今知りたいことを、毎週1つずつ時間をかけて、解き明かしていくプログラム。
平たく言うと座談会!あなたからのつぶやき大歓迎!

Every Fri. 19:00~

#265 5月22日 スーパーアプリ

2020/5/24 UP!

めんどくさいを解消!

アプリには、SNS、ニュース、旅行系、乗り換え情報、

決済などが豊富にあって、今や私たちの生活に欠かせないものとなっています。


ただ、それぞれ用途ごとに、いちいちアプリを立ち上げるのが

「めんどくさい」と思ったことはないでしょうか?


そんなわずらわしい手間が解消される便利なモノが、最近注目されています。


“スーパーアプリ”です!


スーパーアプリとは、日常生活で使うアプリのサービスを

まとめて提供することです。


ですから、先ほど話したように、いちいちアプリを利用するたびに

立ち上げることなく、また、新たにアプリを追加するときも、IDとパスワードを

登録する必要もなくなります。


とうことで今回は、「あなたは普段どんなアプリをよく利用していますか?

おすすめのアプリは何でしょうか?

どんなアプリがあったらいいなと思いますか?」

という質問をリスナーに投げかけ、座談会を行いました。


どんなアプリを使っている?

トレジャーアプリの調査によると、

『インストールしたアプリのうち、日常的に使うアプリはいくつですか?』

という質問に対し、

1~5個が71.8%で一番多く、次いで6~10個が19.1%、

10~15個が7.6%となっています。


また、インストールしたアプリの中で、

『一番多いジャンルは何ですか?』という質問に対しては・・・

SNSが66.4%で一番多く、次いでゲームの35.9%、天気予報、ニュースなどの

生活便利ツールが26.7%となっています。


さらに、どんなアプリが欲しいか?という質問に対しては・・・

「欲しい商品がどこで売っているか分かるアプリ」

「食事を記録するアプリ」

「離乳食の献立アプリ」

「ロッカーの空きがリアルタイムで分かるアプリ」などが出ています。


≪ゲストコーナー≫

ITメディアクリエーターニック土屋さんに「スーパーアプリ」について

お話を伺いました、


なぜ注目されているのか?

メール、ネットショッピング、銀行口座の振り込み、公共料金の支払いなどが

アプリを使ってできるようになりました。


生鮮食品もネットで買うことができる時代です。


これらのサービスは、それぞれ別のアプリを立ち上げて

作業する必要があります。


その都度、ログインパスワードを入力しなければなりません。


こうした状況を踏まえて、いち早くこれらのサービスをひとつのアプリに

まとめてしまおうという動きが全世界で始まっています。


こうした動きのことを“スーパーアプリ”と呼んでいます。


世界ではどうなっている?

中国の“WeChat”というアプリはメールやSNSはもとより、

ショッピング、ゲーム、動画配信、テレワーク、銀行決済、

公共料金支払い、株トレード、タクシー呼び出し、ホテル予約など

現在120万を超えるサービスの集合体になっているそうです。


同じく中国の“AliPay”には、個人や企業の与信管理(ユーザーが

どれくらい信頼できるか=お金をいくらまで貸してもよいか)の指針を

示してくれるサービスまであるそうです。


ビジネスが変わる!

アプリストアには、日々数百数千のアプリがデビューし、

全世界では年間にダウンロードされるアプリだけで、

およそ“2000億個”もあるそうです。


しかし、日本人がほぼ毎日使っているスマホアプリは平均8個。


1ヶ月あたりに追加するアプリもせいぜい3個に留まっています。


それは、新たにアプリを追加するたびに「IDとパスワードを作成し、

支払い方法の設定も必要になること」が原因です。


余程革新的なサービスが誕生でもしない限り、なかなかダウンロードしません。


ただ裏を返せば、日常的に使われるアプリがスーパーアプリになれば、

社会のインフラとなって、これら年間2000億個のアプリ分の収益を

独占できる可能性があります。


つまり、スーパーアプリを制すれば、

世界経済を制するかもしれないしれないのです。


取り込んでいく!

