三宅健が日々のあれこれから
時にはゲストを迎え、楽しくお話する30分番組

Every Mon. 24:00~

2021年2月22日のラヂオ

2021/2/23 UP!

三宅:2021年2月22日(月)24時を回りました。惜しいね。来年だったらゾロ目だよ。さぁ、V6の「For the 25th anniversary」のDVD/Blu-rayが絶賛発売中ですが、今日はそのDVDについて少しお話をしていけたらなと思います。

はい、というわけで

「三宅健のラジオ」

■ラジオ・ネーム:沙紀

25周年LIVE DVDの発売決定、本当にありがとうございます。マルチアングルの楽曲の選抜も、センス抜群で選んで下さった方に頭が上がらないです!また、特典の紙チケットのデザインを拝見しました。何より名前の部分に、”愛が溢れている!!”と感じました。今回、DVDの制作裏話などあれば聞かせて頂きたいです。次々と詳細が発表されてきて、特典が盛り沢山で発売日が待ち遠しいです。楽しみにしています!

三宅:特典も盛り沢山で、初回盤Aには「Wait for you」座席別カメラカットverが入ってて、これ私の案でございます。今回もコンサートをいろんな座席の角度から撮れてるカットがあるんだったら、座席別のカット割りバージョンというのを作るとファンの方々が、イメージ的には〇〇ブロックの〇番目辺りの目線だなーとか、アリーナ席だったりとか、いろんなところから1曲観られるとかはどう??って話をして。初回盤Bだと、「ライブを終えたV6、それぞれの“coffe break”特典映像」。これメール来てたな。

■ラジオ・ネーム:ゆき

ライブ映像はもちろんのこと、覚えきれないほどたくさんある特典映像も楽しみの1つです。初回盤Bに入っている「ライブを終えたcoffeebreak」。健くんはどこで撮影されたんですか?トニセンのお三方はラジオで話されていて、坂本くんは「カメラマンさんの事務所の下にあるバー」、長野くんは「カフェ(ちなみにハーブティーを飲まれたそう)」、井ノ原くんは、「20代の時から行ってる喫茶店」だそうです。健くんからどんなお話が聞けるのかとっても楽しみです。他にも、健くんが思う見どころがありましたらぜひ教えてください。

三宅:これ面白かったよ。この井ノ原くんの話が絶妙に面白かった。あの人も起承転結をきちんとまとめて聞いてる人を惹きつける話し方ができる人なんだよね。少年隊についての話なんだけど。ジャニーさんとのエピソードもめちゃくちゃ面白かった。家で映像チェックしてて1人で笑っちゃったもん。僕が行ったところは、私の大好きな素敵なカフェです。撮影とかやってないんだけど、撮影したもいい??って聞いたら「健さんだったら是非お願いします」って言ってくれて。お店が休みの日に撮影させてもらった。まぁ、それぞれがいろいろと語ってるんだけど。

とくむー(構成作家):それぞれが自分で場所を選ぶっていうのがいいですよね。

三宅:僕はその日はチャイコーヒーを飲んでたかな。気心知れたスタッフが撮ってくれてるんで、今までもV6の特典映像でメイキングを回してくれてるイワモト君っているんですけど、彼はすごく上手で、消すんだよね自分の存在を。本当に上手い。で、僕は普段撮られてることが気になるんだけど、探してもいないもん。見つからない。結構隠し撮りしてる。ほんとに無で撮ってるし、気配を消すから良いものが撮れるタイプだと思う。ドキュメンタリーにすごく向いてると思う。こっちに壁を作らせない感じ。

とくむー:あー、じゃあ、トキュメンタリーっぽい感じなんですね。

三宅:ドキュメンタリーなんだけど、んー、割とリラックスしてcoffeebreakしてる感じかな。ファンの子達にとっても一緒にcoffeebreakしてる感じになって楽しんじゃないかな。でも、僕が本当にやりたかったのは、メンバーでV6のイントロドンをやったら面白いと思うんだけど。ほぼ皆んな答えられないと思うよ(笑)。だぶん。やりたいんだけど、これ出題者が本当にV6のことをよく分かっててこれマニアックだねーっていうのをブチ込んでくるような人じゃないと面白くないんだよね。なんとなくセオリー通りのイントロドンじゃつまんないじゃん。あ、これ分かんないよ!!っていうのが混ざってないとファンも楽しめないし。意外と皆んな答えられないと思うなー。

とくむー:そうなんですかねー。速攻答えられそうな、、、

三宅:普段V6の曲を皆んな聞いてないよ(笑)。あとは、今回のジャケットがね、代々木第一体育館のイラストになってるんですけど。

■ラジオ・ネーム:かほ

25周年ライブのDVDのジャケ写が公開されましたね。大学で建築を学んでいる身として、丹下健三さんが設計時に描かれた国立代々木競技場の完成予想図がジャケ写なんて最高すぎます!発売日が待ち遠しいです。国立代々木競技場はとても好きなデザインなので、いつかV6のライブで中に入ることが夢です(笑)

