世界的にも最高のクオリティーをもって評価される「MADE IN JAPAN」。
さまざまな技術開発に携わったエンジニアたちをゲストに迎え、ロボット、宇宙、車、コンピューターなど様々な技術革新と、その技術が生まれた背景に迫ります。日本の技術力は驚くことばかり、未来の見え方がきっと変わるはず。

Every Tue. 24:00~

第187回 株式会社プランテックス 代表取締役 山田耕資さん

2020/5/7 UP!

山田耕資さんのプロフィール

2007年に東京大学大学院卒業後、ものづくりの生産工程改革で有名な㈱インクスに勤務。同社の民事再生申請時には再生計画案を作成。2010年以降、日米計6社のベンチャーの創業に参加。2013年末に人工光型植物工場と出会う。世界の食と農に革新をもたらす技術だと確信し、創業を決意。エンジニアリングの分野で卓越した実績・スキルを持つメンバーと共に、新しい産業を興すことを目指して2014年6月に株式会社プランテックスを創業。
プランテックスは、日本経済新聞社主催 農業とテクノロジーを融合するAG/SUM AGRITECH SUMMIT(アグサム/アグリテック・サミット)2018のピッチ・ランに参加し「みずほ賞」を受賞。

また、宇宙および地球上における食料の生産・供給に関する課題解決ならびにそれに伴うマーケットの早期創出を目指す「Space Food X(スペースフードエックス)」に参加。現在に至る。

今回は、Culture Machineに使われているソフトについてのお話。

会社を立ち上げて、最初2年は、実は、ソフトウェアの開発をしていたという
プランテックスのみなさん。植物工場の中で何が起こっているのかを知り、ものとエネルギーがどういう風にかかわって植物になるのかを勉強したそうです。
そして、数値化される項目は、200を超えたそう。

せっかくだから、植物工場じゃなきゃできない野菜を作れたら面白いと語る山田さん。株式会社プランテックスの作る農業の未来に注目です。

株式会社プランテックス ⇒ http://www.plantx.co.jp/

山田さんのインタビューのフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 
    
http://central-hd.co.jp/
https://www.central-engineering.jp/legendengineers
 (更新は、6月を予定しています)

第186回 株式会社プランテックス 代表取締役 山田耕資さん

2020/4/29 UP!

山田耕資さんのプロフィール

2007年に東京大学大学院卒業後、ものづくりの生産工程改革で有名な㈱インクスに勤務。同社の民事再生申請時には再生計画案を作成。2010年以降、日米計6社のベンチャーの創業に参加。2013年末に人工光型植物工場と出会う。世界の食と農に革新をもたらす技術だと確信し、創業を決意。エンジニアリングの分野で卓越した実績・スキルを持つメンバーと共に、新しい産業を興すことを目指して2014年6月に株式会社プランテックスを創業。
プランテックスは、日本経済新聞社主催 農業とテクノロジーを融合するAG/SUM AGRITECH SUMMIT(アグサム/アグリテック・サミット)2018のピッチ・ランに参加し「みずほ賞」を受賞。

また、宇宙および地球上における食料の生産・供給に関する課題解決ならびにそれに伴うマーケットの早期創出を目指す「Space Food X(スペースフードエックス)」に参加。現在に至る。

現在、株式会社プランテックスの本社は柏にあるのですが、
なぜ、スタートが柏だったのか?という話も。。。
立ち上げ当初、お世話になったのが、千葉大学の理学部だったそうです。
そして、千葉大学の柏の葉キャンパスは、植物工場の分野では、世界的にも名前が知られている一大拠点なんだとか。企業が運営する大規模な植物工場の誘致もしているそうです。

そして、プランテックスは、そこから進化して、現在は、京橋に、

京橋には、プランテックスの新しい施設があります。

オフィシャルサイトからお写真をお借りしました。

http://www.plantx.co.jp/

おっしゃれなんです。
そして、この中にあるのが、人工光型植物工場 野菜栽培装置「Culture Machine」です。


宇宙にあってもまったく違和感のないような未来的なイメージもある工場。
4トントラック1台分ぐらいのサイズなんだそうです。
そして、Culture Machineが他の植物工場と違う点は、密閉されているという点。