ソーシャルネットワークサービスのミクシィ、モバゲー、グリーには、

それぞれいくつもアプリが存在しています。


同じIDで使うことができます。


スーパーアプリは、イメージとしてはそれに近いそうです。


自分が使うアプリをどんどんスーパーアプリに取り込んでいきます。


ONE IDで済みます。


これまでもあった!?

マイクロソフトには、ワードやエクセルなど、よく使われるビジネスソフトを

ひとつのID、パスワードで管理できる”オフィス365”があります。


Googleは、検索だけではなくクラウドなど、

ONE IDで複数のアプリケーションが使えるようになっています。


イラストレータやフォトショップなどの画像制作サービスをまとめる

アドビ・クリエイティブクラウドなども

そういう流れに沿ったもののひとつです。


スーパーアプリは、これらのビジネス・サービスに加えて、

様々な生活インフラとの連携までも統合されるものになるそうです。


中国が先行しているわけは?

中国を始め、アジアが先行しているそうです。


アジアは欧米に比べて、PCによるネットの普及が遅れていました。


特に、中国はPCが普及しないまま、スマホが登場し、

それが一気に広がっています。


そうしたこともあって、スーパーアプリの開発、利用が

世界に先駆けて普及しています。


どんなスーパーアプリがあるか?

中国“WeChat”。


Tencentが2011年に始めたコミュニケーションツールです。


元々LINEと同じようなチャットやネット通話などのサービスが

中心で始まっています。


ここに“WeChatPay”という電子マネーサービスが始まったことで

一気に普及したそうです。


2019末の統計によれば、アクティブデイリーユーザーがおよそ10億人、

月間アクティブユーザーも11.3億人もいます。


これは、ほとんどのユーザーが毎日1回は使っていることになります。


年齢層も18~25歳でおよそ45%、26~35歳でおよそ40%と

購買欲旺盛な若い世代が、8割以上を占めています。


ミニプログラムとは?

“WeChat”には、およそ100万件からサービスを選べる

“ミニプログラム”というものがあります。


これはiPhoneアプリやAndroidアプリのように、

スマホにダウンロードする必要がありません。


アカウントの登録も必要なしです。


観光客向け!

中国“AliPay”。


ユーザー数は10億人いますが、ミニプログラムの数が

WeChatの120万個に対して、まだ7万個程度です。


ただWeChatよりも、中国全土のホテルの支払いや

テーマパークの決済、個人の与信管理などで圧倒しているそうです。


観光客には、使いやすいそうです。


注目の国は?

インドネシア“GoJek”。


元々は、国内を走るバイクタクシーの配車アプリとして開発されています。


今では、バイク便の手配から食事のデリバリー、映画のチケット購入、

ハウスキーパーの手配など

生活インフラに欠かせないものとなっているそうです。


日本は?

日本におけるスーパーアプリと言えば、“LINE”です。


昨年11月に、LINEはヤフーとの経営統合を発表しています。


LINEの持つ8000万人コミュニケーションユーザーと、

ヤフーが提供しているPayPayの持つ2000万人の決済ユーザーを

統合することで、日本のスーパーアプリとして1本に絞って、

世界と戦っていく姿勢が伺えます。


そもそもLINEは、東日本大震災のときに、韓国のNAVER創業者イ・ヘジン氏が

立ち上げています。


震災により家族や大切な人と連絡が取りにくい状況を何とかしようと、

生まれたコミュニケーションアプリです。


今や、公共料金の支払いや銀行口座などへの送金処理など

決済サービスも充実し、様々なアプリもチャットなどと連携できる点なども

WeChatやAliPayなどに引けを取りません。


どこが天下を獲るのか?

一方、楽天Payを始め各種コンビニ主体のPayアプリなどもスーパーアプリに

進化する可能性もあります。


また世界を見れば、FacebookやGoogle、Amazon、Apple、

Microsoftなどの企業もあります。


こうした大企業が名乗りを上げて、一気に躍り出ていく可能性もあります。


日本は世界に勝てるの?