三宅:そうだよね。建築を学んでる身としては堪らないんだろうね。僕も好きなデザイン。面白いねよ、不思議な形してるし。

とくむー:改めて見てみるとすごい形ですよね。

三宅:天井の形が好きなんだよね。このように「For the 25th anniversary」のDVD/Blu-rayはいろんなバージョンがありますが、是非とも楽しんで頂けたら嬉しいなと思いますのでチェックしてみてください。それと同時にですね、2月に入って順次、皆様の手元にVisual Bookが届いていると思うんですけど、そんなメールも。

■ラジオ・ネーム:あすか

本日ついに、ビジュアルブックが私の元へとやってきました!!!98日前から始まり、当日までの過程が詰まった素晴らしい一冊で、私の宝物の1つになりました。健くんをはじめ、メンバー、スタッフの皆さん、25周年の想いを届け、共有してくださり、本当にありがとうございます。配信LIVEに向けて試行錯誤してくださっていたことが、真剣な眼差しから伝わってきました。どの写真も素敵なのですが、私のお気に入りは、本番のトークの時に岡田くんが撮影したメンバーの写真です。岡田くんの目線でメンバーの皆さんをみることができる上に、岡田くんに対する5人の優しさが伝わってくるので、とても大好きな1枚です。岡田くんが撮影した写真は他にもたくさんあると思うのですが、もしよろしければエピソード等を教えていただけたら嬉しいです。

三宅:岡田が今回撮ってくれてるんですけど、やっぱり普通のカメラマンだと入れないような場所の写真が撮れるから、その分岡田の写真が少なくなっちゃうって難点はあるんですけど、でも、岡田目線で見たV6がそこに記されていると。結構、写真選びも岡田がこだわったようで、本当は2月に皆さんの手元にと届くはずだったんですけど、2月まで延びたということなんですよ。岡田くんがこだわりにこだわった渾身の1冊ということなんでしょう。なんかでも、メンバーにしか撮れない写真っていうのがあるんだけど、撮られるとなると照れ臭いんだよね(笑)。カメラを向けられててカメラを感じない瞬間ってほぼ無いから、僕は視野が広いタイプで、真っ直ぐ前を向いていても分度器のように180度ぐらい見えてるから(笑)。視界の中に入ってくるのよ、いろんなものが(笑)。カメラを向けられた瞬間に、あ、カメラを今向けられてるって思う。

とくむー:結構リラックスした写真なんですか?

三宅:リラックスしたものもあれば、カッコいい感じのものも。岡田としては、例えばさ、コンサートの着替えのところにカメラマンが入ってくるって、バタバタしてるから難しいじゃない、あいつとしてはコンサート中は戦場だっていうのを撮りたかったらしいよ。それとか、“これからいくよ”って瞬間とかさ。本番中にそんなの普通のカメラマンじゃ撮れないじゃん。面白かったのがさ、DVDの編集に立ち会った時に写り込んでたんだけど、MC中もあいつずっと僕達の写真を撮ってたのよ。撮ってて、ポケットかなんかに入ってたフィルムを抜き取った殻を、前に出る時に捨ててるのが映っててさ(笑)。ポンって。それが見切れてないのは無いのかってスタッフさんと探してた。皆さんに楽しんでもらえたらいいですねー。

それじぁあ、懐かしい曲をここで。

~♪ MUSIC ~

V6「 Don’t Stop The Refrain 」

■ラジオ・ネーム:りおん

突然ですが、健くんはテーマパークはお好きですか?私は大阪にあるひらパー兄さんがいるところ…ではなくユニバーサルスタジオジャパンが大好きです。年間パスを持っていて1ヶ月に何度も行くぐらい好きです。1人でも行くぐらい好きです(笑)そんな私ですがコロナのことがあり、昨年の夏からユニバに行けていません。ユニバなしの生活なんて考えられない、と途方に暮れていた時私はある人たちと出会うことができました。V6です。V6沼にハマったきっかけは自粛中にYouTubeで公開されていたライブ The ONESです。6人のかっこよさ・大人の雰囲気と6人の可愛さ・おもしろさのギャップに驚きました。その日から私は朝起きてから夜寝るまでの間ずっとYouTubeでV6を見るようになりました。おかげで視力が下がりメガネをかけるようになりました(笑)最近はFull Circle、クリアを聞いてからでないと布団から出られなくなりました。毎日朝から幸せです!私事ですが、リピートトニフィフコンがあった11月13日は大学合格発表の日でした。無事に合格していました!春から大学生です^^リピトニフィフコンはV6からの最高な合格祝いだと勝手に思い込み沢山楽しませてもらいました!いつも沢山の幸せをありがとうございます。V6と出会うまで私はどうやって生きていたのだろうと考えるぐらいV6のことが大好きになってしまいました。V6なしの生活はもう考えられません。これからもよろしくお願いします! 寒い日が続きますが、お体に気をつけてお仕事頑張ってください。関西から応援しています!p.s.健くんに「高校卒業おめでとう」と言ってもらいたいです!

