世界的にも最高のクオリティーをもって評価される「MADE IN JAPAN」。
さまざまな技術開発に携わったエンジニアたちをゲストに迎え、ロボット、宇宙、車、コンピューターなど様々な技術革新と、その技術が生まれた背景に迫ります。日本の技術力は驚くことばかり、未来の見え方がきっと変わるはず。

Every Tue. 24:00~

第188回 ユカイ工学株式会社 CEO 青木俊介さん

2020/5/13 UP!

松風さんと青木さん

松風さんが持っているのが「Qoobo(クーボ)」
青木さんが持っているのが「TELLBO(テルボ)」

ユカイ工学株式会社 CEO 青木俊介さんプロフィール

青木さんは、1978 年 千葉県船橋市出身。東京大学工学部 計数工学科。大学2年の時に、現チームラボ株式会社社長の猪子寿之さんと同じクラスになり、在学中にチームラボを設立、CTOに就任。その後、2007 年に中国·上海にある東華大学大学院へ留学。帰国後、ピクシブのCTOを務め、2011 年ロボティクスベンチャー「ユカイ工学」を設立。「ロボティクスで、世界をユカイに。」というビジョンのもと、家庭向けロボット製品を数多く手がけ、2014年、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO(ボッコ)」を発表。「BOCCO」がグッドデザイン賞を受賞。2017年 しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」を発表。そして、2020年の最新ロボットが「TELLBO(テルボ)」を開発。

HONDAの「ASIMO」にあこがれて、ロボット制作へ。

やわらかかったり、生き物らしいロボットを作りたかったという青木さん。
その発想を元に、ユカイ工学の第1号ロボットは「カッパノイド」を作りました。
http://kappanoid.com/
(やわらかい。ワイヤーを使って動くの間接も柔らかい)

家族をつなぐ延長のロボット「BOCCO(ボッコ)」
テーマは「座敷童」。
スマートフォンがない家族向け。一人暮らしをしているおじいちゃん、おばあちゃんがいる方や、共働きをしているご家族に。。。
https://www.bocco.me/

しっぽのついたクッション型セラピーロボット「Qoobo(クーボ)」
スタジオには、小さい「petit Qoobo」が!
https://qoobo.info/
(クラウドファウンディングを達成~しかも、クラウドファンディングは45日間実施し、支援総額は目標金額の2671%の13,359,080円に到達!別途、11月発売で、予約受付がスタートしました)

そして、最新が、「TELLBO(テルボ)」
高齢者に向けて。コロナ禍 一緒に過ごせない家族の様子を簡単に知ることができます。そして、機械が苦手という方にも安心。そのまま、置いておけば、OK!
https://www.kaigo-news.net/detail.php?pid=bjE4sZRetE
詳しくは、191回の「A-LABO INDEX」で。

青木さんのインタビューのフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 
    
http://central-hd.co.jp/
https://www.central-engineering.jp/legendengineers
 (更新は、6月を予定しています)

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
    MONTH