日本は、個人情報の利用については、セキュリティを不安視するあまり、

他国にくらべて遅れがちです。


最近は、漏洩した個人情報も暗号化されているので、

それを解読されて利用されることは、今のところないそうです。


そういったこともあるので、利用することで、どんな不具合があるのか

確かめながら修正しつつ、普及させていくことも必要ではないかと

土屋さんは思っています。


世界を制するには、個々の個人情報に対する考え方を変えていく

必要もあるそうです。


次回、5月29日は、百年コンサルティング代表の鈴木貴博さんをお迎えして、 

「緊急事態宣言解除と出口戦略」をテーマにお送りします!

聞いてちょーだい!!

今夜のれなち発見伝!テーマは「リボべジ」

2020/5/23 UP!

長引く自粛生活ですが、

またまた山崎さんは家での新しい楽しみ方を発見!

ということで今回は「リボベジ」を取り上げました!

リボベジとは、リボーンベジタブルの略で、

本来捨ててしまうはずの野菜のヘタを

水につけて栽培し、食べたり、鑑賞したりすること、

いわゆる再生野菜のことです!

例えば、キャベツ、ブロッコリー、レタス、玉ねぎ、長ネギ、小松菜、水菜、

にんにく、アボガド、豆苗などが、リボベジすることができるようです。

節約にはもってこいですね!

基本的には、野菜の葉っぱが再生しますが、

この葉っぱ部分がすごく栄養があり、

食べるだけでなく、ブロッコリーやアボガドなどは鑑賞用にも向いていますし、

お部屋に飾るのもオシャレです!

山崎さんは、ニンジンのリボベジに挑戦中!

再生野菜があれば、買い物に行く回数も減らすことができますし、

今の状況にピッタリななのではないでしょうか?

皆さんもリボベジに、トライしてみてはいかがでしょうか?

「スーパーアプリ」とは?ゲスト:ニック土屋さん

2020/5/23 UP!

今夜のテーマは、

「あなたは普段どんなアプリをよく利用していますか?

 おすすめのアプリは何でしょうか?

  どんなアプリがあったらいいなと思いますか?」

でした!

7時37分頃からは、

ニック土屋さんにリモートで、

「スーパーアプリ」についてお話を伺いました!

リモートでの、初のニック祭りでしたね!

スーパーアプリとは、

メールや、ネットショッピングなどの、それぞれ別のアプリ立ち上げて、

色々なサービスを、その都度ログインパスワードを、

入力しなければならない状況を、

ひとつのアプリにまとめてしまおうという動きのことを指すようですね!

日本でいえば、LINEがあたります。

今回のテーマ1つ、

「あなたは普段どんなアプリをよく利用していますか?」で、

皆様からメールを募集しました!

メールの中で多かったのが、radikoでした。金つぶとして、嬉しい結果です!

他にも、地図アプリやSNS系、クイズアプリなども多かった印象です!

今夜のれなち発見伝!「リボべジ」

2020/5/22 UP!

れなちもリボベジ挑戦中!

「スーパーアプリ」ゲスト:ニック土屋さん

2020/5/22 UP!

金曜つぶやきショー、略して“金つぶ”!

テレビや新聞のニュースとはちょっと違う、

ラジオならではの「今、知りたいこと」を、

毎週一つのテーマに絞って、じっくりと時間をかけて、

リスナーの皆さんと一緒に考えていきます!

今夜のテーマは、

「あなたは普段どんなアプリをよく利用していますか?

 おすすめのアプリは何でしょうか?

  どんなアプリがあったらいいなと思いますか?」

7時20分過ぎからは、ニック土屋さんの「金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップして、お電話で、お話していただきます!

7時36分頃からは、

再び、ニック土屋さんにリモートで、

「スーパーアプリ」についてお話を伺います。

そして、8時30分からは、山崎怜奈のコーナー!

れなち発見伝」をお送りします!

メッセージもお待ちしてます!

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

今夜も7時から座談会です!

#264 5月15日 自粛から立ち直る

2020/5/16 UP!

 ☆自粛生活でストレス

新型コロナウイルスの感染拡大によって、外出自粛の生活が続いています。


特別な用事がない限り、外に出るのを控えましょうということで、

皆さんも自宅にいることが多いかと思います。


仕事はリモートワーク、そして学生の皆さんはオンライン授業と、

これまでの働き方、学び方が大きく変わっています。


環境の変化を実感している方もいるんじゃないでしょうか?


自宅で過ごす時間が長くなった分、ストレスを感じている方もいるようです。


例えば、お子さんの三度の食事を用意しなければならなくなったお母さん、

お父さんは、メニューを考えるだけでも大変ですね。


また、いつもは仲良くしていたのに、一緒にいる時間が長いことで、

パートナーのちょっとしたことにイラっとしてしまう、

ご夫婦、カップルもいるんじゃないでしょうか?


そして、ウイルスの収束に目処がつかない中、

経済的に不安を抱えている方もいます。


倒産や失業の恐怖に、眠れないという方もいるかもしれません。


何かとストレスが溜まっている自粛生活。


どのように乗り切ったらよいのでしょうか?


ということで「あなたは長い自粛生活でどんなことにストレスを

感じていますか?ストレス解消に何かしていますか?」という質問を投げかけ、

座談会を行いました。


☆自粛警察はやり過ぎ!?

ストレスによって、普段よりも他人に対して攻撃的になってしまうことも

あるんじゃないでしょうか?


“自粛警察”という言葉を知っていますか?


この“自粛警察”という言葉は、ここ最近インターネット上で飛び交っていて、

外出する人や営業をする店舗などを私的な立場で、

厳しくとがめる現象のことを指しています。


例えば東京都では、時短営業をしていた居酒屋やライブバーに、

「自粛してください!次発見したら、警察を呼びます」などと

お店に貼り紙をされるなんてことが起こっています。


千葉県では、「コドモアツメルナ。オミセシメロ」とすべて赤いカタカナ文字で

書かれた、何とも不気味な貼り紙をされた駄菓子屋さんもあります。


そして徳島県では、県外ナンバーの車が傷つけられたり、あおり運転をされる

被害が相次ぎ、自衛のために「(徳島)県内在住者です」と書かれた

ステッカーが売られるという事態になっています。


その他、新型コロナウイルスの感染者や医療従事者、そしてその家族などにも

誹謗中傷、風評被害、子どもへのいじめなどが起こっています。

(以上、5月9日 時事ドットコムニュース 参照)


こうした異常事態の中、誰もがストレスを感じ、

ときに他人に対して不寛容になってしまうこともありますが、

歪んだ正義感を振りかざして他人を攻撃するというのは、

卑劣な行為ではないでしょうか?


☆オンラインで悩みを相談

“オンラインカウンセリング”を受ける人が増えているそうです。


オンラインカウンセリングサービスを提供している“cotree”では、

新型コロナウイルスの感染が広がりだした3月の利用が、

前年の同月と比べて3割も増えています。


「先行きの見通しが立てづらいことへの不安感」や

「在宅勤務による家族との関係性への悩み」、

また「外出自粛制限でストレスが発散できない」といった相談が

寄せられています。


中には、「子どもが落ち込んでいる」「夫が悩んでいるようだ」といった、

本人でなく家族が相談をしてくるケースもあるそうです。

(以上、5月9日 日本経済新聞 参照)


経済的な事情や、家庭内のことは、なかなか仲の良い友人、

知人であっても相談することをためらいがちになってしまいます。


苦しい胸の内を少しでも、誰かに聞いてもらうことで、

ストレスが軽減することもあります。


ひとりで抱え込まず、誰かに助けを求めてみましょう!


あなたの悩みや不安を受け止めてくれる人必ずいます。


≪ゲストコーナー≫

深谷レジリエンス研究所深谷純子さんにお電話で、

「自粛生活からの立ち直り」についてお話を伺いました。


☆一般的なストレス解消法!