三宅:メガネをかけるようになっちゃったのは困るじゃんね(笑)高校卒業おめでとうございます!!

■ラジオ・ネーム:ミル

健くん、そしてスタッフの皆さん、初めまして。いつも楽しく聞かせていただいております。私はV6を去年から応援することになった韓国人のファンです。あんまり日本語に自信はないですが、どうしても健くんに聞いていただきたい話があって勇気を出してこのメールを書いています健くんは韓国のファンの間で呼ばれている健くんの愛称について聞いたことはありますか?韓国では健くんのことを「ケンジョン」とよく呼びます。健くんの「ケン」と、妖精の韓国語での読み方である「ヨジョン」の「ジョン」を合わせ、「ケンジョン」になりました。健くんのフェアリーみたいなベビーフェイスと優しさ、可愛さ、神レベルのアイドル力からつけられたあだ名らしいです。ちなみに、この愛称はV6のファンだけでなく、韓国のジャニーズファンの間では有名で、韓国人は健くんを「ケンジョン」と呼ぶことが多いです。とても可愛い愛称だなぁと思って、どうしても健くんに伝えたくて今このメールをお送りします。独学で日本語を勉強しているため、ちゃんと意味が伝わるのか心配です。(涙)これからもV6の皆さんの活躍を楽しみにしながら日本語の勉強も頑張りたいと思います。ありがとうございました♥

三宅:伝わってるよー。へー、ケンジョンだってよ。妖精だってよ(笑)40過ぎたおっさんなのに(笑)いいねケンジョン。そんな風に思われてるのか。だいぶ猫被ってるからね(笑)

とくむー:住所が韓国の方だから、日本在住じゃないですよね。

三宅:韓国でもラジオ聞けるの???どうやってるんろうね。

とくむー:ケンジョンって初めて聞いたんですか?

三宅:初めて聞きました。なかなか韓国もね、行く機会があんまり無いですから。アジアツアーなんて随分やれてないんでね。まぁ、でも会いたいですよ、韓国のファンの方々にも。台湾のファンの方々にも。なかなかアジア圏でやることが無いんでねー。でも、我らがV6を応援してくれてて、本当にありがたい存在ですね。感謝、感謝。ケンジョンはそう思います(笑)。あれなんだっけ??イムニダが紹介だから、「アニョハセヨ!!ケンジョンイムニダ!!」とかかな(笑)。韓国は行ってないなぁ、行きたいなぁ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おやす密結合

※公式HPをリニューアルしました。随時情報もアップ予定です。放送終了後に1週間以内であればラジコのタイムフリーでも聴けますのでそちらも宜しくお願い致します。

“ケンジョン”のcoffeebreak

2021/2/22 UP!

本日のOAは、2/17に発売された「For the 25th anniversary」DVD/Blu-rayの盛り沢山なDVD特典映像についていろいろと解説しております!!!!ん、、ケンジョン???

2021年2月15日のラヂオ

2021/2/16 UP!

三宅:2021年2月15日(月)24時を回りました。私が出演しております、市川猿之助さん主演の「藪原検校」の公演が始まっております。いやー、どうだったんでしょうねー。観に来てくださった方々がどんな感想だったのか知りたいですね。あっという間だったなー、稽古から本番始まるまで。もしかしたら劇中で歌を歌うって、初めてかもしれない。今まで無いかも。

■ラジオ・ネーム:ゆりゆり

健くん、舞台「藪原検校」の開幕おめでとうございます!演出家の杉原さんが、毎日のお稽古の様子をツイートして下さっていたので、それを拝見しながら、健くんが励んでいらっしゃる様子を想像し、観劇への期待が、日に日にふくらんでいきました!と、同時に、主演の市川猿之助さんが、健くんがVS魂で仰っていた通り、小学生のように素直で、とても親しみやすい方だということが分かってきて、このシリアスな舞台を観劇することへのハードルがかなり下がりました。私は、「藪原検校」を電子書籍で購入し、初めて、この戯曲を読みました。感想を一言で言うと「ショッキング」です。語彙力が足りなくて申し訳ありません…人情あふれるシーンもありますが、殺人、裏切り、だまし合いなど、次々と悪事が続き、結末のシーンがまさに「ショッキング」で、しばらく私の頭から離れませんでした。これを舞台で拝見することを想像したら、実は、「私、大丈夫かな」と、ちょっと不安を感じています。高校生の娘と観劇するので、お色気シーンがあることも、「大丈夫かな」の不安の1つです。心配し過ぎでしょうか。純粋に、演技や物語の世界を楽しむつもりで行けば良いと思うのですが、もしかしたら、私と同じように感じている方もいらっしゃるかもしれません。そんな不安を少しでも和らげていただけたら幸いです。健くんファンは、10代の若い方もたくさんいらっしゃると思いますが、この舞台は、高校生が観劇しても楽しめますか?杉原さんの演出により、いろいろな年代の方に、感動を与える素敵な舞台になることを願っています。健くんや、健くんの周りの皆様が、舞台開幕中、健やかに過ごされますことを心からお祈り申し上げています。愛知公演での観劇、楽しみにしています!!

