三宅健が日々のあれこれから
時にはゲストを迎え、楽しくお話する30分番組

Every Mon. 24:00~

2020年2月3日のラヂオ

2020/2/4 UP!

三宅:2020年2月3日(月)24時を回りました。

節分でございます。先日はSnow Manのお2人がゲストとしていらっしゃいましたけども、皆さん、イントロドンは楽しんで頂けたんでしょうか。楽しんで頂けていると幸いです。なかなかね、携わっている曲は彼らは早かったですね、さすがに。イントロドンは面白いなと思ったね。自分たちの曲でも分かんないのとかあるんだろうなぁ。バージョンによってとかね。

 

はい、というわけで

「三宅健のラジオ」

 

■ラジオ・ネーム:いくみ

先日、海老蔵さんの初春歌舞伎を観劇して参りました!

六本木歌舞伎以来の本格歌舞伎の観劇で、ついていけるか正直少し心配もあったのですが、3時間があっという間に思える位すっっごく楽しかったです!1月に放送された海老蔵さんのドキュメンタリーを繰り返し見てた相乗効果もあり海老蔵さんと麗禾ちゃん、海老蔵さんと勸玄くんとのやり取りの所で少し涙ぐんでしまいました。5月の襲名公演も是非行きたいと思います!歌舞伎がこんなに身近なものになったのも健くんのおかげです!有難うございます。

 

三宅:健くんのおかげです!健くんのおかげです!健くんのおかげです!危ない、危ない、3回も言っちゃった(笑)。僕もギリギリ滑り込みセーフで観に行ったんですけど、新橋演舞場だったんで、楽屋にご挨拶に行かせて頂いて、海老蔵さんだったり、六本木歌舞伎の時に共演させて頂いた方々だったり。ちょうど楽屋に行くのに舞台袖を通らないといけないんですね。そうすると、いろいろとお芝居の中で使うセットだったりスタンバイされてるんですよ。滝沢歌舞伎の時と舞台袖に置かれてるものが全く違うんで(笑)。こちらは完全なる歌舞伎なんで、和物のセットがいっぱい建ち並んでいると。かたや、滝沢歌舞伎はLEDとか洋物も沢山ありますし、小物類もぜんぜん違うんで、こうも変わるかーって、同じ場所なのに、なんてことを思いながら通ったりしてたんですけど。

僕が観た回は、鳶の人と力士のお話なんですけど。出演者の人数が多いので迫力がすごくて。で、麗禾ちゃんとカンカンも出てて。楽屋に行ったら、カンカンがちょうど白塗りをしてもらってる最中で、あの子もどんどんどんどん大物になってく気配がすごいですね(笑)。役者さんの顔で。入ったら白塗りのまんま、バ、バ、バ、バって走って来て「けーん!!!」って言われて。「来たの!!!何やってんの!!!」って。観に来たんだよって(笑)。カンカンはメイクをしてもらってて、6歳にしてこだわりがあるみたいで、目尻に赤を入れてて、「ここ嫌だんだけど、後でちゃんと直して」とか指示出しをしてて(笑)。その日はたまたまヒゲを生やして行っちゃったんで、そしたら、「(怒った感じで)ねぇ、ほんとうはいくつなの?!」ってすごい聞かれて(笑)。5歳だよって、1個下だって言ってるじゃん、って言ったら、「(怒った感じで)ほんとに?」って言われて(笑)。「ねぇ、渋谷のあのおっきい看板になんで健はいなかったの?」って。「ほら、男の人がいっぱい出てる看板あるじゃん」って。どうやらSnow ManとSixTONESの看板のことを言ってるみたいで。なんでいなかったのって、、、、まぁ、あれは、、、、最近の人たちだからねって言ったの僕が(笑)。そしたら、右隣りでメイクしてた海老蔵さんに「最近の人って、言い方な!!」ってツッコミを入れられましたね(笑)。

