世界的にも最高のクオリティーをもって評価される「MADE IN JAPAN」。
さまざまな技術開発に携わったエンジニアたちをゲストに迎え、ロボット、宇宙、車、コンピューターなど様々な技術革新と、その技術が生まれた背景に迫ります。日本の技術力は驚くことばかり、未来の見え方がきっと変わるはず。

Every Tue. 24:00~

第222回 株式会社マイクロブラッドサイエンス 代表取締役 大竹圭(おおたけ・けい)さん

2021/1/12 UP!

大竹さんのプロフィール

20代からおよそ10年間アメリカで過ごし、健康的なライフスタイルの重要性から食や運動について学ぶ。
帰国後パーソナルトレーナーを行いながら、2014年「マイクロブラッドサイエンス」の「微量の血液を自分で採取して血液検査を行う」事業に参画。
2019年7月より代表取締役に就任。

マイクロブラッドサイエンスは東京医科歯科大学と研究開発をしていた企業で、そこで開発されたのが小さな採血用具「MBSキャピラリー」。
2014年以降に厚労省の法改正があり、自分で採血ができる状態であれば、医者や看護師がいなくても自分で採血ができるようにルールが緩和された。それによって、大竹さんたちは病院の外側で健康管理のための血液検査を広げることができるのではないかと開発を進め、検査所を作り、システムを構築して、検査結果がアプリで受け取れるサービスを2017年から日本国内での事業としてはじめた。

そして、2021年。コロナ禍で、私たちがより安全に生活を送るために、様々な検査の輸入も手掛けているという「マイクロブラッドサイエンス」。
「微量血液検査」からわかることとは?

株式会社マイクロブラッドサイエンスHP https://www.microbs.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もともとは、アメリカでパーソナルトレーニングやフィットネスを勉強していた
という大竹さん。健康の重要性を感じて、健康管理の上で、自分の体内の情報を数値化することにはまっていたそうです。

心拍数などいくつかはわかるものがありましたが、血液だけはハードルが高かったとのこと。血液検査はできますが、自分で自主的に検査を頼むと、自費になるといった弊害もあり、もっと手軽にやりたいと思ったときに「MBSキャピラリー」のアイデアをもっている創業者(岩澤肇さん)と出会い、設計の構想を見た瞬間に、これは世の中のビジネスを大きく変えるのでは?と気づいて、それまでいろいろなビジネスをしていたが、この事業に舵を切ったそうです。

MBSキャピラリーを実際に手に。


血液を採取する道具ですが、ハリではありません。しかも、スポイトみたいなものでもなく・・・。血液は繊細なので、圧をかけてすってしまうと検査ができないので、大切に保管するため、すいこむ機構がついておらず、内壁に加工をしてあって、流し込む感じになっているのです。(←ここがポイント)
病院に行くと5cc~10ccを取ります。でも、このMBSキャピラリーでは、0.06ccを取るだけ。(通常の166分の1)
しかも、うまくなると1~2分で採血ができます。
そして、測定時間は、1時間。
生活習慣病を13項目調べられる。
病気を見つけるというイメージとは違って、転ばぬ先の杖的な保険的な意味合いで、健康管理に使ってほしいとのこと。
常日頃、健康な状態でも簡単に検査してもらって、まず、自分を把握してもらい、変化があったら、何か起こっている可能性があるので、その時点で病院にいってもらいたいということでした。

⇒ https://www.microbs.jp/newdevice/

また、Lifeeのサービスは、検査結果をスマホのアプリで戻すというもの。
過去の結果とかも並んでいて、自分の結果も管理できます。
それにより、自分の変化も把握できます。
Lifeeは、現在、微量採血で健康管理を行うものですが、今後は利用者にアドバイスできるアプリケーションに進化させたい。
例えば、AIが解析した食事や運動が自分に届くイメージ。
ここのレストランに行くならば、これがおススメとか、スーパーに行くなら、この食材のこのレシピがおススメ。また、クーポンがつくとか。自分自身のサービスを紹介してもらえるというのが理想です。
その人の目指すべき、最適なライフスタイルが分かる、トータルヘルスケアソリューションを目指している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大竹さんのインタビューのフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフルバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 

https://www.central-engineering.jp/legendengineers

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
    MONTH