三宅: なるほど。もちろん、扱っている題材がとてもシリアスなものなんですけど、元々原作の井上ひさしさんはコント作家なんですよ。なので、随所にか軽快な笑いがちゃんと盛り込まれているので、シリアスな内容ではあるんですけど、笑えるところは沢山あって、肩肘張らずに観られることのできる舞台だと思います。なおかつ、猿之助さんの沢山のアイデアにより、更に“バカ殿感”が増して(笑)、とっても観やすいと思いますよ。悪党以外の何物でも無い人なんですけど、猿之助さんが演じることにより、可愛らしく見えてくるというか、面白いんで、悪いことをしても許されちゃうキャラに引き上がっちゃう感じがしますけどね。なので、目で観ても楽しめるような演出をすごく提案してくれてるから、観てる人は面白いと思いますけどね。そこかしこに歌舞伎の技っていうのが、ふんだんに盛り込まれてるんで、それを観てても楽しいし、高校生の娘さんが観ても普通に楽しく観られると思いますけどね。お色気シーンもなんか面白い感じになってるんで気にすること無いと思いますけどね。いや、ほんとに良く出来てると思う!!

はい、というわけで

「三宅健のラジオ」

■ラジオ・ネーム:きーちゃん

先日の『VS魂』拝見しました。とても楽しくて、あっという間の1時間でした。”チーム藪原検校”の仲の良さも伝わってきてほっこりしました。健くんのお人柄ゆえなのでしょうね。「六本木歌舞伎」で海老蔵さんと共演された時といい、今回の猿之助さんといい、こんな錚々たる方々に愛されてしまう健くんをファンとして誇りに思います。歌舞伎ファンの友人が驚いていましたよ。人間関係でとても気難しいと言われている海老蔵さんや、歌舞伎事では真面目で真摯だけれど、とっても自由奔放な猿之助さんの懐に、すぅっと入っていける三宅健くんってなんて怖いもの知らずでおそろしい子なの!と。(笑)*悪口ではありません!褒めていましたよ。 きっとステキな舞台になること、間違いないでしょうね。今回は、残念ながら観劇は叶いませんが、健くんおすすめの”見どころ”など教えて頂けたら嬉しいです。健くんはじめ、舞台に携わる皆々様が健やかでご無事でありますよう願っています。どうぞ佳き日をお迎え下さい。

■ラジオ・ネーム:おしょん子

先日のVS魂拝見しました。健くんのスペおき、相葉くん岸くん勝利くんとの絡みが見れてとても嬉しかったのですが、猿之助さんとは終始仲が良さそうでイチャイチャしているところもカメラに抜かれていました(笑)えんちゃんとはどんなふうに距離を縮めたんでしょうか?えんちゃんとのエピソードなどあれば教えて欲しいです!

三宅:実は僕もすごく人見知りをするタイプで、猿之助さんもどうも、観察してると、とっても人見知りな方じゃないかなーと。緊張しいじゃないかなーと勝手に想像してて。だからこそ、やたらめったら喋るっていう、そういうのを覆い隠すようにいっぱい喋るっていう感じなのかなーと思って見てたんですけど。今回初めて猿之助さんと御一緒させて頂くので、当初はどんな方なのかなーと思ってて、スッて近づくとスカされるようなそういう感じの印象だったんですけど、稽古を積み重ねていく中で、「あ、この人子供なんだなー」っていう印象でしたね。僕も、自分のことを自己分析した時に、ほんとに子供だなと思っているんですが、世の中上には上がいるんだなということを知りました(笑)。僕が高学年の小4なら、猿之助さんは、小2か小3ですね。それぐらいに子供です(笑)。やることなすことほんとに子供(笑)。自分が出てない間っていうのは、座席があって座って、他の人がやってるお芝居を観たり台本の確認をしたりしてるんですけども、僕の前の席が猿之助さんなんですね。猿之助さんをTVで見ない日が無いってぐらい毎日出演してらっしゃるじゃないですか。だから、相当忙しいじゃないですか。12月もそうですし、1月も歌舞伎をやってらっしゃったんで。かなりこちらの稽古期間と被ってらっしゃったし、相当忙しかったと思うんですけど。いつも稽古場に来ると眠そうで、僕もなんだけど、稽古場に行くと眠くなるんですよ(笑)。お疲れなんだろうなと思ってるから別に声もかけないんですよ。なんですけど、かまってちゃんな人なんで、前向いて寝ればいいのに僕の机に突っ伏して寝ようとしてくるんですよ(笑)。で、眠いんですか?って言葉をかけるじゃないですか、そこが猿之助さんの、「出た、また出た」って感じのスカしをされるわけですよ(笑)。「眠いのは年がら年中だから。今日に始まったことじゃない」って言うんですよ(笑)。小学生の時にさ、授業をまともに聞かずに後ろを向く奴いたじゃん(笑)、ああいう感じなんだよね。前向きなよって(笑)。そんな感じでほんとにお子ちゃまで。今日も稽古したく無いとか、節分だから立春に稽古なんてとんでもないとか言い出して、家に帰って豆を撒かないといけないから忙しいんだよって言ってたけど(笑)。なにかしら理由を見つけては稽古を休もうとする人で、なんなら早く帰ろうとする人で、ただ、実際は稽古もちゃんとするし、とりあえず言いたいだけなんだなってことだけは理解してるんで、突っ込んで欲しいっていうかね。

とくむー(構成作家): VS魂とかで見たあの感じってことですね。

三宅:そうそう、終始、疲れて入って来ちゃってさ、さっきまで元気だったじゃん(笑)って感じなわけですよ、僕からすると。大体稽古が終わりますって段階になると今日イチ元気になりますからね。でも、何かのインタビューで猿之助さんが、杉の市って人を“憎めない人”にしたいっておっしゃってたんですけど、そもそも猿之助さんがそういう人なんだなっていうふうに感じましたけど。ある種、悪態をついてるわけじゃないですか。稽古したくないだ、早く帰りたいだ、でも、それを口にしないのが大人なんだけど、それをしちゃうのが猿之助さん(笑)。でも、可愛いなこの人って思わせちゃう何かがあるんでしょうね。「もう、えんちゃんしょうがないなー」って思わせちゃう何かを持ってる人というか。もしかしたら、それすら市川猿之助の芝居かもしれないですけどね。人の懐に入る技かもしれないし、わからないですけど。まぁ、でもとっても可愛らしい、チャーミングって言葉が似合うかなー。そういう人ですかね。

そうなんだけども、稽古が始まったらスイッチが入っちゃう人なんで、僕が自分の出番を忘れちゃうぐらい猿之助さんの芝居を見入っちゃったりしますもん。稽古場でも。歌舞伎界での圧倒的な芸を持つ猿之助さんって感じですね。すべてがもう備わってるわけですから、佇まい、居方、所作、後はセリフを覚えるだけなんで。すごいですよ本当に。観てると惚れ惚れしますよ。皆さん間違いなく猿之助さんのお芝居を目の前でみたら、その日から途端にファンになっちゃって、是非とも歌舞伎をやってる猿之助さんを観たいなって思うと思いますけどね。バラエティー番組とのギャップがまた素敵だなと。僕からすると、いつも前の席で落ち着きの無いお子ちゃまが、いざ、芝居を始めたらメチャクチャ芸達者っていう、圧倒的な芸を見せつけられるみたいなギャップに惚れ惚れしちゃうというか。稽古しててもアイデアが湯水のごとく出てくるで、猿之助さんは。井上ひさしさんの戯曲を元にこのお芝居は作られてますけども、杉原さんの若いスパイスみたいなものも遺憾無く発揮されてるんですけども、やっぱり猿之助さんのアイデアも遺憾無く発揮されてるって感じですかね。猿之助さんの発想力っていうのがとっても面白くて、センスもとっても素敵だと思うし、提案してくれたことが反映されるとお芝居が更に立体的になるし、より切なさが出てきたりとか、だから観ててとても面白いですけどね。

とくむー:猿之助さんとここで距離が近くなったなーとかあったんですか?

三宅:ここでってうのは無いけど、僕が携帯を2つ持ってるんですよ。なんで2つ持ってるの??って言われて、いろんなところで番号を書かないといけない場面があると、たとえば、商品を買った時とか飲食店を予約した際に、顔バレした時にいたずら電話とかをかけられたら困るから、そういった対策で電話番号を2つ持ってるんですって言ったんですよ。こっちがサブ携帯で、こっちがメインですって話をしたら、じゃあ、その“捨て携帯“の方でいいからLINEを教えてって(笑)。なんでそっちなんですか!!って話をしてて、普通はそこで、じゃあ連絡先を交換しましょうって言うんだろうけど、僕は言わないんで(笑)、何回も「その捨て携帯でも良いから連絡先を」って猿之助さんが言ってて(笑)。あ、これ連絡先を交換したいってことなのかなーと思って、LINE交換しますかって話をしたら、「僕とやり取りなんかしても何も良いこと無いけどね」ってまたスカしてくるんですよ。向こうが聞きたかった感じだったのに、「聞かれたから致し方なく教えますけど」ってスタンスにしてくるから、いやいやいや!!そっちが散々”捨て携帯”でも良いからLINE教えてって言ってたじゃん!!って感じなのに。この間連絡してて、健ちゃんお酒飲むの??って、普段ぜんぜん飲まないですねって話をしたら、猿之助さんはすごくお酒を飲むみたいで、それこそ、「人志松本の酒のツマミになる話」がOAされてたのをお家で観てたらしくて、すぐLINEが来て、”呑んでる!!”って。仕事なんでって返しましたけど(笑)。

とくむー:僕だって呑んでるところは、ほとんど見たことないんでね。

三宅:一応、番組の趣旨として、みなさん酔っ払ってお話しをするって話だったんで、まぁ、ある程度はホロ酔いでも嗜んでからじゃないと趣旨と変わるんでよろしく無いなと。割とすぐに酔っ払いましたよ(笑)。ちゃんぽんしちゃったんで。ハイボールとビールと梅酒かなんか呑んでたんで。まぁ、そんな感じで猿之助さんとは連絡先を交換するのが早かったですね。

とくむー:普段も“えんちゃん“って呼んでるんですか??

三宅:えんちゃんって言ったり、、、ほんとに学校みたいで。自分が学校で「昨日TVに出てたね」みたいに友達が言ってくる感じってこれなのかなって今思った。稽古終わってTVを付けると大体猿之助さんが出てるんで観ちゃうじゃないですか。猿之助さんってトーク上手なんだよね。どのバラエティーを観てもトークがお上手で。起承転結がしっかりしてて面白いし、観てるこっちが次はどうなるんだろ、どうなるんだろうって期待値を高めてくれる話し方をするから観てて面白いですよ。頭が良いから話の運び方もとっても上手だと思うんですけど。何かの番組で「稽古やりたくないんで、バラエティー出たら稽古休めるからここに来てる」って言ってたよ(笑)。

とくむー:と言って、きっちり芝居をするわけですからねー。

三宅:ちょっと人を油断させといて、バーって本番に出してくるような人なんだと思いますよ。ホントに面白いのバカ殿を観てるみたいだよ。僕としては井上ひさしさんの「藪原検校」という戯曲を読んで、想像したものとのギャップを思う存分、劇場で感じてもらう舞台って感じですけど。

もうすでに観劇をされた方もいらっしゃると思いますけど、これから「藪原検校」を観に来てくださる皆様、各メディアで猿之助さんもおっしゃってらっしゃいますけども、気持ちと時間に余裕のある方はいらしてください、という気持ちで私もいますので、皆さんにとって1番良い選択を選んで欲しいと思っています。僕をはじめ舞台関係者一同は、万全の体制でお客様をお迎えできるようにしたいと思っておりますし、やはり、来てくださる皆様にもキチンと感染対策をした上で観劇して頂ければ嬉しいなと思っております。安心安全の「藪原検校」観劇を楽しんで頂けたらと思っております。もちろん劇場にアルコール消毒液は常備してあると思うんで、僕は常日頃からアルコール消毒液を持ってるんですけど、自分が持ってればシュッ!シュッ!!ってできますからオススメします。あとは、マスクも何枚かカバンの中に忍ばせておくとすぐに新しいのに取り替えも出来ますし。口の部分がどこにも触れない折りたたみのプラスチックの収納出来るアイテムがあったりしますんで、いろいろと考えながら観劇を楽しんで頂けたらと思います。宜しくお願いします。

昨年の11/1に25周年の記念ライブを初の配信ライブで行ったんですが、その模様が収録された「For the 25th anniversary」のDVD/Blu-rayが2/17にリリースされます。皆様、指折り数えながら、この日を待ち望んでいてくださっていた方々が沢山いらっしゃると思うので、是非皆さん、手に取って楽しんで頂ければと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おやすミロス・フォアマン

※公式HPをリニューアルしました。随時情報もアップ予定です。放送終了後に1週間以内であればラジコのタイムフリーでも聴けますのでそちらも宜しくお願い致します。

やることなすことホントに子供なあの方のお話

2021/2/15 UP!

本日のOAは、まるで学校みたいな「藪原検校」の稽古場でのあの方とのお話でございます!!連絡先は交換したんでしょうか??どうなんでしょうか??

2021年2月8日のラヂオ

2021/2/9 UP!

三宅:2021年2月8日(月)24時を回りました。本日も我が家からリモートでお送りしております。

■ラジオ・ネーム:あきこ

12月25日のクリスマスはV6ファンにとって最高な1日になりました。2月17日にトニフィフコン円盤化とMステ。まさかこんなにも早くトニフィフコンが円盤化されるなんて思ってもみなかったのであまりの嬉しさにメールしました。特典映像の多さに感謝しつつ2月は健くんの舞台も観に行くので今から待ち遠しいです。Mステはちゃんと健くんに髪があって一安心しました(笑)アドベントカレンダーも楽しかったです。

三宅:そうなんだよ、髪の毛ね。一応、にこ健でさっぱりしましたなんて前振りしておいたからさ(笑)。藪原検校のね、坊主っくりのビジュアルを見て、まさかついに健くんもいったか!!という風にみんなが思うかなーと思ってさ。今回は本当にやろうかなーと思ってたんですよ。丸めようと思ってたんですよ。ビジュアルのやつはCGなんですけど、おでこから上は知らない人の頭なんですよ、あれ。カツラを被ってるとかじゃなくて。CGで合成されてるんですけど。実際は剃るつもりでいたんですけど、なんだか剃らないことになりまして、みんなカツラらしいです。だからちょっとションボリしてます。それを言いたかったんですよね。

はい、というわけで

「三宅健のラジオ」

三宅:大変です、藪原検校(笑)。

とくむー(構成作家): 大変でしょうね(笑)6役あるし。

三宅:元々は小劇場の劇団用に書かれてるものなので。すべてのことを役者さん達がやるんですよ。僕が今までやってきた舞台とは勝手が違くて、アンサンブルもやるんですよ。アンサンブルっていうのは、その他大勢の人達のことなんですけど、それもやるんですよ。だから覚えることがいっぱいあっておおわらわですよ。歌もあるし、ダンスもあるから、もはやミュージカルですよ。

とくむー:自分のセリフもその他大勢も、歌の歌詞もって、、、大変(笑)。

三宅:本番も結構大変なんじゃないかな。取っ替え引っ替え、着替えなきゃいけないし。カツラだって、役ごとに変えていかないといけないし。とにかくね、いろんな事をやるんで大変なんですけど、観る方は、とっても楽しいんじゃないかなと感じてますね。杉原邦生さんという若い演出家の方が演出なんですけど、若い人の才能で新たに、今の令和の時代の「藪原検校」っていうのを作っているので、それも面白いなと思うことは沢山ありますね。あんまり深く語れないんですけど。。。観た人に初めて、「あー、なるほどー」とか「こうするんだー」とか思ってもらいいんで。読書好きな方は、おそらく戯曲を読んで舞台に参戦する方が多いでしょうから、自分の中の想像を巡らせて膨らませたものが、どう具現化するのかっていうのが面白いでしょうから。とにかく面白いものにはなりそうだなって思ってますね。まぁ、でもこんなご時世だから、面白いものになるんだろうなって思うんですけど、是が非でも観に来て下さい!!ってことが、とても言いづらい世の中になってしまったので、それは、どうしても観たいけど、やっぱり自分の身を最優先して頂いて、1番安全な道を選んで頂きたいなと。なかなか難しいですけどね。それぞれの環境が違いますから、遠方にお住まいの方は来るのが大変でしょうし、いろんなリスクも伴ったりすると思いますから。自分でも初日がどうなってるかも分からないですが、まぁ、やれることをやりながら、日々精進したいなと思っておりますけども。ほんとに感染対策の鬼だせ(笑)。実はね、20年振りぐらいに松雪(泰子)さんに会ってて、「名探偵保健室のオバさん」っていうテレ朝のドラマ以来ですから。僕も覚えてて、16、7歳だったんですけど、メチャクチャなんかね(笑)、当時を松雪さんが覚えててくれて恥ずかしかったことがあって、、、。松雪さんが当時24歳ぐらいで、俺が甘えん坊で膝枕をしたのを覚えてるって言われて、すごく恥ずかしくなっちゃった(笑)。それ以来会ってないんだよ。でも、凄くない??それ以来会ったことがなかったのに、また仕事で再会するって。チラッと現場でお見かけすることはあったかもしれないけど。不思議な感じですね。俺が、今をときめくキンプリの平野くんみたいな頭をしてた時代ですよ。茶髪で。

とくむー:16、7歳ぐらいの時に会ってた人に、40代になってまた会うとかなかなか無いですからね。

三宅:でもね、相変わらず綺麗だった。ほんっっっとうに、松雪さんはお綺麗だね。だから今回もメチャクチャ似合うと思うな。とっても艶っぽくて。また声も色っぽいんだよなー。色っぽさが増したね。生意気だけど、こんな私が言うのも(笑)。なんかね、同じスタジオで坂本くんが稽古やってるんだよね。僕が1回チェックで稽古場に行った時に、たまたま坂本くんがいて、わざわざ坂本くんから挨拶しに来てくれてさ。知らなかったから、「えー、いるのー?!!」って言ったら「同じスタジオにいるんだよ」って。

とくむー:年明け早々会えたんですね。

三宅:そうなの。

ということで、松雪さんのお話が出ましたので1曲お届けしたいと思います。「名探偵保健室のオバさん」の挿入歌にもなっておりました、とっても懐かしい楽曲です。

~♪ MUSIC ~

Coming Century「 LOOKIN’ FOR MY DREAM 」

■ラジオ・ネーム:ちくわ

突然ですが、健ちゃんに質問です。もし、たった今。【三宅健】の知名度が世界中でゼロになったとしたら…まず一番にどこへ行きたいですか?また、なにがしたいですか?ぜひ教えてください。P.S.安心してください。知名度がゼロになってもファンは健ちゃんに出会える人生を送れるよう世界は創られております。

