今知りたいことを、毎週1つずつ時間をかけて、解き明かしていくプログラム。
平たく言うと座談会!あなたからのつぶやき大歓迎!

Every Fri. 19:00~

#351 1月14日 男性化粧品

2022/1/16 UP!

男性化粧品が売れている!?

コロナによって外出の機会が

減っているにもかかわらず、

男性化粧品の売り上げが

伸びています。


調査会社のインテージによりますと、

2020年の国内化粧品市場は9315億円で

2019年よりも“11%”も減っています。


しかし、これが男性の化粧品市場に限っていうと、

4%増えています。


コロナによって在宅勤務、オンライン会議、

外出自粛が広まっている中、なぜ男性化粧品の

売り上げが伸びているのでしょうか?


ということで今回は、

「あなたは普段身だしなみで気をつけていることは

何ですか?メ男性のメイクどう思いますか?

周りに美意識の高い方はいますか?」

という質問をリスナーに投げかけ、

座談会を行いました!


≪ゲストコーナー≫

商品ジャーナリスト北村森さんを

スタジオにお迎えして、

「男性化粧品」について

お話を伺いました!


なぜ男性化粧品が売れているの?

メーカーが男性用市場を重視し始めて、

商品のラインナップを増強しています。


またオンライン会議などで

むしろ顔のアップを晒す機会が増えた

こともあります。


東日本大震災によって、

夏の冷房を控えめにする社会情勢により、

汗を気にする男性が増え、

それが身だしなみへの意識変革にも

繋がっています。


それによって、男性用デオドラント市場が

伸びています。


制汗剤などが2ケタ成長を続けました。


肌を清潔に整える

基礎化粧品の伸びが大きく影響しています。


売れている商品!

ネットでは、若年層向けのスキンケア商品や

ファンデーションが売れているそうです。


50代以上も手にしている

対面販売向けブランドも売れています。


20代などの若年層は、自分でコスメ系商品の

使い方を会得しています。


一方、50代以上は、最初抵抗感があります。


対面販売でコスメの使い方を教わること

自体にもハードルがありますが、

そこを乗り越えさえすれば、

対面販売でスタッフが端的に

コスメの活用法を教えてくれるという

状況があります。


メンズコスメにおいては、

ファンデーションをスティックタイプにした

そのまま直接肌につけて

手で伸ばす商品が売れています。


いつから男性が美に目覚めた?

5年前までは、百貨店のコスメ売り場の

大半は男性の相談お断りでした。

商品選択のアドバイスを得られる

場がありませんでした。


ところが2017年に商業施設の

GINNZA SIXに登場した資生堂の直営店が

「男性歓迎」と掲げたそうです。


さらに2018年にはポーラ・オルビスグループの

ACROが、「業界初のメンズ総合コスメブランド」

という触れ込みで、新ブランドを立ち上げています。


商品開発は、お客さんが欲しいと思って

いなかったモノを出さなければならないそうです。


周りの人の意識の変化は?

以前より「なに、それ?」と反発を受けることは

なくなっているそうです。


若いうちからケアするように化粧品メーカーも

アピールしています。

60、70代の方々は?

「1日に何人も男性がいらっしゃる」

「先日は60の男性もいらした」と

口々に話すお店のスタッフもいます。


男性のコスメ需要は、年代の問題じゃないそうです。


化粧品メーカーの変化は?

今後の人口減少を考えれば、

まだアピールしきれていない

『残り半分の消費者』に

攻め入らない手はありません。


似たような話として、昨年注目された

“微アルコール飲料”があります。


ビールなどの酒造関連企業が

この先も生き残るために

これまでアルコールを日常的に

嗜まなかった消費者層を、

お客になってもらうことが必須です。


そうした背景が微アルコール飲料が

生まれた要因になっています。


普通に考えて

出てこない商品、

願ってもいない商品を出したときに

消費者に刺さることがあるそうです。


変わった商品は?

ネイルケアへの意識が

この5年で変わってきたそうです。


ビジネスの現場では、

名刺交換をするシーンで

指先はやたらと目立ちます。


ネイルサロンまで行かなくとも、

生活雑貨ショップで爪を綺麗に

整えるための商品は

一定に反応があります。


男性心をくすぐる職人技を生かした

爪切りもあります。


何から始めればいいの?

