今知りたいことを、毎週1つずつ時間をかけて、解き明かしていくプログラム。
平たく言うと座談会!あなたからのつぶやき大歓迎!

Every Fri. 19:00~

#276 8月14日 Withコロナ時代のおでかけ

2020/8/9 UP!

お得なキャンペーン始まる!

国内旅行の代金を最大50%補助する

“Go to トラベルキャンペーン”がスタートしました。


新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立たされている

旅行業界を救済する政策として8月中旬からの予定を

わざわざ前倒しして、7月にスタートさせています。


しかし折しも感染者の数が急増してしまい、

東京都が除外されるということになりました。


このタイミングでの実施には賛否がありますが、

中にはキャンペーンを活用したという方もいるんじゃないでしょうか?


ということで今回は「あなたは最近どこかにおでかけしましたか?

その目的は何ですか?夏休みの予定を教えてください」

という質問をリスナーに投げかけ座談会を行いました。


≪ゲストコーナー≫

トラベルデザイナーおそどまさこさんに八ヶ岳からお電話で

「Withコロナ時代のおでかけ」についてお話を伺いました。


トラベルデザイナーとは?

おそどさんは20代の頃から旅のプロを目指していました。


建築業界でいうと、大工さんと一級建築士の関係で例えると、

旅行会社が大工さんで、トラベルデザイナーが一級建築士だそうです。


より専門性が求められる旅を作るのが、トラベルデザイナーです。


きっかけは?

23歳のときに母親を連れて4ヶ月間北半球1周の旅へ出ています。


1日2人で15ドルの女ケチケチ地球旅だったそうです。


お母様の行きたいところを案内すること、

そして自分の旅の経験を積むことが目的で

安い航空チケットを現地で調達しながら旅をしました。


ニューヨークの女性専用ホテルに宿泊した際に、

摩天楼の光を見ながら、「人のできないことをしたい!」と思い、

トラベルデザイナーという肩書きを思いついたそうです。


これまで企画した旅は?

1995年に日本初の『盲導犬も連れて行く視覚障害者にやさしいフランスツアー』

を企画しました。


参加者18人、盲導犬4頭の7日間の旅でした。


盲導犬の国際航空運賃が無料になると知り、

この企画を立ち上げたそうです。


このツアーはマスコミに取り上げられたこともあり、

その後、電動車イスを利用している方や高齢者から

アプローチがあって、徐々に広がっていったそうです。


旅による変化は?

義足の30代の男性が一人で参加したことがありました。


旅の前はサポートされる側でしたが、旅に出て現地で

全盲の男性の手を引いてホテルの大浴場に入ったところ、

出てきたときはニコニコと満足感いっぱいだったそうです。


助けられる側の人が助ける側になれるのも旅の醍醐味です。


旅行介助で気をつけていること

身体の障がいの有無にかかわらず、

どんなに重度の障害を持っても、旅する主体は本人なので、

本人の意思を100%尊重することを介助する側、される側の両者に

お願いしているそうです。


旅をしている間、色々なケースが出てきます。


そういうときに介助者にアドバイスをすることがあります。


でも前以て、アドバイス、注意などをすると嫌になってしまうこともあるので、

旅の途中の楽しい中で、ちょっとずつ小出しにしているそうです。


人材の育成

認定旅行介助サポーターになるには、11時間の講座を

2日間集中して受けたあと、検定試験を受け合格しなければなりません。


この旅行介助サポーター養成講座の受講者は、普段福祉の現場で

働いている方が多いそうです。


誰もが旅に出られるようになるには?

日本はまだ部分的にしかバリアフリーになっていません。


点と線だけでなく、面にならなければならないそうです。


そのためには、チェックする側の実力も必要になってきます。


バリアフリーは特別なことではなく、

スタンダードにならないといけないそうです。


そして障がい者や高齢者も冒険心、チャレンジ精神を持つことも重要です。


今後の旅の企画!