そろそろカンカンも分かってるんじゃないかって(笑)。こっちが付き合ってんだか、あっちが付き合ってくれてるんだかよく分かんない(笑)この壮大な5歳の設定に(笑)。面白いですよ、本当に。ちっちゃい子って久々に会うと、どんどん大きくなってて。足が長くなってたもん。麗禾ちゃんは後から出てくるから、僕が開演前にご挨拶に行ったんで、その時はいなくて。全部終わった後に、楽屋にまた挨拶をしに行ったら、麗禾ちゃんがちょうど着替えてて、「ちょっと!!!私が着替えてるのに!!」つて(笑)。プンプンプンプン怒ってて(笑)。なんか、次から次に海老蔵さんに挨拶に来るんだけど、僕らが小学生のプールの時にさ、着替えるチューブトップみたいなやつ分かる???上のところがさ、ゴムで留めてるやつ(笑)。あれを着てたの。ごめんね、見ないようにするからって言ったんだけど、海老蔵さんに挨拶する男の人たちがどんどん入ってくるもんだから、「ねぇ、どう思う!?私さ、半分裸なのにさ、どんどん入ってくるんだけど!!ありえないよね!!!」って(笑)。そうだねーありえないよねーって、話をしてて。プンスカプンスカ怒ってて、すごく可愛かった(笑)。あの2人、ほんとに可愛いよなー。

麗禾ちゃんは妖精の役で出てくるんだけど、海老蔵さんの周りを動きながら舞うんですけど、素敵だったなぁ。ほんとに妖精さんみたいだった。カンカンが立つ時に着物を叩くだけど、それが、足がぴーんとかなって可愛くて、お客さんも微笑ましく笑ってた。すごくね、歌舞伎に向き合ってる。あの年齢にして歌舞伎と向き合ってるってすごいなって。もちろん、ドラゴンボールが好きだったりするんだけど、それと同じぐらいの熱量で、歌舞伎にハマってるから、それがすごいなって思いますけどね。もうあの年齢でお父さんを超えてるって言ってるらしいから(笑)。面白いよね。

 

■ラジオ・ネーム:わさび

突然ですが、健くんは、どのような音の目覚まし時計を使っていますか? 私は、毎日スマホのアラームで起きているのですが、機械音のような音だと朝から目覚めが悪いため、なるべく優しい音に設定しています!もし、健くんに目覚まし時計に対するこだわりなどがあれば、教えて欲しいです!!

 

三宅:分かる分かる!!!!俺もね、ちょっと前まではデンジャーみたいな、ビィー!!ビィー!!!ってあれにしてたんだけど、心臓が毎朝止まりそうになるわけよ。だから、携帯が新しくなってからベットタイムって設定(iPhone)が新しくできたじゃん。何時に起床して、何時に寝てってやつ。俺は早起きってやつだ。早起きってやつにすると今のところ、私とお揃いになりますよ。また気分で変えちゃうんだけど(笑)。

 

■ラジオ・ネーム:さら

私は、兵庫県西宮市在住の中一の女の子です。ずっと健くんのラジオが聞きたかったのですが、今年のクリスマスプレゼントに母がradikoのプレミアムコースに登録してくれて、前回から聞くことができるようになりました! 最高のプレゼントです。

 

三宅:良かったねー。毎月払ってくれるんだ。いいですね。私は地方なんでラジオが聴けないんですっていう方が沢山まだまだいらっしゃるようで、radikoってアプリをダウンロードして頂ければ、そのアプリを通して聞けるんですけども、なおかつタイムフリーでOA後も1週間は聴けますんで皆様是非とも、試してみてください。エリアが決まってて、エリア外の方は、さらちゃんみたいにプレミアムコースっていうのに登録すれば、お金はかかっちゃうけど聴けるってことで。真矢みきさん的に言うと「あきらめないで」っていうことですね。そんな中、こんなメールも来てまして。

 

■ラジオ・ネーム:ゆわーず

健くんこんばんは。私は今、中学3年生です。高校生になったらファンクラブに入っていいと言われ、舞台や、25周年コンサートに行くためにお小遣いを貯めています。毎月500円でCDも買うので、まだ2万円とちょっとしか貯まっていません。V6の皆さんに会えると信じて受験勉強を頑張っています。健くんは何を楽しみにして毎日を過ごしていますか?