スキンケアであれば

ほぼ抵抗感なく試せます。


自分が脂性肌か乾燥肌か

あるいは混合肌か

知る必要もあります。


聞いてみるといいそうです。


今後の展開は?

女性用スキンケア消費品やコスメ商品は

すでに、高級ブランドとプチプラ商品が

棲み分けをなしています。


中高年が手にしやすく、

しかも価格的にも抵抗の少ない

男性用プチプラコスメが

さらに市場を広げると面白い展開になります。


次回1月21日は、

第一生命経済研究所主席エコノミスト

西濱徹さんをゲストに迎え、

「RCEP」をテーマにお届けします!

聞いてちょーだい!!

ゆななななななっ!今回は『カードゲームで遊ぼう!!』

2022/1/14 UP!

今回から新シリーズが始まりました!


題して「小島のお父さんと遊ぼう!」


小島さんとは毎週スタジオで顔を合わせている

ゆなちゃんですが、なかなか遊ぶ機会が

ありません。


そこで、一緒に遊んで、もっと心の距離を

縮めて親睦を図ろうというシリーズです!


第一弾は「カードゲームで遊ぼう!」


ゆなちゃんが以前番組でやって

面白かったという

「ito」というゲームで遊びました!


“ito”というゲームは、「クモノイト」と

「アカイイト」と2つのゲームを

することができます!


ゆなちゃんと小島さんは、

“クモノイト”をプレイしました!


<ルール説明>

1~100までの数字が書かれた

カードのうち1枚がプレイヤーに

配られます。


自分の数字は、他の人に教えては

いけません。


次にテーマカードを引きます。


例えば、人気のある果物、人気のコンビニ商品など

テーマが書かれています。


プレイヤーは自分の数字に合った言葉(名詞)で、

他のプレイヤーにテーマを表現します。


例えば、テーマが「かわいいもの」だとしたら、

100を持っている人は「子犬」

逆に1を持っている人は「ゴキブリ」など、

自分の数字の大きさにあった言葉を伝えます


その言葉だけを聞いて、自分が1番小さい数字だと

思うプレイヤーからカードを公開します。


最終的にプレイヤーの出すカードの数字が

小さい順に出せれば成功!


次のステージへ行きます!


セカンドステージは2枚、サードは3枚で

プレイします!



ゆなちゃんと小島さんで協力して、

ミッションを達成することができるか

やってみました!



引いたテーマは『モテる条件・特技』でした!



小島さんは自分の数字を、

「洋服のセンス」と表現!



一方、ゆなちゃんは

「一緒にいて楽しい!」と表現しました!



お互いに予想をして、

小島さんがまず”73”を出しました。



これより小さい数字をゆなちゃんが出すと

ミッション失敗。。。



逆に大きい数字を出せば成功です!


そしてゆなちゃんが出した数字は・・・


”89”でした!



ということで見事に成功!



テーマによって人それぞれの価値観が出て

よりその人の素顔を知ることができます!


大勢でやると、さらに複雑になって

面白くなりそうです!




1月14日は「男性化粧品」について座談会!

2022/1/14 UP!

今夜のメールテーマは、

「あなたは普段身だしなみで気をつけていることは何ですか?

 男性のメイクどう思いますか?周りに美意識の高い方はいますか?」

コロナによって外出の機会が減っている中、

国内化粧品市場は減っているのですが、

男性の化粧品市場に限ってはコロナ禍以前より増えているようです。

ということで、今回は今大注目の男性化粧品について座談会しました!

まずは、皆さんに普段身だしなみで気をつけていることは何かお聞きしたところ、

眉毛を整えたり、服装を気にしたり、髭を毎朝剃る、香水を付けているなどのメッセージが来ていました!

また、かなり多く男性リスナーが化粧水や乳液、クリームなどで肌のケアをしていて、

10代、20代のリスナーに加え、40代、50代の方も、

スキンケアをしているという人がいました!

男性のメイクについてどう思うのか、リスナーの皆さんに意見をいただきました!

リスナーの皆さんの中には、自然が1番、男性は化粧をしなくていいという人もいましたが、

半分以上の人が、男性のメイクについて好意的で、

リモート会議や、就活での面接の時に化粧をしていくという人もいました!

周りに美意識の高い方はいますか? という質問では、

同級生が修学旅行でスキンケアをしているのを見た、野球部の息子さんが毎日肌のケアをしている、

自分より彼氏の方が美意識が高い、脱毛に一緒に行こうと誘われたなど、

美意識の高い男性が周りにいる人も多くいました!

今回のゲストは商品ジャーナリストの北村森さんでした!

今夜も、ご参加ありがとうございました!

今夜のテーマは「男性化粧品」!

2022/1/14 UP!

今夜の金つぶのメッセージテーマは、

「あなたは普段身だしなみで気をつけていることは何ですか?

 男性のメイクどう思いますか?周りに美意識の高い方はいますか?」

7時20分頃からは、ニック土屋さんの「金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップして、お話して頂きます!

7時35分頃からは

商品ジャーナリスト北村森さんに登場して頂き、

「男性化粧品」について、お話を伺います。

そして、8時30分頃からは、

乃木坂46 柴田柚菜のコーナー「ゆななななななっ!」

こちらもお聞きくださいね~!

あなたからの、メッセージお待ちしてます!

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

#350 1月7日 EV=電気自動車

2022/1/9 UP!

EV界を引っ張るテスラ!

世界一の大富豪は、アメリカの実業家・

イーロン・マスク氏で、その資産は338億ドル、

日本円でおよそ3兆9000億円とも

言われています。


そのイーロン・マスク氏がCEOを務めているのが、

電気自動車メーカーのテスラです。


テスラの2021年の電気自動車の販売台数は、

2020年と比べて、87%増の93万6172台で、

過去最高を更新しています。


そんな勢いのあるテスラに追いつけ、追い越せと、

世界のメーカーが次々と電気自動車の開発、販売に

力を入れています。


EU(ヨーロッパ連合)では、

2035年までにガソリン車、

ディーゼル車の販売を

禁止すると発表しています。


地球環境を考え、“脱炭素”の流れが

世界で加速する中、自動車の電動化は

もはや避けて通ることのできない道に

なっています。


ということで今回は

「EV=電気自動車に興味ありますか?

あなたは車を選ぶときに何を基準にしていますか?

今、乗ってみたいクルマはありますか?」

という質問をリスナーに投げかけ、

座談会を行いました!


日本のEVの原点は?

トヨタは350万台のEV販売計画を

発表しています。


同社の高級ブランドのレクサスは

2035年には新車を全てEVにするそうです。


またホンダも2040年から、

EVと水素自動車のみを

販売するとしています。


そもそも日本の電気自動車の元祖は、

立川飛行機が開発、発売した“たま”でした。


開発された終戦後の1947年は、

ガソリンの供給が不安定という

背景がありました。


“たま”の最高時速は35キロで、

1回の充電で65キロ走れたそうです。


当時の価格はおよそ40万円、

これはサラリーマンの平均年収の倍でした。

(2010年7月26日 神奈川新聞 参照)


今週は、ソニーがEV事業に本格的に

参入することを発表しています。


≪ゲストコーナー≫

ITメディアクリエーターニック土屋さんに

「EV」についてお話を伺いました!


ゲームチェンジ!

コロナや地球温暖化によって、

これまでの考え方や価値観だけでは、

進められないことがどんどん起きています。


こうした動きを経済の観点から、

『ゲームチェンジが迫られている!』

と言うそうです。


これまでと異なる発想で企業のあり方や、

製品の作り方、暮らし方を

ゲームチェンジによって、

変えていく必要があります。


その代表が“自動車産業”だそうです。


脱炭素化は必須!

昨年10月31日から

イギリス・スコットランドのグラスゴーで、

COP26が開催されました。


各国がどこまで「脱炭素社会」に対応できるかを

宣言した2015年のパリ協定以来の

首脳級会合となりました。


ここで日本政府は2050年までに、

温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、

“カーボンニュートラル”を目指すことを

宣言しました。


その背景には、世界の平均気温200年前の

産業革命から、およそ1℃上昇している

という事実があります。


このまま進めば、今世紀中に平均で

2.7℃上昇すると国連が発表しています。


すでに1℃上昇しただけで

異常気象や洪水、山火事などが

次々起きています。


EV化は必須!

