今知りたいことを、毎週1つずつ時間をかけて、解き明かしていくプログラム。
平たく言うと座談会!あなたからのつぶやき大歓迎!

Every Fri. 19:00~

#266 緊急事態宣言解除と出口戦略

2020/5/31 UP!

解除は妥当だったの?

5月25日に、“緊急事態宣言全面解除”が発表されました。


新型コロナウイルスの感染拡大により、4月7日に発令されて以来、

およそ1ヶ月半で、解除ということになりました。


この期間、外出自粛や休業要請などで、私たちの生活に大きな影響が出ました。


皆さんも、感染のリスクにおびえながら、様々な我慢、努力をしてきたのでは

ないでしょうか?


そんな中、自粛が長引き、倒産、閉店、失業といった経済面での

不安を抱える方が、たくさんいらっしゃいます。   


そのため、待ちに待った解除ではあるんですが、

一方でコロナウイルスに感染するリスクは、残ったままです。


ですから、「まだ解除は早いんじゃないの?」という意見もあります。


確かに、感染拡大の第2波、第3波の可能性が指摘されています。


本当に、緊急事態宣言解除は、このタイミングで良かったのでしょうか?

あなたはどう思いますか?


ということで今回は「緊急事態宣言解除で、あなたの生活どう変わりましたか?

解除後これまで我慢していたこと何かやりましたか?

宣言解除のタイミングは妥当だと思いますか?」という質問を

リスナーに投げかけ、座談会を行いました。


段階的緩和!

緊急事態宣言解除が発表されていますが、

休業要請の緩和を段階的に進めていく自治体もあります。


千葉県では、新型コロナウイルス対策として、県内施設に出していた休業要請を

4段階で解除する計画を立てています。


すでに、第1段階として22日には、図書館、美術館などが解除され、

第2段階として、大学、学習塾、自動車教習所、劇場、映画館が26日に前倒しで

解除されています。


そして6月1日には、第3段階として動物園、水族館、体育館、野球場、

パチンコ店、ゲームセンター、ネットカフェなどが解除予定。


また、クラスター(感染者集団)の発生リスクが高いとして、

第4段階に分類されていたスポーツクラブやカラオケ店も予定を早め、

6月1日に解除ということになっています。


飲食店のアルコールの提供時間に関する要請は、東京都に合わせて

現状の午後7時から10時に変更となっています。

(以上、5月25日 日本経済新聞 参照)


様々な施設が、ようやく通常の営業に戻りつつある中、

ライブハウスやナイトクラブなどは解除の目処が立っていません。


コロナウイルスの感染を予防しながら、

新しい日常を送るにはどうしたらいいのでしょうか?


各国の状況は?

世界で3番目に多い死者数3万2000人を超えたイタリアでは、

5月18日から2ヶ月以上続いた外出禁止措置が解除され、

飲食店の営業が再開しています。


そして、6月3日には、ヨーロッパ各国からの入国者に課す

2週間の隔離も撤廃する予定になっています。


イタリア政府の発表によると、新型コロナウイルスの累計感染者の増加率は

前日比0.5%で推移しているそうです。


また、イタリアに次いで4番目に死者数が多かったフランスは、

5月11日に外出禁止令が緩和されています。


ただ、再開した幼稚園や小学校のうち70施設で、

新たな感染者が出て、再び休校になっているようです。


そして、イランでは第2波とも言える感染の流行が起きています。


4月にイランは、経済活動や移動の制限を緩和し、

一時は一日あたりの感染者数が800人程度まで減っていましたが、

現在その3倍近くにまで増えています。


イランは、中国に続いて早い段階で、感染者が急増していますが、

3月にロックダウン(都市封鎖)を行った結果、一日3000人を超えた感染者数が

5月には、800人あまりにまで減っていました。


しかし、経済悪化の懸念から、段階的な制限緩和を行い、

再び一日あたり2000人台の感染者数にまで戻っています。

(以上、5月26日 朝日新聞 参照)


≪ゲストコーナー≫

百年コンサルティング代表鈴木貴博さんに

「緊急事態宣言解除と出口戦略」についてお話を伺いました。


百年コンサルティングとはどんな会社?

未来予測を専門にした経営戦略のコンサルティング会社です。


現在は、コロナ以降の世界、経済がどうなるかなどを分析して

レポートにしているそうです。


宣言解除のタイミングは妥当だった?

鈴木さんは、極めて妥当だと考えています。


経済を考えると、一刻も早い解除が求められていましたが、

一方で新規感染者数が目に見えて減らないと世の中の共感は得られません。


そうしたギリギリの見極めの中での決断としては、

ちょうどいいタイミングだったそうです。


大規模な経済活動の停止は正しかった? 

会社は3ヶ月お金が入ってこないと潰れてしまいます。


しかし、まったく新しい未知の病原体が相手だったという点では

仕方なかったそうです。


ただ、徐々に新型コロナウイルスの性質が見え始めているので、

次の流行で、どうしたらいいか考えていく必要があります。


アジアはなぜか流行が小さい!?