11月3日~7日に車いす3台まで収容できるリフト付きバスで

北海道を旅するツアーを企画しています。


遡上する鮭とそれを狙うオオワシを見たり、

屈斜路湖から釧路川源流のカヌー旅、

また湿原ウォークなどが予定されています。


盲導犬は8頭まで同行できるそうです。


旅は様々な人が交流することで、それぞれの苦労や喜びが

分かち合える場でもあります。


次回8月14日は「薬局のあり方」をテーマにお送りします!

聞いてちょーだい!!

れなち発見伝!テーマは夏の調理グッズ!!

2020/8/8 UP!

暑い日が続いています。熱中症対策は万全でしょうか?


今回は暑い日にこそ役立つ”夏の調理グッズ”を紹介しました!


れなちさんは家電が大好きです!


まずは、”ソーダストリーム”!


元乃木坂46メンバーで友人の井上小百合さんもおすすめのグッズです!


今、注目されている”炭酸水”を自宅で簡単に作ることができます!


れなちさんいわく、ロケットの発射前のような音がして

炭酸水が作られるそうです!


作った炭酸水で、ジューズやレモンサワー、ハイボールなど味わえます!


続いては、”かき氷機”です!


夏休みということでお子さんが家にいる時間が多いこの時期、

自宅に1台あると便利です。


最近は技術が進化して、お店で食べるようなフワフワの氷を

作ることができます。


ドウシシャさんの『電動ふわふわ とろ雪 かき氷器』は、

氷だけでなく、冷凍フルーツも削ることができます!


台湾風かき氷も簡単に作ることができるのです!!


また刃の高さを変えることができるので、

氷を薄くしたり、厚くしたり、お好みに会わせることができます。


猛暑が続く中、自宅で冷たい飲み物、デザートを味わってみては

いかがでしょうか?


今週のれなち発見伝言!

冷たいモノは大好きなんですが、胃は弱いのです。。。


8月7日のテーマは「Withコロナ時代のおでかけ」

2020/8/7 UP!

今夜のメールテーマは、

「あなたは最近どこかへおでかけしましたか?その目的は何ですか?
 また、夏休みのご予定を教えてください」

でした!

今夜も、たくさんのメールありがとうございました!

今回は、今夜はWithコロナ時代のおでかけ、旅について、

皆さんと座談会をしていきました!

新型コロナウイルスの感染防止のため、

帰省を控えている方がたくさんいました。

その代わりに電話で連絡を取ったり、

勉強など自分の時間にあてる方が、いるようですね!

旅行やおでかけを断念した方が多かったですが、

車などで出かけたり、人込みを避ける、近場の観光地に行くなど、

三密や長距離の移動を避けたり工夫をして、

旅行、おでかけを楽しんでいる人もいました!

皆さんから夏休みの予定もお聞きしました!

旅行は断念しても、映画に行く方、家でゲームをする方、

オンライン飲み会をするなど、他の楽しみ方を見出していましたね!

今夜のゲスト、トラベルデザイナーのおそどまさこさんが、

「盲導犬8頭、車いす3台までリフト付きバスで旅する北海道旅行」を、

11月に企画しています!

詳しくはおそどまさこさんのTwitterを、チェックしてください!

今夜のテーマは「Withコロナ時代のおでかけ」

2020/8/7 UP!

今夜の金つぶのテーマは、

「あなたは最近どこかへおでかけしましたか?その目的は何ですか?

 また、夏休みのご予定を教えてください」

です!

7時20分頃からは、ニック土屋さんの「金つぶITニュースWEB」

インターネットで飛び交う、今週1週間のIT、科学、経済のニュースから

独自の目線でピックアップして、お話して頂きます!

7時35分頃からは、

トラベルデザイナーおそどまさこさんに

「Withコロナ時代のおでかけ」について、お電話で、お話を伺います。

そして、8時30分頃からは、

山崎怜奈のコーナー「れなち発見伝」を、お送りします!

メッセージもお待ちしてます!