カーボンニュートラルには、

ガソリン車を減らし、CO2を排出しない

いわゆる電気自動車=EVに

置き換える活動も含まれています。


COP26では、ここでいう電気自動車のことを

ゼロエミッション車=ZEVと位置づけています。


2035年までに主要市場で、2040年までに

全世界において、バンを含むすべての新車を

ゼロエミッションとして販売することに、

大多数の国やベンツやGMなどの

メーカーが著名しています。


日本のスタンスは?

一方、日本は国をはじめ、都道府県、市町村、

自動車メーカーなど誰も著名していないそうです。


CO2を排出する仕組みに問題があるのではなく、

CO2が出たらそれをカバーできるだけの回収機能が

あれば良いという考え方があります。


つまり完全にCO2排出車をカットしなくても、

ハイブリッドなどで対応してCO2を減らせれば、

森林などを増やして、

カーボンニュートラルにする方が

現実的だというのが日本の主張です。


現時点では、どちらが正しいか

誰も分かっていないそうです。


BEVとは?

最近は、EVではなく、

BEV(battery Electric Vehicle)=

バッテリーで動くEVと言うそうです。


BEVの最大の特徴は、

「エンジンがない」ことです。


エンジンの代わりにモーターで

車輪を回転させて走行します。


モーターだと最初から回転運動なので

ギアがいりません。


アクセルを踏めば速くなるし、

踏むのを止めればクルマが止まるので、

ブレーキもいらなくなります。


BEVへの転換は、自動車の製造過程で

必要な部品が全く変わってしまいます。


乗用車の部品数は、およそ3万点で、

そのうちのエンジンやトランスミッションに関わる

動力部品が、3割を占めています。


そのほとんどが必要なくなると、

部品数が3分の2になり、

それによって製造工程も変わり

部品数に比例して、

製造に関わる人の数も変わります。


こうした雇用問題もBEV普及を阻む

大きな課題となっているそうです。


消費者を阻む壁

現在、充電ステーションは

ガソリンスタンドのように

どこにでもあるわけではありません。


そうした理由からEVを購入するのは

まだ先だと考えている方もいます。


しかしその考えはゲームチェンジする

必要があるそうです。


充電は基本的に自宅で行います。


フル充電でおよそ300キロは

走行できるそうです。


例えば、海浜幕張からだったら

熱海往復、宇都宮往復は充電無しで

大丈夫だそうです。


充電ステーションは100キロ間隔くらいの

観光地など、車が集まる場所にあればいいと

言われているそうです。


火力発電を増やす必要がある!?

バッテリーを充電するための電源は、

いまのところ火力発電が頼りです。


日本における発電の割合は、

2019年度で化石燃料による火力発電が、

75.7%を占めています。


そのため、発電を増やすということは、

火力発電を増やすということになります。


これを早急に自然エネルギーに

変えていく必要があります。


政府が積極的にやらなければ、

一気にEV化というのは難しいそうです。


日本でガソリン車が一気にEVに変わったら、

年間総発電量のおよそ1割の電力が

必要になるそうです。


発電能力を現在の10~15%

増強しなければなりません。


これは原子力発電で10基分、  

火力発電なら20基分に相当するそうです。


こうしたこともEV開発に消極的な

メーカーがある要因になっています。


中国の勢い!

中国の2020年の自動車販売における

EVの占める割合はおよそ4.4%です。


中国ではPHVや燃料電池自動車を含む

電動化車両をNEV(New Energy Vehicle)

=新エネルギー車と呼んでいます。


自動車メーカーに販売台数の一定割合を

NEVにすることを義務付ける“NEV規制”を

実施しています。


この規制における義務化割合目標は、

2022年14%、2023年16%と

定められていて、メーカーがこれを破ると

ペナルティが課せられるそうです。


ノルウェーの普及!

ノルウェーでは、2020年の新車販売台数における

EVの占める割合は、54%に達しています。


ノルウェー政府は、積極的なEVシフト政策を

打ち出しています。


また、ノルウェーには自動車メーカーがないため、

ガソリン車からEVへの移行がしやすかったという

背景もあります。


その上、人口が少なく国民の理解を得やすい、

といった事情もあります。


アメリカではどうなっているの?

アメリカでは国内50を超える電力会社が組んで、

高速道路にEV用高速充電器を設置しようという

取り組みが始まっているそうです。


国から75億ドル(およそ8520億円)の

補助金が出る一大プロジェクトとなっています。


2023年末までに、電気自動車での

アメリカ横断・縦断を問題なく

行えるようにするのが目標だそうです。


2030年までには公道を

2200万台の電気自動車が走ると想定され、

そのサポートには10万台の高速充電器が

必要とも試算しています。


バッテリー技術は?

アメリカのSolid Power社は、

より軽量で、安全性の高い

“固体電池”の開発で、

世界を先取りしています。


全固体電池とは、リチウムイオン電池に

用いられている電解液を、固体電解質に

置き換えることで、構成材料を

全て固体にした電池のことです。


これまでのリチウムイオン電池は、

通常30~35℃に保つ必要があるため

冷却装置を伴っています。


これが重さを助長させる要因となっています。


でも、固体電池なら冷却装置も必要なくなる上、

発火のリスクもほとんどなくなるそうです。


その上、走行距離も現在のフル充電で、

300キロが1000キロまで伸びるそうです。


注目すべき新たなメーカーは?

テスラを飛び越すと噂されているのが

2009年に創業した“リビアン”です。


カリフォルニア州アーバインに本社を置き、

ピックアップトラックや中型SUVを得意とする

メーカーです。


アマゾンやフォードが出資していることもあって、

昨年米ナスダックに上場した際、

時価総額は一時1500億ドル(およそ17兆円)を

超えています。


関連メーカーで注目は?

LiDARメーカー“ルミナー”もBEV関連の

注目企業です。


半導体メーカー大手の“エヌビディア”が開発中の

自動運転車向けのプラットフォームに搭載する

LiDAR部分を手掛けています。


日本の現状は?

2030年までに急速充電器を今の4倍となる

3万基を設置することなどの

インフラ整備を始めとして、

税制優遇や研究分野への支援、国際連携など、

具体的な戦略が打ち出されているそうです。


しかし「CO2削減はそれを排出する仕組みに

問題があるのではなく、CO2が出たら、

それをカバーできるだけの回収機能があれば良い。

CO2排出車をカットしなくても、

ハイブリッドなどで対応して

森林などを増やして

カーボンニュートラルにする方法のほうが

現実的だ」という考えがあります。


それを主張をしていたのが、トヨタです。


トヨタはそのために、カーボンニュートラルの

モデル地区を実現させようと

静岡県に広大な実験施設

“ウーブンシティ”を創設しました。


しかし、昨年末にトヨタはその姿勢を

大きく変えています。


2030年のグローバルにおけるBEVの

年間販売目標を350万台にすると発表しました。


また固体電池関連の新規投資は

水素燃料による燃料電池車まで入れると

4兆円の投資にも及んでいます。


日本のEV関連会社は?

昨年12月、物質・材料研究機構

(NIMS、茨城県つくば市)と

ソフトバンクが、現在のリチウムイオン電池の

およそ2倍の性能を持つ“リチウム空気電池”を

開発しています、


これまでの2倍の電力量を

蓄積することができるそうです。


実用化までにはまだ5〜10年かかりますが、

実現すれば走行距離が2倍に伸びるそうです。


また、東芝はEVの屋根やボンネットに

太陽電池を載せ、無充電で走行可能な

“タンデム型太陽光パネル”の開発を

始めています。


タンデム型は、性質が異なる二つのセルを

上下に重ねることで、幅広い波長の光を

効率的に吸収できるそうです。


EV車だけでなく、充電ステーションの屋根や

自宅に屋根にも設置できるそうです。


京都に本社のある日本電産株式会社は、

“EV用駆動モーター”を手掛けています。


中国のEVメーカーを皮切りに

2030年には世界シェア40~45%を

目指しているそうです。


今後の課題は?

