東日本大震災を機にスタートした復興支援プログラム。
「同じ空の下、心をひとつにつながろうニッポン」をテーマに掲げ、
環境問題から地域の活性、被災地の復興まで
千葉県から笑顔のアクションで、日本全国へ元気をお届けしています!

Every Sat. 6:30~

気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館 まとめ

2020/5/2 UP!

震災の伝承を後世につなぐ
震災の記憶と教訓を伝える“目に見える証”として
2019年3月11日にオープンした気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館。
津波で校舎の4階まで被災した、当時の気仙沼向洋高校・旧校舎を
「震災遺構」としてあの日のありのままを感じることができる場所でした。
また、新設された「震災伝承館」では、地震・津波の脅威を伝える大型スクリーンで
震災前後の映像上映、今の気仙沼を様子を伝える展示コーナーを併せて公開しています。

この校舎、津波発生時校内にいた全員が屋上に避難したことで犠牲者が出なかったそうです。
津波の凄さも伝わりますが、きちんと避難できたことも併せて展示されています。

校舎をまわり、最後に見た映像。
KOUSAKU含め、ハートラックチームはこの映像こそ一人でも多くの皆様に見ていただきたいと思いました。
写真をたくさん貼ろう、ここに貼るつもりで撮りました。
でも。
やっぱり実際に見てもらうことが一番いい。
忘れないためにも。
誰かに伝えるためにも。

今、日本だけでなく世界中が新型ウィルスによって
辟易し、疲弊しています。
また、日本ではこのような病気が広がっている最中に災害が起こるかもしれない、
ということも想定しておかなければなりません。
今、家にいて何もすることがないな、暇だな、という時間がある方は是非、
今後起こりうる災害について、少しでも家族と話し合う時間に充ててみてください。
そして、このウィルスが終息し、自粛があけたら是非この伝承館に足を運んでみてください。

ここを見た方全員の心に残り、防災意識の向上につながる啓発の場となると思います。

尚、気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館は、新型コロナウイルス感染拡大防止のための臨時休館が、5月31日(日)まで延長されました。 詳しくはHPでご確認下さい。

気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館 続き

2020/4/25 UP!

今朝のバットマンフレンズは先週に引き続き 2月に取材へ言った気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館の模様をお送りしました。ちなみに伝承館は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため5月10日(日)まで臨時休館中となっています。この新型コロナウィルスが終息した際には、是非1人でも多くの方に足を運んでいただければと思います。

Kousaku Bayfm Heartluckさんの投稿 2020年4月24日金曜日

気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため5月10日(日)まで臨時休館中となっていますがこの新型コロナウィルスが終息した際には、是非1人でも多くの方に足を運んでいただければと思います。

来週は、屋外にある南校舎西側・総合実習等前に移動し取材した模様をお送りします。

気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館

2020/4/18 UP!

先週からバットマンフレンズで特集しています気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館。ここは、現在、震災遺構となっている気仙沼向洋高校をあの日のまま残し、震災の記憶と教訓を伝え、警鐘を鳴らし続ける「目に見える証」として見学できる施設。気仙沼市が目指す「津波死ゼロのまちづくり」に寄与することを目的とする施設なんですが、2011年、3月11日、あの日気仙沼でどんなことが起こったのか、そしてその後、市民がどんな生活を送ってこられたのか、さらにどんな思いを持っていたのかが、リアルに伝わってくる場所です。初めて伺った時は言葉が出てきませんでした。そしてここでしか見れない映像の数々…あの日のこと、その後…。機会があれば、1人でも多くの方に感じていただきたいと思います。現在は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため5月10日(日)まで臨時休館中となっていますが、終息した際には是非足を運んでみてください。ということで、取材した一部の模様を動画でご覧ください。

Kousaku Bayfm Heartluckさんの投稿 2020年4月17日金曜日

番組内、BATMAN FRIENDSのコーナーで

4週にわたってお届けしている、気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館の模様。

ここは、震災遺構となっている気仙沼向洋高校をあの日のまま残し、震災の記憶と教訓を

伝え、警鐘を鳴らし続ける「目に見える証」として見学できる施設でした。

気仙沼市が目指す「津波死ゼロのまちづくり」に寄与することを目的とする施設なんですが、

2011年、3月11日、あの日気仙沼でどんなことが起こったのか、

そしてその後、市民がどんな生活を送ってこられたのか、

さらにどんな思いを持っていたのかが、リアルに伝わって きました

ラジオでは見えない現場の様子を動画におさめました。

是非ご覧いただければと思います。

東北取材2020@南三陸町

2020/4/4 UP!

外出自粛の週末、いかがお過ごしでしょうか。

東北取材2020、今週は宮城県の南三陸町で林業を営む
今週は波伝の森山学校 合同会社 CEO 渡辺啓さんにお話をお伺いしてきた模様をお届けしました。渡辺さんは震災後長期ボランティアとして南三陸町を訪れたことをきっかけに南三陸で暮らし始めました。元々ログハウスの企画営業をされていたそうで被災した山々を見てなんとかしなければという思いを抱いた渡辺さん。荒れている山々…どうすればこの資源を活かせるのか…様々な思いをめぐらせ、山林の所有者が自ら木の伐採・搬出・製材・乾燥・出荷などを担う『自伐型林業』を通したまちづくりをしていこうと考え、現在まで森林整備など林業をお仕事とされています。

動画は渡辺さんの奥様が営業されているカフェ。日本製のログハウス「板倉」という伊勢神宮と同じ伝統工法です。素敵ですよね。それだけではなく我々が注目したのは【環境にも良い】という点。
例えばリフォームやお家の建て替えの際に国産の木を使うだけでも山は再生していき、またリユース、リサイクルも可能だそうなんです。渡辺さんのお話に惹き込まれてしまい明日にでも家を建てたくなってしまいました…
(家を建てる際は必ず施主さんに木の伐採をしてもらうとの事。自分で伐採した木を家のどこかに使用することによって、よりお家を大切にされるようになるとのこと。確かに!!この部分、私が切ったんだよ、となれば愛着も格別ですもんね…)

話が尽きなかったのはきっと、あたたかいログハウスでひらく師匠の熱い思いを伺ったからだと思います。次は伐採しに行きたいな。

東北といえば海を想いがちですが、こうして山々を大切に守っていらっしゃる方がいることも、もっともっと発信していきたいと思います。

カフェレストラン「ちょこっと」↓

https://www.facebook.com/Chiyokoto/

波伝の森山学校 合同会社↓

https://www.facebook.com/yamagakko/

サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
  • せんどうエコバック登場!

    大手スーパーやコンビニでは、有料化が始まっていますが、せんどうもいよいよ2020年7月1日よりレジ袋の有料化がスタートします。お買い物の際はマイバッグまたはマイカゴをご持参ください。そして、……

    2020/6/20
  • 「A-Truck物流キャンペーン」

    新型コロナウイルスで、ダメージを受けた物流会社関係の方々に向けて「新しい生活様式」に移行していく中での【物流復活】をテーマに、A-Truckでは キャンペーンを展開中です。 ……

    2020/6/20
  • KOUSAKU@スーパーせんどう

    https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2741669679265348&set=a.270169326415408&type=3&……

    2020/5/9
  • 気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館 まとめ

    震災の伝承を後世につなぐ震災の記憶と教訓を伝える“目に見える証”として2019年3月11日にオープンした気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館。津波で校舎の4階まで被災した、当時の気仙沼向洋高校・旧校舎を……

    2020/5/2