 

三宅:可愛いじゃん。500円で、コツコツ貯めて2万円だって。是非ともファンクラブに入って頂いて、25周年のコンサートにいらしてください。健くんは何を楽しみに毎日を過ごしていますか?だって(笑)。楽しみ??やっぱり同じですよ、皆さんと。指折り皆様と会える日を数えながら私も過ごしてますよ。ねー、そうだよねー、なかなか発表も無いし、しびれ切らすわなー。。。。気持ちは分かるよ。こっちは会費を払ってるんだよ!!って言いたいよねぇ。去年なんだったんだよ会費って。会費返せ!!!って言いたい気持ちも分かる。だから、もうちょっと待っててね。

 

■ラジオ・ネーム:はな

先日、KinKi Kidsのお二人のラジオ番組で、J-FRIENDSで面白いことがしたいと言っていました。健くんは、J-FRIENDSの皆さんで今集まれるとしたら何がしたいですか?『J-FRIENDSが行く!男だらけの温泉旅行!』という企画はどうでしょうか?!といいつつ、やっぱりコンサートが1番見たいです。

 

三宅:へー、いいね。J-FRIENDS!!!やっぱなんかJ-FRIENDSで活動してた時は面白かったもん。Mステで少年隊の「湾岸スキーヤー」って曲のバックをしたことがあるんだけど、あの図体デカくて普段一切踊りを踊らない長瀬智也が、頑張ってカッコよく踊ってるのとかレアじゃん。やっぱ、緊張感があるわけ、少年隊のバックを務めるってなかなか無いことだから。今いっぱいグループが増えちゃったから、その頃って、SMAP、TOKIO、キンキ、V6っていうくらいしかいなかったんで、今がそうじゃないって意味じゃないんだけど、よりジャニーズファミリー感っていうか、家族感っていうのかな、兄弟とか家族って感覚があるっていうか。その3グループが集まった時のなんか親戚の集まり(笑)って感じが、、どうでもいい話を井ノ原くんと太一くんがしてたりとか、どうでもいい思い出話を松岡くんと井ノ原くんがしてたりとか。それを端から聞いてて、ゲラゲラ笑ってて、みたいなくだらない空間がすごく僕は好きだったんですけどね。僕もJ-FRIENDSでなんかやったらいいのになぁなんてことは常々思ってますけどね。なかなか機会がないし、自分たちがやりたいって言ったからって出来るものでもないんで(笑)。あの若い頃の僕たちとはまた違ったテンションで出来そうだよね。楽しそう!!!

 

■ラジオ・ネーム:まり

最近、私の14歳上の姉が失恋をしてしまいました。そんな姉を励ますためにV6のAirを聞かせてあげたいのですが、今は一緒に住んでいないのでラジオを通して聞かせてあげて欲しいです。

 

三宅:いいねぇ、なんかさー、14歳、いいじゃない!!。ひと昔前のやり方だよ(笑)というか、ふた昔、み昔前って感じかな(笑)。元々のラジオの使い方だよね(笑)。あれ??この曲は??みたいなさ。もしかして?あの子がリクエストしてくれたのかしらって。じゃあ、そんな、14歳まりちゃんのリクエストを受けてですね、本日はこの楽曲をお届けしたいと思います。

 

~♪ MUSIC ~

V6「Air」

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おやすミルクDEしっとりバウム

 

※公式HPをリニューアルしました。随時情報もアップ予定です。放送終了後に1週間以内であればラジコのタイムフリーでも聴けますのでそちらも宜しくお願い致します。

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW