今知りたいことを、毎週1つずつ時間をかけて、解き明かしていくプログラム。
平たく言うと座談会!あなたからのつぶやき大歓迎!

Every Fri. 19:00~

#270 6月27日 コロナ以降の自転車ブーム

2020/6/29 UP!

自転車の利用が増加!

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、

通勤に自転車を利用する人が増えているようです。


また飲食店の自転車によるデリバリーサービスもコロナ状況下の中増えて、

街中には、自転車が走る姿を多く目にします。


自転車を利用する人が増えた分、心配なのが事故です。


通勤、通学で自転車を使い始めた方の中には、

交通ルールやマナーをあまり知らずに、

走っている方もいるんじゃないでしょうか?


ということで今回は「自転車使ってますか?使う頻度に変化はありましたか?

自転車でヒヤっとしたことありますか?」

という質問をリスナーに投げかけ座談会を行いました。


保険加入の義務化

東京都では、条例の改正によって今年の4月から

自転車損害賠償保険などの加入が義務化されています。


ちなみに4月1日時点で、全国15ヵ所の都道府県で

義務化となっています。


中には校則で、自転車保険の加入を定める動きのある

中学や高校もあるそうです。


近年は、自転車と歩行者の交通事故が増加傾向にあり、

高額な賠償金を支払うケースもあるようです。


警視庁によりますと、2019年に起きた20~49歳の働き盛り世代の

自転車事故死傷者数は、28803人。


これは全世代のおよそ36%に当たります。


また9歳以下では、2989人もの死傷者が出ています。

事故がいつ起きるかは予想することができません。


万一に備えて、自転車の整備、点検、

そして保険への加入をしておくべきではないでしょうか?


≪ゲストコーナー≫

NPO法人自転車活用推進研究会 事務局長内海潤さんにお電話で

「コロナ以降の自転車ブーム」に関してお話を伺いました。


自転車通勤は増えている!

確実に増えているそうです。


4月1日に東京都が自転車保険を義務化し、

4月単月の保険契約者数は今年1月の23倍にアップしています。


その中の何割かは、自転車通勤であることが予想されます。


メリットは?

満員電車に乗らなくて済みます。


交通渋滞や人身事故にも合わないので、時間通りに会社に到着できます。


適度な距離だとウォーミングアップできた頭で仕事を始めることができます。


そして、運動不足も解消できます。


季節の移り変わりも体感できて、通勤ルート上の街が

全てマイタウンになります。


途中でお店に寄って、何か買うこともできます。


マスクは必要?

自分が感染していた場合に飛沫防止の効果があるので、

マスクはした方がいいそうです。


ただ、これから暑くなるので通気性の良いものを選びましょう!


注意すべきことは?

まず会社に自転車通勤する旨を相談しましょう。


日本は通勤手当が保障されています。


会社に電車で通勤すると申告しておきながら

こっそり自転車通勤をしていると、

定期代の全額返還のみならず、懲戒解雇の可能性もあるそうです。


また、万が一事故をしたときに、労災申請も絡んでくるので

会社に黙って始めるのはやめておきましょう!


自転車事故で亡くなる方の6割以上が頭部損傷なので、

必ずヘルメットを着用しましょう!


信号無視や逆走は厳禁です。


雨の中の走行は?

傘をさしての運転は、47都道府県全てで条例違反となっています。


ですから止めましょう!


ポンチョやカッパなどの雨具を着て運転するといいそうです。


ただ、雨具のすそを締める紐が伸びていて

車輪に絡まることもあるので注意しましょう!


保険の選び方

自転車保険には、自分自身とケガをさせてしまった

相手に対する保障、2つの種類があります。


義務化されているのは、相手に対する個人賠償責任保険です。


これはクルマの任意保険や自宅の火災保険に

特約で付けられる場合もあるそうです。


クレジットカードを持っている人は、カード各社が保険会社と提携して

保険を用意している場合もあります。チェックしてみましょう!


また事故後の示談交渉代行サービスが付いている保険がほとんどですが、

中には代行サービスなしの保険もあります。


怪我をさせた相手との示談交渉は大変なので、

必ず代行サービス付きの保険を選んで加入した方がいいそうです。


国はどんな取り組みが必要か?

インフラ整備 、教育・広報 、適正な取り締まりの3本柱が欠かせません。


きちんとした取り締まりがないと、みんなが自由に勝手に走ってしまいます。


そして、子どもたちへの教育も必要です。


次回7月3日は、ニューヨーク在住ジャーナリスト津山恵子さんをお迎えして

「アメリカ大統領選挙の行方」をテーマにお送りします!


聞いてちょーだい!!

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
    MONTH