法整備、セキュリティ面が課題となってきます。


また、BEVの自動運転車が出てくると、

すべてのクルマが登録され、

それぞれの動きを誰かに支配されることも

出てくる可能性があります。


EVはこれまでのクルマとは違うモノとして

捉える必要があります。


それこそゲームチェンジです!


次回1月14日は、

商品ジャーナリスト北村森さんをお迎えして

「男性化粧品」をテーマにお送りします!

聞いてちょーだい!!

ゆななななななっ!今回は『お正月休み!』

2022/1/8 UP!

2020年がスタートしました!


今年最初のゆななななななっ!は

ゆなちゃんのお正月休みを

取り上げました!


久しぶりのまとまったお休みということで

満喫したようです!


仲の良いお友だちと、

電車に乗ってお出かけをしたそうです。


目的地には以前なかったものがあって、

近未来を感じたそうです!


初詣にも行きました!


おばあちゃんとショッピングにも

出掛けています!


高校を卒業したので、

お年玉はもう貰えないかと思っていましたが、

もらえたそうです!


ちなみに、ゆなママからは

「もう(お年玉)をあげる年だよ!」

と言われてしまいました。


でも2年くらい猶予が欲しいそうです(笑)


今年は、ファンの皆さんと会う機会が

増えればいいなと思っています。


握手会がなくなり、直接会う機会が

減ってしまったので、

握手がなくても会えるときがあればと

考えています。


ちなみに握手会では

「意外と背が高いね」と

言われること多いそうです。


ゆなちゃんは160㎝あります!


生誕記念グッズも発売中!


自分でデザインしたTシャツなど

ファンの方、金つぶリスナーは

要チェックですぞ!





1月7日は「電気自動車」について座談会!

2022/1/7 UP!

今夜のメールテーマは、

「EV=電気自動車に興味ありますか?

 あなたは車を選ぶときに何を基準にしていますか?

 今、乗ってみたいクルマはありますか?」

2022年、最初の金つぶのテーマは“EV”=電気自動車!

地球環境を考え、脱炭素の流れが世界で加速する中、

これから日本ではEVの普及は広がっていくのでしょうか?

ということで、今回はリスナーの皆さんと、EVなど自動車について座談会をしました!

まずは、皆さんにEV=電気自動車への興味についてお聞きしたところ、

環境問題のことを考えて多くの人が興味がある、中には実際に乗っているという人もいました!

しかし、バッテリーのもちや、充電時間、充電ステーションの少なさを不安に思ったり、

ガソリン車のように車をいじる楽しみが無いということで、

興味がない、乗らないという人もいるようですね!

車を選ぶときに何を基準にしているかについては、

安全性が1番多い印象で、他には、デザインや、値段、機能性、車の室内の雰囲気、

長く乗ることを考える、営業の人との相性などを基準にしている人がいました!

今、乗ってみたいクルマについては

ポルシェカイエン、ロータスヨーロッパ、電気自動車のリーフ、

四駆の車、スポーツカー、オープンカーなど・・・・

夢見る車のメッセージが届きました!

今夜のゲストはニック土屋さん!今年も年初めはニック祭り!

今夜も、ご参加ありがとうございました!

1 2 3 4 5 187
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
  • #351 1月14日 男性化粧品

    男性化粧品が売れている!? コロナによって外出の機会が 減っているにもかかわらず、 男性化粧品の売り上げが 伸びています。 調査会社のインテージによりますと、 ……

    2022/1/16
  • ゆななななななっ!今回は『カードゲームで遊ぼう!!』

    今回から新シリーズが始まりました! 題して「小島のお父さんと遊ぼう!」 小島さんとは毎週スタジオで顔を合わせている ゆなちゃんですが、なかなか遊ぶ機会が あり……

    2022/1/14
  • 1月14日は「男性化粧品」について座談会!

    今夜のメールテーマは、 「あなたは普段身だしなみで気をつけていることは何ですか?  男性のメイクどう思いますか?周りに美意識の高い方はいますか?」 コロナによって外出の機会が減……

    2022/1/14
  • 今夜のテーマは「男性化粧品」!

    今夜の金つぶのメッセージテーマは、 「あなたは普段身だしなみで気をつけていることは何ですか?  男性のメイクどう思いますか?周りに美意識の高い方はいますか?」 7時……

    2022/1/14
    MONTH