・日光を浴びと、セロトニンという幸福ホルモンが出てきます


・運動をすると気分が上がります


・自然に触れるとエネルギーを得ることができます


一日が終わったときに、寝る前にその日にあった良いことを

3つ思い出しましょう。


これを習慣にすることで、ポジティブになっていくそうです。


☆ストレスによる弊害

イライラする、酒量が増える、衝動的な浪費など、人によって

様々な弊害が出てきます。


そんな中、心配なのは“生活習慣病”です。


どうしても栄養が偏りがちになります。


また、食事は、誰と食べるか、どこで食べるで、精神的な栄養も補給します。


しかし現在、自粛生活のため、それができません。


☆予防をするには?

規則正しい生活のためのルーチンを作ることが大切だそうです。


また、デジタルデトックスをしましょう。


ネットを見ていると、見たくなくても悪い情報が

飛び込んでくることがあります。


パソコン、スマホやテレビを見ない時間を作ることも大事です。


☆人とのと関わりは重要!

一緒に困難を乗り越えられる仲間がいるというのは大事です。


「(ウイルスと)戦っているのが、自分だけ」だと思うと辛いです。


仲間がいることを身近に感じられる工夫をしましょう。


オンライン飲み会などは、そのひとつと言えます。


☆他人への攻撃

深谷さんは、パチンコ屋に行く人も、それを非難する人も、

「辛いんだなぁ」と感じています。


みんな辛い状態にあると、みんなが感じれば、

もっと寛容さが生まれるそうです。


誰かを憎むことは、心の中までコロナに侵入されてしまうことになります。


☆家族間のストレス

家族間でルールを作るといいそうです。


一人で静かに過ごす時間、運動の時間、家事の役割分担など、

話し合って決めてみましょう。


☆経済的不安の解消は?

まず、今できることを探してみましょう。


そして、助けを求めましょう。


助けを求める勇気、人と繋がる勇気を持ちましょう。


しかし、どうしても助けを求めにくい、言いにくいこともあります。


そういう場合は、「コロナを言い訳にする」というのもひとつの手です。


小島さんいわく、コロナでストレスを感じているのは

みんな共通しているので、却って自分の窮状が伝わりやすいのでは?

ということです。


普段、相談できないことも、言いやすくなるかもしれません。


どんなことを意識すればいい?

アフターコロナでしたいことを書いてみるのもいいそうです。


ちなみに、深谷さんは現在18もあるそうです。


書き出したことを、仲間と共有するのもいいそうです。


どんどんポジティブな面を探しましょう。


そうすることで、アフターコロナにも役に立ちます。


少し先を見て、前向きに過ごしましょう!


次回5月22日は、ITメディアクリエーターのニック土屋さんをお迎えして、

「スーパーアプリ」をテーマにお送りします!

聞いてちょーだい!!

今夜のれなち発見伝!テーマは「大人の塗り絵」

2020/5/16 UP!

自宅にいる時間が長い分、やることがない、

時間を持て余しているという方もいるんじゃないでしょうか?

ということで、今回のれなち発見伝は「大人の塗り絵」をテーマにお送りしました!

最近は、子どもだけでなく、大人の塗り絵もすっかり浸透しているようです!

河出書房新社の「大人の塗り絵」シリーズは、

昨年2月の時点で、発行部数700万部を突破しています!

また、女子フィギュアスケートのバンクーバーオリンピック銀メダリストの

浅田真央さんは、自身のインスタグラムに

「大人の塗り絵」を連続投稿して話題になっていて、

花を題材にした塗り絵は、およそ60種類の色鉛筆使って塗った力作で、

ファンやフォロワーから大きな反響を呼びました!

山崎さんも、今のお家時間を利用して、「大人の塗り絵」を作っています!

その山崎さん力作が、こちらです!

時間を持て余している人は、塗り絵に挑戦してみてください!

1 2 3 4 5 136
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
    MONTH