アクアラインがつなぐ様々な街の魅力をお届け。
上総・南房総の、おいしいもの、注目スポットをドライブソングに乗せて、ご紹介!

Every Sun. 11:20~

11/1(日) 第321弾~おにぎり工房「かっつぁん」

2020/11/1 UP!

オニギリが好きな方は多のではないでしょうか?
しかも、ガス釜でふっくら炊いた美味しいご飯で作られていたら最高でよね♪

『AQUALINE Stories』ep321では、
冷めても美味しい千葉3大ブランドのひとつ「いすみ米」を使った、
いすみ市の、おにぎり工房「かっつぁん」にフォーカスします!

『おにぎり工房かっつぁん』をやっている「かっつぁん」こと、
坂本勝彦さんにお話しを伺いました。

「おにぎり工房かっつぁん」は、
目の前が田園でその向こうにいすみ鉄道が走るという昔ながらの里山の景色の中にあります。

そんな素晴らしいロケーションの中にお店を構えるかっつぁん。
元々このあたりの出身ではなく、東京から移住したそうです。
子育てのために、自然がある場所を探しこの景色に一目惚れ。
サラリーマン時代は、いすみ市から10年間東京へ通っていたのだとか!

この地で、おにぎり屋さんを始めたキッカケは、
この地に越して来たらお米が美味しく、出張してここに戻りお米を食べると安心できたこと。
調べてみると、いすみ米と言う有名なお米だということが分かり、
「なんでもっと全国に知れ渡らないんだろう」と疑問に思い、お米に対する興味が湧いたそう。
農家さんに手伝いに行ったり、片手間で販売したりしているうちに、
「このお米で独立できないか」と考えるようになりました。

いすみ米は、冷めた時が美味しく、逆にわざわざ冷まして食べたいお米。
娘さんの運動会で食べたおにぎりの美味しさに、これはやるなら「おにぎり」だとピンときたそう!

インタビューの時に、何種類かおにぎりを握っていただいたのですが、
塩で握っただけの「銀シャリ」を見ると、とっても艶々!

特に新米の時期なので香りも格別な時期!
「いすみ米は小粒だけど、モチモチ感と艶と香りが最高、甘みの非常に強いお米。」
と、かっつぁん。

試食をさせてただいたのですが、お米も立っていてシンプルな分お米の美味しさが際立ち、お米自体新鮮ないい香り。
お米って保存食なイメージですが、玄米の時点では保存食で、白米にしたとたん生鮮食品に。
「なるべく早めに召し上がっていただくのは基本」とかっつぁん。
「いすみ米をなるべくシンプルに食べていただきたい、塩と海苔の三位一体を食べていただきたい。」と考えています。

海苔は千葉県産以外使わないのがポリシーですが、
「千葉おにぎり」というメニューは全てが千葉県産。
千葉県産にこだわり、鴨川の天然塩、木更津産の青まぜと言う海苔を使用。
シンプルな贅沢さがそこにはあります。

「この海苔味わったらやめられませんね。」
と、かっつぁんが言ってましたが、
木更津出身の私・鈴木希依子もこの青まぜが大好きで、本当に格別に美味しい海苔だと思います。

シンプルな具材は安心安全なものを使用。
なるべく地元のもの、手作りできるものを考え、子供でも安心安全に食べられるものを使うようにしています。
例えば、かっつぁんの家でとれる梅から自身で作った梅干し、そして青唐辛子も自分の所で作ったものを自家製の醤油で味付けしたりしています。

梅干しも昔ながらの味わい。
その中にかっつぁんの腕が光り、漬けるのに工夫がしてあります。
手作りの梅干しはドライなタイプが多いですが、かっつぁんの作る梅干しはなるべく湿気を与えるようにしてあり、ジュシーさがあります。梅干しファンの方も多いというのも納得です。

私たちAQUALINE Storiesスタッフ一同も、美味しくて全員買って帰りました(^ ^)
おにぎりと共に出していただいた「しその実」もプチプチ感が残り美味しかったな。
通常、醤油で漬けていることが多いですが、
かっつぁんのしその実は、梅酢にこだわって漬けています。

かっつぁんのおむすび食べたい方沢山いらっしゃると思いますが、
店舗以外でも色々なイベントに出店されています。

まず、毎月・第1土曜日に「里山市」を市原の平三小学校。
そして不定期で、月に1回〜2回、ドライブスルー型のマルシェを開催。
11月29日に「RICEDAY BOSO」というイベントがあるので、お店のFacebookでご確認ください!

おにぎり工房かっつぁんFacebook
https://m.facebook.com/katsu3onigiri/

店舗営業:火曜日〜金曜日
「土日は各イベントに出させていただいているので、Facebookでスケジュール確認をしていただけるとありがたいかなと思っています。美味しいいすみ米のおにぎり、ぜひ召し上がってください。」
と、メッセージをいただきました。
ぜひ「かっつぁん」の素敵な人柄にもふれに足を運んでみてはいかがでしょうか☆

『おにぎり工房かっつぁん』があるいすみ市へは
東京湾アクアライン経由、圏央道 市原鶴舞インターチェンジからどうぞ!
東京、横浜方面の方も、東京湾アクアラインを使えばとても便利です!

《おにぎり工房かっつぁん》
住所:298-0117 千葉県いすみ市増田587-2
電話:043-312-7008
HP:https://katsu3.jimdofree.com
Facebook:https://m.facebook.com/katsu3onigiri/
blog:https://ameblo.jp/katsu3ya/

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
    MONTH