三宅:どういうこと(笑)。えー、知名度がゼロになったら行きたいところ??あんまりそういうの考えてないんだけどなー。隠れてるつもりがあんまり無いですから。なんですかねー。。。割と普通にいろんなとこに出入りしてるからなー(笑)。ある??そんなの。

とくむー:アパレルのお店とかでバイトするとか出来るかもしれないですね。

三宅:あー、そういうのは出来るかもね。カフェでバイトするとか。でも、あんまり考えたことないなぁ。知名度がゼロになるなんてことは、この先も無いんだろうから。例えば、芸能人の人は芸能界を辞めたとしても、元なんとかの、、って絶対付いて回るじゃん。そういう人だったってことが消せない事実だから。顔を変えて別人になるしかないよ(笑)。

■ラジオ・ネーム:さな

早速ではありますが健くんにお願いしたい事があります。放送時間帯が月曜24時過ぎという事で、私自身睡魔に負けてリアルタイムで聞くことが出来ずにタイムフリーで聞くこともちょくちょく…。後々聞けると分かっていてもやはりリアルタイムで癒しの時間でもある、健ラヂは聞きたいものです。そんな私に健くんから「睡魔に負けずに起きるんだ!」というようなメッセージをいただきたいです…!

三宅:寝ちゃうんだ、、、、でも、分かるかも(笑)。 僕も自分のラジオを聞いてて寝ちゃうことありますよ。

とくむー:規則正しい生活をしてる方からしたら24時過ぎっていうのは、、、

三宅:あー、確かに。海外旅行に行った時に、真逆になったりすると時差で眠くなるから、こちらに戻ってきたときに最高なんだよね。逆転してくるから日本に戻ってきた時に、22時とかに眠くなってくるのよ。最高。で、朝6時とかに起きてさ。あー、このままの生活を続けないって思うんだけど、途中方やっぱり崩れてくるんだけどね。この方は規則正しい生活をしてるんでしょうね。後は、自分でも思うんですけど、私の声が睡眠作用を促してる可能性があるんじゃないかと。

とくむー:あー、それありますね。

三宅:テンション高く喋っていたら違うんでしょうけど、テンションを上げずにローテンションでダラダラしゃべっていると、眠くなるみたいですよ。つい先日もインタビューを受けてたら、周りのスタッフさんが何名か寝てましたよ(笑)。

とくむー:今も、聞いてる人で睡魔に負けそうな人もいると思いますんでメッセージを一言。

三宅:「さぁ、おやすみになりなさい、眠りなさい、段々眠くなる、あなたは段々眠くなってKくる」「ベットの中に包まれるように眠くなって、ベットの左端が折れ曲がる、右の端が折れ曲がってくる、、、、気付けばあなたは、布団に包まれて小籠包のように包まれて、ふわーと暖かくなって寝てしまう」。もうみんな小籠包になって寝てるかもよ。

とくむー:「睡魔に負けずに起きるんだ!」っていうメーセージですよ、三宅さん。

三宅:あ、そうなの。もういいよ、寝なさいよ。無理して起きなくていいから。ラジコで聞けるんだからさ。「睡魔に負けずに起きるんだ!」っていうなら換気しろ!!(笑)。換気して窓際で聞いたら寒くて目が覚めるんじゃないですか(笑)。あとね、手を洗う。眠い時は手を洗うと目が覚めるんだよ。

■ラジオ・ネーム:さき

先日のリピート配信ありがとうございました。リピート配信を見るか塾に行くかめちゃくちゃ迷いました。結果、塾に行ってから、配信を見ました。そして、クリスマスプレゼントはV6の会員に入ることに決めました!三宅さんが大好きです!話は変わりますが、実は、私、三宅さんのラジヲを聞けてないんです。聞きたいのですが、ラジヲの放送の圏外なので、どうやったら聞けるのかなと思いメールをしました。圏外でもラジヲを聞く方法はありますか?教えて欲しいです。お願いします。

三宅:こういったメールが結構来るみたいなんでお知らせしておきますと、radikoというアプリがございまして、radikoをダウンロードして頂いて、料金が発生してしまうんですが、プレミアムに登録して頂ければ、圏外の方でも聞けるようになりますので是非とも、お財布と相談しながらお試しあれ。ちなみに、金額は月額350(税別)でございます。

https://radiko.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おやすミントデザインズ ガレージストア

※公式HPをリニューアルしました。随時情報もアップ予定です。放送終了後に1週間以内であればラジコのタイムフリーでも聴けますのでそちらも宜しくお願い致します。

1 2
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW