世界的にも最高のクオリティーをもって評価される「MADE IN JAPAN」。
さまざまな技術開発に携わったエンジニアたちをゲストに迎え、ロボット、宇宙、車、コンピューターなど様々な技術革新と、その技術が生まれた背景に迫ります。日本の技術力は驚くことばかり、未来の見え方がきっと変わるはず。

Every Tue. 24:00~

第220回 株式会社 渡辺教具製作所 取締役会長 渡辺美和子さん

2021/1/5 UP!

渡辺さんのプロフィール

1949年生まれ東京都出身。跡見女子大学英文科に在学中にアメリカの詩人 エミリ・ディキンスンの研究と並行して美学美術史科の勉強もし、美術の学芸員資格を取得。卒業後は、貿易商社、そして、ホテルオークラの画廊に勤務。結婚後、子育て中は、ラボ・チューターとなり、子供達に遊びながら英語を教えていた。渡辺教具製作所を経営する夫が急逝し、40代から経営に携わることに。
渡辺教具製作所は、1937年 築地で地球儀製作の個人商店として創業。1946年 当時の文部省、海上保安庁水路部、地理調査所などの指導を受け、本格的地球儀の作成を開始し、そのノウハウを確立。以来、学校、文具・教具を取り扱うお店などに販路を広げている。その後、星座早見盤、小型プラネタリウムも市場に出し、1962年、現在の株式会社となる。最近では、糸井重里さんが手掛ける“国境も国名もない地球儀”「ほぼ日のアースボール」を共同制作して大ヒット。この商品の直径15センチの地球儀と台座の製作を担当している。

株式会社 渡辺教具製作所 ⇒ https://blue-terra.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

手作りでやっている地球儀もある。それは、職人の技がいきるもの。
機械生産の花びら型(南北で別れているもの)を導入してから、誰でも
作れるものに。
草加市内で子供たちを集めて、地球儀の絵を貼ってみようという試みも夏休みには行っている。

・・・・・・・・・・

そんな中、大ヒットした「ほぼ日」のアースボール。国境名も国名もない地球儀。ハンドボールぐらいの地球儀というよりは、地球。軸が刺さっておらず、台座に置くタイプです。渡辺教具製作所は、今回、この地球儀と、台座の開発に携わりました。

これを、アプリで映すと、地球儀上の他の情報が見える。例えば、人工衛星で撮った地球の情報を1時間ごとに更新しながら見ることも。
この地球儀の情報量は、1つの地球儀では表しきれないもの

雨の様子(ほとんど降ってない)

気温

そして、恐竜も見れてしまう。どこにどんな恐竜がいるか・・・

しかも、ジュラ紀とかいついたのか?などもわかるという・・・。

松風さんは、羽毛恐竜の情報などが更新されていることに感動(笑)

台座はクルクルと面白いぐらいによく回ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

渡辺さんのインタビューのフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 

http://central-hd.co.jp/ 
https://www.central-engineering.jp/legendengineers

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
    MONTH