通常の植物工場は、そもそも、露地栽培の100倍ぐらいの生産量なんだそうです。そして、通常の植物工場と比べて、Culture Machineは、5倍ぐらいを見込んでいるそうです。

あらゆる種類の野菜を育てることができ、清潔な空間のため、農薬を使わないで済む。これまで、露地栽培の場合などで、災害に強い野菜が中心だったけれど、
植物工場だと、病気には弱いけど、美味しいとか健康成分に富んでいるといった、野菜も育てることができるようになる。

株式会社プランテックスは、この理想のCulture Machineを使うソフトも開発しているという。それは、次回。
    

山田さんのインタビューのフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 
    
http://central-hd.co.jp/
https://www.central-engineering.jp/legendengineers
 (更新は、6月を予定しています)

A-LABO INDEX のアーカイブ

2020/4/29 UP!

松風さんおススメのA-LABO INDEXのアーカイブはこちら ⇒ 
http://www.central-engineering.jp/legendengineers

第185回 株式会社HIROTSUバイオサイエンス 代表取締役 広津崇亮さん

2020/4/22 UP!

松風さんと広津さん

広津崇亮さんのプロフィール
1972年 山口県生まれ。1991年 私立東大寺学園卒業後、東京大学理学部生物学科に進み、1995年に卒業。その後、東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 修士課程を修了した1997年、サントリー株式会社に入社。翌年退社し、東京大学大学院理学系研究科にて生物化学博士課程を専攻、線虫の嗅覚に関する研究を開始。在学中の2000年3月に、線虫の匂いに対する嗜好性を解析した論文がイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に掲載。理学博士となった2001年には、日本学術振興会 東京大学遺伝子実験施設 特別研究員に。2004年 京都大学大学院生命科学研究科 ポスドク研究員
2005年 九州大学大学院理学研究院生物科学部門 助教などを経て
2016年 株式会社HIROTSUバイオサイエンスを設立。代表取締役に就任。2018年からは、オーストラリアのクイーンズランド工科大学で招聘准教授を務める。これまでに、井上研究奨励賞、中山賞奨励賞、ナイスステップな研究者などを受賞。

線虫について

広津さんが一貫して研究対象としている線虫。生物です。
基本的には、線みたいな虫の総称(線形動物門に毒する動物)。体は細長く、昆虫のような体節や触手や足はなく、目もない。ほんとは1億種ぐらいいる。その中で、広津さんは「シー;エレガンス」という線虫に注目。この「シー・エレガンス」は、土壌中にいる線虫で、モデル生物として様々な研究に使われています。(モデル生物とは、普遍的な生命現象を解明するための研究に用いられる生物)広津さん著書の「がん検診は、線虫のしごと~精度は9割「生物診断」が命を救う~」(光文社新書)によると、過去3回のノーベル賞を生んだ縁の下の力持ちなんだそうです。

まずは、第1スクリーニング検査としての役割を果たす「線虫」による診断は、
この後、どう進化していくのでしょうか?

そして、広津さんからのアドバイスは、番組の中で。

番組はradikoのタイムフリーで、放送後1週間、お聞きいただけます。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2020/04/21/火 24:00-24:30
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20200422000000
(関東以外の方は、radikoプレミアムに入らないとお聞きになれません)

広津さんのインタビューのフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 
    
http://central-hd.co.jp/
https://www.central-engineering.jp/legendengineers
 (更新は近日中となります)

広津さんの著書「がん検診は、線虫のしごと~精度は9割「生物診断」が命を救う~」わかりやすく、面白い本です。この機会に、読んでみてはいかがでしょうか?

第184回 株式会社HIROTSUバイオサイエンス 代表取締役 広津崇亮さん

2020/4/15 UP!