メールは kintubu@bayfm.co.jp まで!

今夜も7時から座談会です!

#275 7月31日 子どもの貧困と夏休み

2020/8/2 UP!

コロナでより深刻な子どもの貧困

日本は世界第3位の経済大国でありながら、子どもの貧困率が高く、

厚生労働省の2019年国民生活基礎調査によると、

子どもの7人に1人が貧困状態です。


家庭の経済的事情で、ごはんを三食満足に食べることができない、

進学を諦めなければならない、具合が悪くても病院に行くことができないなど

子どもたちに大きな負担がかかっています。


明日から夏休みですが、長い休みに入ってしまうと

学校の給食を食べることができないために、痩せてしまう子どももいます。


そして今、新型コロナウイルス感染拡大の影響が子どもたちにも及んでいます。


アルバイト先の休業で学費や生活費が払えない高校生、大学生がいます。


また、両親の仕事の休業、営業自粛、短縮なども増え、

収入が減るなど家計に影響が出て、

それがそのまま子どもたちの負担に繋がっています。


ということで今回は「あなたは普段日本の子どもが貧困に直面していると

感じることはありますか?子どもの貧困を減らすにはどんなことが

必要だと思いますか?」という質問をリスナーに投げかけ座談会を行いました。


≪ゲストコーナー≫

子ども貧困対策センター「あすのば」代表理事小河光治さんに

お電話で「子どもの貧困と夏休み」についてお話を伺いました。


小河さんは2015年に金つぶにご出演して頂いています。


今月、厚生労働省が発表した2018年の子どもの貧困率は、

2015年とほとんど変わっていないそうです。


ただ一方で、全国各地に“こども食堂”が爆発的に増えているなど、

子どもを支援する人々は急増しています。


学習支援や子どもたちの居場所を提供する民間の活動が増えています。


新型コロナウイルスの影響

子どもたちにはかりしれない影響を及ぼしています。


親、そして高校生・大学生などが仕事やバイトを失い

大幅に所得が減っています。


全国一斉休校で長期間給食がなく、栄養を十分に採れない子どももいます。


休校に伴いオンライン授業が行われるようになりましたが、

タブレットやスマホ、ネット環境が整っていないという家庭もあります。


「ステイホーム」でも、部屋が狭い、虐待があるなど子どもにとって

必ずしも自分の家が安心できる場所とは限りません。


あすのばの支援

コロナ以降、あすのばでは高校生などへの緊急支援給付金事業として、

1200人に4万円ずつ支給しています。


また、政府に対して様々な子どもや家庭への支援を要望し、

ひとり親世帯、大学生などへの給付金実現のために動いています。


小河さんは先月、天皇皇后両陛下にお会いし、

子どもの貧困の現状についてお話しています。


どんな声がある?

長い活動の中で、今がこれまでで一番「助けて!」という声が

多く寄せられているそうです。


あるひとり親世帯の高校生は、お母さんが仕事を失い、

退学を考えざるを得ない状況に追い込まれたそうです。


また就職が決まっていたのに内定が取り消されてしまった方もいます。


どんな問題が生まれるか?

貧困に直面した子どもたちは経済的な問題だけではなく、

人との繋がりがなくなり、孤立してしまうそうです。


中には絶望に追いやられて、自ら命を絶つ若者もいます。


解消していくために必要なこと

その家庭だけに任せず、みんなで子育てするような

社会になればいいと小河さんは考えています。


すべての子どもにもっと支援が充実すれば、

より困難な状況にある子どもも救われます。


貧困に苦しむ中で・・・

辛い子ほど辛い状況を他人には話しません。


でも少しでも勇気を出して困っていることを周りの大人に相談してください。


大人は、そうした声にしっかりと耳を傾けてください。


自分で解決してあげることができなくても

そうした問題に詳しい人に繋げてあげてください。


困ったときは「つらい」と言ってもよいという

まなざしをみんなで持ちましょう!


