季節に合わせたテーマに素敵な音楽を添えて 心なごむ時間をお届けします。週末の朝を一緒に過ごしませんか?

Every Sat. 9:00~

コミュニケーションって大事!

2021/7/31 UP!

長く続くコロナ禍で、コミュニケーションが難しい・・・という声が多いそうです。

ということで、話題の本から、人間関係をスムーズにするためのポイントをチェック!

まずは、昨年8月に出版されて以来、1年経たずに30万部の売り上げを突破したという話題の本。

企業内カウンセラーとして長年の経験を持つ、大野萌子さんが書かれた

サンマーク出版から出ている「よけいな一言を好かれるセリフに変える 言いかえ図鑑」

「悪気はなかったのに、ちょっとした一言で相手を不機嫌にさせてしまった・・・・」

そんな経験って、誰にでもありますよね。

ここでは、「よけいな一言」を「好かれるセリフ」に言い換えるパターンがたくさん紹介されています。

 

2冊目は、コミュニケーションマスター 石原壮一郎さんが書かれた、ワン・パブリッシングから出ている

「超実用 好感度アップの言い方・伝え方」

この本が面白いのは、大人として使いたい「ちゃんとした言葉遣い」の裏に

正直な「ホンネ」も書かれていること・・・

困るなあ…と思っていても、そのホンネをやわらげる言い換え フレーズ652が紹介されています。

 

そして3冊目は小学館からでている、10代の方々に向けたコミュニケーションの本。

精神科医で、メンタル疾患を予防するたくさんの本を書かれている、樺沢紫苑さんの

「エッセンシャル・アウトプット〜伝える力で人生が変わる」という一冊。

「たとえば、あなたがどんなに優しい性格であっても、何もしゃべらず、態度にも出さないとしたならば、あなたの優しさは 他の人には伝わりません。自分の思いや考えをカタチにして、きちんと相手に伝える力=アウトプット力を磨きましょう!」

というのが、樺沢さんのアドバイス。

とはいえ、それが難しい、と思う多くの若い世代に向けて コツを教えてくれます。

 

そして、「私の本棚から」では、リスナーさんからいただいた本をご紹介。

『ぼく モグラ キツネ 馬』

ペン1本で描いた味のあるイラストに、人生に寄り添う言葉が添えられている大人向けの絵本。

イギリスのイラストレーターのデビュー作でありながら、

アメリカ、イギリスの両方で100万部を超える 異例の大ベストセラーになりました。

登場するのは、タイトルにある通り少年である「ぼく」と、モグラと キツネと 馬。

彼らが、本当の“家”を求めて 冒険にでます。

作:チャーリー・マッケジー

訳:川村元気

『ぼく モグラ キツネ 馬』

飛鳥新社からでています。

是非チェックしてみてくださいね!

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
  • 図書館ニュース

    図書館が出版したユニークな本の話題や、 コロナ禍で変化した図書館事情などご紹介しました。 まず今話題の本「100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集」 なんとなく覚えているけど、ち……

    2021/11/27
  • 噂の昆虫食

    最近、メディアにもよく登場して、注目されている昆虫食・・・ 食べたことある方もいらっしゃるのではないでしょうか? ということで今回は浅草にある、昆虫食専門店をご紹介しました。 お話……

    2021/11/20
  • 伝わる話し方

    フリーアナウンサーの 梶原しげるさんが始めた、ユニークな話し方レッスンが話題。 滑舌の良し悪しよりも、本当に相手に伝わるかどうかがポイント。 ということでお仕事だけではなく、プライベート……

    2021/11/13
  • 美しいお箸の持ち方

    11月11日「お箸の日」にちなんで、子供から大人までが通う、人気の「箸の持ち方教室」の先生に 改めて、「美しいお箸の持ち方」のコツ、教えていただきました! お話しくださったのは、……

    2021/11/6
    MONTH