松風さんと広津さん

広津崇亮さんのプロフィール
1972年 山口県生まれ。1991年 私立東大寺学園卒業後、東京大学理学部生物学科に進み、1995年に卒業。その後、東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 修士課程を修了した1997年、サントリー株式会社に入社。翌年退社し、東京大学大学院理学系研究科にて生物化学博士課程を専攻、線虫の嗅覚に関する研究を開始。在学中の2000年3月に、線虫の匂いに対する嗜好性を解析した論文がイギリスの科学雑誌「ネイチャー」に掲載。理学博士となった2001年には、日本学術振興会 東京大学遺伝子実験施設 特別研究員に。2004年 京都大学大学院生命科学研究科 ポスドク研究員
2005年 九州大学大学院理学研究院生物科学部門 助教などを経て
2016年 株式会社HIROTSUバイオサイエンスを設立。代表取締役に就任。2018年からは、オーストラリアのクイーンズランド工科大学で招聘准教授を務める。これまでに、井上研究奨励賞、中山賞奨励賞、ナイスステップな研究者などを受賞。

線虫について

広津さんが一貫して研究対象としている線虫。生物です。
基本的には、線みたいな虫の総称(線形動物門に毒する動物)。体は細長く、昆虫のような体節や触手や足はなく、目もない。ほんとは1億種ぐらいいる。その中で、広津さんは「シー;エレガンス」という線虫に注目。この「シー・エレガンス」は、土壌中にいる線虫で、モデル生物として様々な研究に使われています。(モデル生物とは、普遍的な生命現象を解明するための研究に用いられる生物)広津さん著書の「がん検診は、線虫のしごと~精度は9割「生物診断」が命を救う~」(光文社新書)によると、過去3回のノーベル賞を生んだ縁の下の力持ちなんだそうです。

線虫が尿一滴で「がん患者か健常者か」を見分ける。

広津さんは、長年の基礎研究を経て、線虫が、尿一滴で「がん患者か健常者か」を見分けることを発見。このことを利用した新しいがん検査を開発、2020年1月に実用化しました。

線虫との出会い、実用化までの話、そして、線虫のがん検査の今後の展開について、伺っています。

番組はradikoのタイムフリーで、放送後1週間、お聞きいただけます。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2020/04/14/火 24:00-24:30
 http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20200415000000
(関東以外の方は、radikoプレミアムに入らないとお聞きになれません)

広津さんのインタビューのフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 
    
http://central-hd.co.jp/
https://www.central-engineering.jp/legendengineers

第183回 医療法人社団 聡叡会あすかクリニック 理事長 織田聡さん

2020/4/8 UP!

松風さんが持っているのがラクリスです。

織田聡さんのプロフィール

医師・薬剤師・医学博士

医療法人社団 聡叡会 あすかクリニック 理事長 

岐阜県出身。富山医科薬科大学薬学部薬科学科卒業、富山医科薬科大学医学部医学科卒業。アリゾナ大学統合医療アソシエートフェローシッププログラム修了。富山大学大学院医学薬学教育部・博士課程・東西統合医学専攻を修了。
日本型統合医療を提唱。西洋医学と種々の補完医療との連携を目指す。
医師・薬剤師・医学博士のほかに、日本内科学会認定医、日本東洋医学会専門医(漢方専門医)日本統合医療学会認定医。そして、僧侶でもある。

世界初の4D筋膜高速リリースシステム=OmmniMUCs(オムニマックス)
「ラクリス」を考案。開発に尽力する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラクリス~Rakulease

その意味は、楽にリリースするということからきている。
https://rakulease.com/  

織田先生が考えているのは、ヘルスケアの領域と医療の連携。

一般社団法人「健康情報連携機構」とは?

最後に、若手のエンジニアへのアドバイス

ものづくりは好きで、よいものが必ずしも売れるものではない。それが、サービスとして、世の中に普及しなかったら、作っても意味がない。作るときのアイデアをプロトタイプにしていく過程で、それが、世の中にどう広がっていくかを念頭に置きながら、戦略を考えつつ、ものづくりをやるとは面白いと思う。

織田先生のインタビューフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 
    
http://central-hd.co.jp/
https://www.central-engineering.jp/legendengineers

また、radikoのタイムフリーでもお聞きいただけます。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2020/04/07/火 24:00-24:30
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20200408000000
(関東以外の方は、radikoプレミアムに入らないとお聞きになれません)

第182回 医療法人社団 聡叡会あすかクリニック 理事長 織田聡さん

2020/4/1 UP!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2928.jpg
松風さんと織田先生

織田聡さんのプロフィール

医師・薬剤師・医学博士

医療法人社団 聡叡会 あすかクリニック 理事長 

岐阜県出身。富山医科薬科大学薬学部薬科学科卒業、富山医科薬科大学医学部医学科卒業。アリゾナ大学統合医療アソシエートフェローシッププログラム修了。富山大学大学院医学薬学教育部・博士課程・東西統合医学専攻を修了。
日本型統合医療を提唱。西洋医学と種々の補完医療との連携を目指す。
医師・薬剤師・医学博士のほかに、日本内科学会認定医、日本東洋医学会専門医(漢方専門医)日本統合医療学会認定医。そして、僧侶でもある。

世界初の4D筋膜高速リリースシステム=OmmniMUCs(オムニマックス)
「ラクリス」を考案。開発に尽力する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ラクリス~Rakulease

歴史上的には、微弱電流を使う治療は西洋医学でも使われています。
リハビリなどで使われることも。紀元前には、電気ウナギを使って肩こりを直したという話も残っているそう。

通常の低周波治療器と違うのは、電極が動くという点。
パットで貼るとあまり動かせないけれど、手袋に電極がついていて、電気の道を
自在に、作ることができる。

現在は、医療、エステ・美容(小顔、ヒップアップなど)の領域などで使われることも。

詳しくは、ラクリスのオフィシャルサイトで。
https://rakulease.com/  

ちなみに、織田先生のクリニックでも、自由診療という形でもできますし、
エステも併設されていますので、そちらでも、ラクリスを体感することは可能です。

織田先生のインタビューフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 
    
http://central-hd.co.jp/
https://www.central-engineering.jp/legendengineers

また、radikoのタイムフリーでもお聞きいただけます。
聴けるのは、4月7日 29時まで。
A-LABO INDEX | bayfm78 |
2020/03/31/火 24:00-24:30
http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20200401000000

第181回 株式会社三英 代表取締役 社長 三浦慎さん

2020/3/25 UP!

A-LABO INDEXは、3か月おきにテーマに沿ってお届けしておりますが、今年2020年1月から3月のテーマは『2020の技術』 今週は、先週にひきつづき、株式会社三英 代表取締役 社長 三浦慎さんをお迎えしました。

三浦さんがもっていらっしゃるのが、卓球の天板

三浦慎さんのプロフィール

1961年生まれ。1985年、専修大学 経営学部経営学科を卒業後、三英に入社。営業部長を経て、2000年に取締役就任。2002年から代表取締役社長を務めている。

株式会社三英について http://www.sanei-net.co.jp/

 先週ご紹介したInfinityから3年。2020年デビューの最新のショーコート!
(ショーコートとは、大会などでメインに据えられる卓球台)

 MOTIF(モティーフ) ⇒ 
http://www.sanei-net.co.jp/rio-to-tokyo/pdf/motif-more-details.pdf     

そのこだわりは、ぜひ、上記のリンクで。

さらに、話しは、三英のもうひとつの軸。遊具の話へ。
遊具はこちらでチェック。
http://www.sanei-net.co.jp/catalog/catalog_k/index.html

丸太などの木材のアスレチックのほかに、番組内で話にもでてきた
NAGAREYAMAおおたかの森S・C 本館3階オープンテラスの遊具広場。
http://www.sanei-net.co.jp/news/?p=5339

株式会社三英 三浦社長から、若いエンジニアへのメッセージ。
海外に向いて仕事されるのはいいんじゃないかと思います。
いつも前向きで、つねに、自分をのっけてのっけて楽しいものを作るというのがいいのでは?日本で評価されてもしょうがない。海外にもっていたときに、「このブランコの板いいよね」・・・といっていただければそれでいい。「このネジ、これいいよね」といっていただければいいと思います。そういう風になれるような活動をしなければならない。

お聞き逃した方は、radikoのタイムフリーで。
A-LABO INDEX | bayfm78 | 2020/03/24/火 24:00-24:30 http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20200325000000

(関東以外の方は、radikoプレミアムに入らないとお聞きになれません)

三浦さんのフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 
    
http://central-hd.co.jp/
https://www.central-engineering.jp/legendengineers
 

第180回 株式会社三英 代表取締役 社長 三浦慎さん

2020/3/18 UP!

A-LABO INDEXは、3か月おきにテーマに沿ってお届けしておりますが、今年2020年1月から3月のテーマは『2020の技術』 今週と来週は、株式会社三英 代表取締役 社長 三浦慎さんをお迎えしました。

株式会社三英 代表取締役 社長 三浦慎さんをお迎えします。

三浦さんのプロフィール

1961年生まれ。1985年、専修大学 経営学部経営学科を卒業後、三英に入社。営業部長を経て、2000年に取締役就任。2002年から代表取締役社長を務めている。

株式会社三英について    
http://www.sanei-net.co.jp/
1940年に、東京都台東区に、広葉樹材専門業者として設立された「松田材木店」としてスタート。その後、1957年に 千葉県流山市に卓球台専用工場を設立。 1962年に、卓球台の販売会社として、別法人 有限会社三英商会を設立。 反りやひび割れを防ぐ卓球台用の天板を、三浦慎さんのおじいさんが、開発。そして、1965年 世界標準となった「ランバーコア合板」の特許取得した。 1971年、有限会社三英商会は、株式会社に改組。 1975年、遊器具事業部創設、公園施設事業を開始。 1988年、社名を「株式会社 三英」に変更。 1991年、世界卓球選手権大会公式用具スポンサーとなり、国内外問わず、さまざまな大会での卓球台のサプライヤーに。特に、日本の頂点を目指す 全日本卓球選手権大会では、1974年(昭和49年)から46年間連続して公式サプライヤーを務めている。 1997年、労働省千葉労働基準局より「ゆとり創造賞」を受賞。 2000年、国際卓球工業連盟、会長就任。「平成12年度 第16回 都市公園コンクール 公園施設 施工部門」にて、「建設大臣賞」を受賞。 2017年には、芸術的な卓球台「インフィニティー」の制作を受けて、「千葉県優秀企業経営者表彰」で、「知事賞、最優秀社長賞」を受賞。また、「第22回 千葉元気印企業大賞」では優秀製品・サービス賞を受賞している。

★三英のロゴについて。卓球台の「枠」のところにロゴがあります。

★そもそも「三英」の社名は、三浦さんのお父さん「三浦」さんと、お母さん「英子」さんの字を使ったもの。それをアルファベットで表し、SANとEIをハイフンで結びました。「SAN-EI」

★卓球台について。そもそも卓球台は、イギリスで生まれたもので、テニスの代わりに夕食が終わったあと、食卓を片して、ダイニングテーブルでやったのが始まり。
卓球台のサイズ 2740mm×1525mmは、一般的なイギリス家庭のダイニングテーブルの大きさだったそうです。

★国際基準はかなり厳しく。ボールのバウンドの話が秀逸。
 公式の玉を、30センチの高さから落として、230mm~260mmの間に戻ってこないといけない。さらに、卓球台は、コート2面からなりますが、片側を35か所、任意の地点で、落として確認。それを両面で、72か所を計測。跳ね返りの高さの平均値の誤差は2mm以内でないといけない。

★三英自慢の天板の技術
オリジナルは祖父がつくりあげたもの。その技術とは?

★2016年の「Infinity」のこだわりについて

この「Infinity」の美しさに魅力された松風さんは購入を夢みておりました。

聞き逃した方は、radikoのタイムフリーでどうぞ。
A-LABO INDEX | bayfm78 | 2020/03/17/火 24:00-24:30 http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20200318000000
(関東以外の方は、radikoプレミアムに入らないとお聞きになれません)

三浦さんのインタビューフルサイズ、そして、これまでのレジェンドエンジニアのインタビューフバージョンは、セントラルホールディングス株式会社のグループ。セントラルエンジニアリング株式会社のオフィシャルサイトから「レジェンドエンジニアの声」で、お聴きいただけます。 
    
http://central-hd.co.jp/
https://www.central-engineering.jp/legendengineers 

第179回 株式会社タイトー 制作プロデューサー 手塚忠孝さん

2020/3/11 UP!

A-LABO INDEXは、3か月おきにテーマに沿ってお届けしておりますが、
今年2020年1月から3月のテーマは『2020の技術』
今週も、先週にひきつづき、
株式会社タイトー 制作プロデューサーの手塚忠孝さんをお迎えしました。

株式会社タイトー 制作プロデューサー 手塚忠孝さん

手塚さんのプロフィール

1971年、千葉県市原市出身の49歳。学生時代から、パソコンゲームを作ったり、部活の映画研究会で脚本を書いていたりするうちに、「映画が好きで、人工知能に興味があって、好きなゲームなら、将来、その全部をやれるのは、ゲームプランナーやゲームプロデューサーかもしれない」と思うようになる。そして、国立木更津工業高等専門学校で電子制御光学を専攻。卒業後、ゲームを作る世界に入る。株式会社タイトーでは、ゲームプランナーからスタートし、ディレクター、プロジェクトマネージャーを歴任。今回、今年稼働開始予定のアーケードゲーム「テトテ×コネクト」で初プロデューサーを務める。

☆この秋、稼働。
 新作アーケードゲーム「テトテ×コネクト」は、今年の秋、稼働。
 制作の裏側も。

今週のフルバージョンは、ぜひ、セントラルホールディングス株式会社のグループ会社。「セントラルエンジニアリング株式会社」のオフィシャルサイトの
「レジェンドエンジニアの声」でどうぞ。

本日分は、明日、3月11日午前中にUPされる予定です。

https://www.central-eng.co.jp/
https://www.central-eng.co.jp/legendengineers

番組を聞き逃した方は、radikoタイムフリーでチェックしてください。
インタビューのほかに、スーパーアプリの話などもしています。

A-LABO INDEX | bayfm78 | 2020/03/10/火 24:00-24:30 http://radiko.jp/share/?sid=BAYFM78&t=20200311000000

さて、今回、タイトーさんの会社にお邪魔して、インタビューをさせていただいたのですが、タイトーの入口は、こんな感じなんです。

タイトーさんの入口におられる
創業者「ミハエル・コーガン」さんの銅像。
モットーにも注目


最後は、若き、エンジニアへ、手塚さんからのアドバイス。

“新しいものを作る時に対しての理解者っていうのがまず必要。一人で製品レベルのものをつくれるのなら、没頭しても大丈夫なんですけど、そうじゃない人は、理解者っていうのも早めに作っとく。そこから一緒にやっていくっていうのは、日本においては、凄い重要じゃないかと思う。”

「テトテ×コネクト」は、今年の秋、稼働予定。ちなみに、本稼働開始と同時に初音ミクとのコラボも決定しているとのこと。詳細は、HPで。

「テトテ×コネクト」のHP→ https://tetoteconnect.jp/

素敵な楽曲に、魅力的なキャラクター。テトコネの稼働開始が楽しみですね!

1 2 3 4 5 19
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
    MONTH