辛いことは大人にもあります。


ですから決して恥ずかしいことではありません。


次回8月7日は、トラベルデザイナーおそどまさこさんをお迎えして

「Withコロナ時代のおでかけ」をテーマにお送りします!

聞いてちょーだい!!

れなち発見伝!テーマは「ジブリ映画」!!

2020/8/1 UP!

今回は、れなちさんが小さい頃から大好きという

『ジブリ映画』を取り上げました!


悩みに悩んで選んだ3作品を紹介しました!


①となりのトトロ 1988年公開 宮崎駿監督


れなちさんは、入院しているお母さんに代わって

妹・メイの世話をする姉のサツキがトトロに出会ったことで

子どもらしさを取り戻したところが印象的だそうです。


姉・サツキを見上げるメイ目線から、トトロが姉妹を見下ろすカットに

変わった点も注目だそうです。


②耳をすませば 1995年公開 近藤喜文監督


根強いファンが多いこの作品。


れなちさんは、BGMがうまくかみ合っていて

音楽の力が大きい作品と感じたそうです。


③風立ちぬ 2013年公開 宮崎駿監督


主人公の声を担当したのは、エヴァンゲリオンでもお馴染みの

映画監督・庵野秀明さん。


宮崎駿監督は、「声優としてではなくひとりの人間として苦しみなど

自分の経験を出して欲しい」とオファー。


れなちさんはだからこそ「人間味やリアルさが伝わった」と感じたそうです。


人間や社会の未完成な部分や矛盾、歪さがきちんと描かれていて

ジブリ映画の中で一番好きな作品だそうです!


今週のれなち先生の発見伝言!

愛が詰まっています!』


ジブリ愛が止まりません!
7月31日のテーマは「子どもの貧困と夏休み」

2020/7/31 UP!

今夜のメールテーマは、

「あなたは普段日本の子どもが貧困に直面していると感じることはありますか?
 子どもの貧困を減らすにはどんなことが必要だと思いますか?」

でした!

今夜も、たくさんのメールありがとうございました!

今回は、5年前にも取り上げた子供の貧困について、

改めて、皆さんと座談会をしていきました!

大学生の方は、学費が高く、辛いと感じている方が多いようです。

卒業後に奨学金を返済できるか不安な方、

新型コロナウイルスの影響で、アルバイトが出来ず困った方などが、

いらっしゃいました。

教育現場の方のメールも、たくさんいただきました。

栄養のある朝ごはんを食べることができていないと感じていた、

実際に入学式に着る服がなかった子供を見かけたなど、

貴重な声が聞けましたね。

今夜のゲスト、小河光治さんが代表理事を務める

子どもの貧困対策センター「あすのば」

子供の貧困について知りたいと思った方は、ぜひチェックしてみてください!

1 2 3 4 5 143
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
  • #276 8月14日 Withコロナ時代のおでかけ

    お得なキャンペーン始まる! 国内旅行の代金を最大50%補助する “Go to トラベルキャンペーン”がスタートしました。 新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立たされている……

    2020/8/9
  • れなち発見伝!テーマは夏の調理グッズ!!

    暑い日が続いています。熱中症対策は万全でしょうか? 今回は暑い日にこそ役立つ”夏の調理グッズ”を紹介しました! れなちさんは家電が大好きです! まずは、”ソ……

    2020/8/8
  • 8月7日のテーマは「Withコロナ時代のおでかけ」

    今夜のメールテーマは、 「あなたは最近どこかへおでかけしましたか?その目的は何ですか? また、夏休みのご予定を教えてください」 でした! 今夜も、たくさんのメールありがとうございました! ……

    2020/8/7
  • 今夜のテーマは「Withコロナ時代のおでかけ」

    今夜の金つぶのテーマは、 「あなたは最近どこかへおでかけしましたか?その目的は何ですか?  また、夏休みのご予定を教えてください」 です! 7時20分頃からは、ニ……

    2020/8/7
    MONTH