東アジアは、アメリカやヨーロッパに比べると流行が小さいそうです。


しかし、その原因は分かっていません。


もし、解明されると、今回のような大規模な自粛は必要ないと

なるかもしれません。


統計で分かったことは?

新型コロナウイルスは夏にはあまり流行しないという説が

数字の上では、正しいそうです。


ブラジルはアメリカに次いで2番目に多い感染国です。


そのブラジルを含めた南半球の国々では

4月まではコロナによる死者が少なかったそうです。


ブラジルは4月まで人口100万人あたり、死者の数はわずか7人でした。


しかし、今は120人までになっています。


南半球は、季節が逆です。


4月は、日本の10月にあたります。


6月に入ると、12月。冬です。


これらのことから、新型コロナウイルスは冬に流行するのでは?

と考えられるそうです。


10万円の給付金

元々、収入が減った人に対してだけ、30万円を給付する政策が

考えられていました。


それに比べると、良かったのではと鈴木さんは思っています。


制限を設けてしまうと、結局救われる人の数がかなり限られてしまいます。


一律10万円となったのは、景気の回復を考えると評価できるそうです。


しかし、まだまだ不十分です。


景気を回復するには、みんながお金を使う必要があります。


給付金10万円の使い途に関するアンケートによると、

3割が貯金、5割が生活費に充てると答えているそうです。


経済を回復するには、無駄使いしてくれなければなりません。


経済回復にはどうすればいいか?

120兆円の予算を立てて、10か月連続で毎月10万円を給付するぐらいの

大規模なコロナ経済対策を行うのがいいそうです。


日本は借金が増えているため、消費増税を行いました。


しかし、景気が悪くなると、所得税や消費税を上げても

そのまま借金が膨らみ続けるだけだそうです。


ですから、かなり大規模な予算を立てなくては、

どうにもならなくなってしまうそうです。


例えば、毎月10万円が10ヶ月給付されると、

家族3人なら300万円の臨時収入となります。


それによって、人はお金を使うようになります。


古くなった車や冷蔵庫を買い替えるなど、貯金ではなく消費に向かいます。


期間限定ポイント300万円なら、、より消費も増えます。


今回のコロナは、リーマンショックを超えて、

大恐慌なみの不況が来ると言われています。


そうならないためにも、みんなが消費に走るようにしなければなりません。


給付金でエアコンを!

熱中症が原因で亡くなった方が1年間で1500人もいるそうです。


これは、コロナ並だそうです。


ですから、これから暑くなる季節に向かって、

エアコンを購入するというのは、給付金の使い途としては有効だそうです。


第二波が訪れたとき!

新規感染者数が一時的に増える状態が起きるそうです。


しかし、クラスター対策をきちんと行えば封じ込めれるそうです。


また、第二波の波は小さいことがデータから分かっています。


そのため、必要以上に気にし過ぎるのも、精神衛生上良くないです。


むしろ問題は、今年の秋以降の再流行です。


ウイルスが変化する可能性があります。


秋以降の状況の見極めは重要です。


対策は?

引き続き、手洗いやうがいなど衛生対策を続けましょう!


ただし、熱中症に気を付けなければいけない季節が来るので、

マスクは、状況を見極めて使いましょう!


中国では、スマホのGPS情報で、自分の感染リスクが

緑、黄、赤で分かるような仕組みがあるそうです。


手作業のクラスター対策だけでなく、こうしたデジタル技術を駆使して、

社会全体で感染を予防することが求められます。


どんな変化が訪れるか?

リモートワークやZoom会議のような新しい働き方が定着します。


無駄な会議や出張が減っていきます。


これは経済にとっては悪いことですが、

必要なものを必要なだけあればいいという形で

断捨離生活スタイルが浸透するそうです。


コロナをきっかけにいろいろな意味で人生を見直す人が増えています。

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
  • #272 7月10日 アフターコロナでのIT生活

    ニューノーマルを迎えて! 新型コロナウイルス感染拡大によって、 私たちは日々の暮らしを変えざるを得ない状況になりました。 在宅勤務、テレワークなど働き方が大きく変わりました……

    2020/7/12
  • れなち発見伝!今夜のテーマは「お中元」!!

    今回はこの時期ならではの「お中元」を取り上げました! れなちさんが気になるお中元、まずは「徳川将軍珈琲」! 歴史好き、コーヒー好きのれなちさん! このネーミ……

    2020/7/11
  • 7月10日のテーマは「アフターコロナでのIT生活」

    今夜のメールテーマは、 「コロナ前と比べて、あなたの生活で変わったことありますか?  アフターコロナでの良い変化、困っている変化を教えてください!」 でした! たくさんのメールありがとうご……

    2020/7/10
  • 今夜のテーマは「アフターコロナでのIT生活」

    今夜の金つぶのメールテーマは、 「コロナ前と比べて、あなたの生活で変わったことありますか?  アフターコロナでの良い変化、困っている変化を教えてください!」 です! ……

    2020/7/10
    MONTH