
さまざまな技術開発に携わったエンジニアたちをゲストに迎え、ロボット、宇宙、車、コンピューターなど様々な技術革新と、その技術が生まれた背景に迫ります。日本の技術力は驚くことばかり、未来の見え方がきっと変わるはず。

Every Tue. 24:00~

第187回 株式会社プランテックス 代表取締役 山田耕資さん

2020/5/7 UP!

山田耕資さんのプロフィール

2007年に東京大学大学院卒業後、ものづくりの生産工程改革で有名な㈱インクスに勤務。同社の民事再生申請時には再生計画案を作成。2010年以降、日米計6社のベンチャーの創業に参加。2013年末に人工光型植物工場と出会う。世界の食と農に革新をもたらす技術だと確信し、創業を決意。エンジニアリングの分野で卓越した実績・スキルを持つメンバーと共に、新しい産業を興すことを目指して2014年6月に株式会社プランテックスを創業。
プランテックスは、日本経済新聞社主催 農業とテクノロジーを融合するAG/SUM AGRITECH SUMMIT(アグサム/アグリテック・サミット)2018のピッチ・ランに参加し「みずほ賞」を受賞。

また、宇宙および地球上における食料の生産・供給に関する課題解決ならびにそれに伴うマーケットの早期創出を目指す「Space Food X(スペースフードエックス)」に参加。現在に至る。

今回は、Culture Machineに使われているソフトについてのお話。

会社を立ち上げて、最初2年は、実は、ソフトウェアの開発をしていたという
プランテックスのみなさん。植物工場の中で何が起こっているのかを知り、ものとエネルギーがどういう風にかかわって植物になるのかを勉強したそうです。
そして、数値化される項目は、200を超えたそう。

せっかくだから、植物工場じゃなきゃできない野菜を作れたら面白いと語る山田さん。株式会社プランテックスの作る農業の未来に注目です。

株式会社プランテックス ⇒ http://www.plantx.co.jp/

山田さんのインタビューのフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 
    
http://central-hd.co.jp/
https://www.central-engineering.jp/legendengineers
 (更新は、6月を予定しています)

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
    MONTH