三宅健が日々のあれこれから
時にはゲストを迎え、楽しくお話する30分番組

Every Mon. 24:00~

石川の地で、急遽収録を致しました!!

2021/3/15 UP!

本日のOAは、丸々30分、三宅くんからファンの皆様へのメッセージをお届け致します。皆様、是非お聴きください!!

2021年3月8日のラヂオ

2021/3/9 UP!

三宅:2021年3月8日(月)24時を回りました。本日は我が家からリモートでお送りしております。三宅健の自宅の生活音を聞きながらラジオを楽しんでください。只今の時刻は深夜でございますが、私の目に見える光景は真っ昼間でございます(笑)。めちゃくちゃ天気良いなー、ってことは花粉が舞ってるってことですよ(笑)。あ、明日だ!!明日OAだ。3/9(火)_TBS「THE鬼タイジ」に私1人で出ます。ぜひ観て下さい。

■ラジオ・ネーム:さくらこ

健くん、スタッフの皆さんこんばんは。いつも楽しいラヂオをありがとうございます!先日のにこ健で、新しい急須でお茶を淹れたと話してましたが、急須のこだわりとかあるのでしょうか。ぜひとも教えて頂きたいです!!

三宅:これ僕がずっと欲しかった急須で、萬古焼(ばんこやき)っていって三重県のものなんですけど、全部職人の方が1つ1つ手作りで作ってらっしゃるというやつなんですが、凄いんですよ、この急須が。形も丸っこくて可愛くて。ずっーと欲しくて、、、、って、大分買ってないなお前って思われそうなんだけど、2018年とかに「和風総本家」って番組に出させて頂いたことがありまして、その時にこの急須を紹介してたんですよ。欲しいなって思ったんだけど、いかんせんゆっくりさんなんで、買ってなかったんですね。そしたら番組でOAされるや否やたちまち売り切れ続出って感じで変えずじまいで。そんなことを繰り返しててやっと、今回舞台をやるにあたって癒しが欲しいなと思って、楽屋でお茶でも淹れてほっと一息つきたいなと思って、購入に至りましたと。これ良く出来てて、茶こしの穴も1つ1つ手作業で100個ほどの穴が空いていたりして、何度も試作を重ねたものらしく、本来だったら金属製の茶こしが付いてたりするんですけども、こちらの急須にはそういったものが付いていませんで、中で茶葉が舞うんですよね。空間が広いので。丸い急須の中で茶葉が回って花が咲くようにお茶が淹れられると。たぬきのお腹みたいで可愛いんだよなー。これオススメです私。藤総製陶所の至高急須シリーズ。の1番シンプルなやつを買いました。いいですよ、お茶は。紙コップでパックのお茶を飲むと味気ない感じがして、ちゃんと茶器で頂く方が美味しいじゃないですか。急須で茶葉で淹れて。冷めないように、滝沢にもあげた、SUSgallery(サスギャラリー)というステンレスで出来た3層になっているコップで飲んでますけども。これもオススメ。これは良く出来てて、3層になってるから夏にアイスコーヒーとか飲んでて、氷が溶けて分離するとか無いんですよ。朝まで氷が溶けないんだから。外側に水滴も付かないし。暑いのも冷めずらくなりますし。いやー、美味しい。お茶もね、詳しく無いから、本当にちゃんとした人達は、急須も茶器もお湯で温めたりするみたいだから、そこまでの知識は無いんで。そこまでやったら楽しいんだろうけど。前にさ、行ったことなかったっけ??お茶屋さん。

とくむー(構成作家): え??どこだろう??

三宅:一緒に行ったことなかったっけ。僕の好きなお茶専門店があってさ。どんなに安くても1500円ぐらいからしか飲めないんだけど。1500円、300円、500円ぐらいで。そこに置いてある作家さんが作った器を自分で選んで、そのお茶を頂けるという。中国茶もあるし、日本茶も扱ってるんですけど。その空間がすごく好きで。ドラゴンボールでいうところの「精神と時の部屋」みたいな空間なわけよ。お休みの日に、そこに行くと気づいたら4時間ぐらいたってたりするぐらい時間を忘れる空間。一度外に出ると車の音とかするんだけど、そんなことすら忘れさせてくれるね、とっても静かなお店。最近行ってないけど、コロナが終わらないと行けないな。。。お茶のテイクアウトとかあるのかな(笑)??ないだろうね、二煎目が飲めないんだから(笑)。ちゃんと二煎目まで飲めるわけよ。お茶ってホっとするよね。昨日マネージャーくんに、君に美味しいお茶を淹れて進ぜようって言って、マネージャーくんにお湯を入れてきてってお願いしたんだけど、他の共演者の方々が、え??何それ??ってなって(笑)。「家から急須を持ってきたんですよ」「え??お茶淹れてくれるの??」ってなっちゃって(笑)。マネくんと私だけの2人の楽しいお茶タイムが始まるはずだったのが、気づいたら共演者の方々、皆んなにお茶のおすそ分けをしなきゃいけなくなっちゃって(笑)。ただ、この急須だと1回でせいぜい2杯分ぐらいなんで。

とくむー:1人にはちょうど良いサイズですけどね。

三宅:そうそう。あんまり飲むと、おトイレに行きたくなるんで。この舞台やばいんだよ、結構出ずっぱりだから、着流しだったらトイレ出来るけど、袴とか履いてると大変だから行けないわけですよ。衣装さんが大変だから。衣装さんに言われますよ(笑)「三宅さん、トイレ行きましたか?」「すいません、、まだです。行ってきます。」って。

とくむー:トイレ行きたくなったら全部脱がないといけないんですね。

三宅:そうそう。だから必ず本番前にもう一回行っとこうかなみたいな感じで(笑)、何回か行ってる。

とくむー:今回はメイクとか衣装とかいろいろ大変だっていう、、、、

三宅:今までで1番着替えてるかもしれない。6役ってことになってるけど、アンランブルも入れたらもっとやってるかもしれない。

とくむー:メイクも変わるんでしたっけ?

三宅:いや、メイクは変わらないですね。カツラだけは変わる感じ。カツラの邪魔になっちゃうから今、テクノカットになってる。もみあげないです。

はい、というわけで

「三宅健のラジオ」

■ラジオ・ネーム:れもん

毎日『藪原検校』の公演をこなす健くんは、公演の合間の休憩時間をどのように過ごしていらっしゃるのですか?もしリラックスできる食べ物など有れば、教えてください。私は今日これから観劇に行きます。健くんのお姿を拝見できるのを楽しみに、毎日を頑張ってきました。2月とはいえまだまだ寒い日が続いておりますので、お身体を大切になさってください。いつも応援しています。

三宅:僕ね、楽屋を充実させたいと思ってるんで、キャンドルを持って行ったりとか、“香木”って、香りの付いた木なんだけど、楽屋に付いたら火を点けて煙で浄化して、あとは、お気に入りのフィギュアを持って行って。猿之助さんは仏像好きらしくて、僕は全然詳しくないんだけど、かわカッコ良いフィギュア??を猿之助さんは飾ってるし。目からも喜べるように。眼福って感じですよ。今の楽しみはお茶と、スタバの“ダーティチァイ”。

とくむー:ダーティチァイ???

三宅:うん。あ!!!ちょっと前までさ、すっごく美味しいのがあったんだよ!!思い出した!!無くなる前日に飲んだんだけど、上島珈琲店の“ラムレーズンミルク珈琲”っていうのがあって、それがメチャクチヤ美味しくて!!マネージャーくんにそれを買って来て欲しいってお願いしたんだけど、「昨日で終わってたみたいで、、、、」「え!!!!!嘘でしょー!!!」って(笑)。なんだよ、もっとたらふく飲んでおけば!!!って悲しくなって。“ラムレーズンミルク珈琲”また復活させて欲しいんだけど。

とくむー:1回だけですか飲んだの?

三宅:そう、1回だけ。もっと飲みたかったよ!!残念極まりないよ。そういうことかな楽しみは。後はジンジャーエールを常に冷蔵庫で冷やしてるんですよ。やっぱ飲みたくなるじゃないですか。炭酸を欲っしちゃう自分がいるんだよね。新しい「雪見だいふく」も。“バニラのコク”ってやつ。ポテトチップスの“しあわせバタ〜”も最高に美味いよ。「バター」「はちみつ」「マスカルポーネチーズ」とかだ入ってるってやつなんだけ、一度開けたらあっという間に無くなっちゃう。完璧だなって思うね。“しあわせバタ〜”って最高のネイミングセンスだよ(笑)。本当に幸せバターって感じだもん。あ、フライドポテト食べたいなー!!!最近好きなのは、俺はウェンディーズを応援してるのよ、ずっと。ウェンディーズ自体は一度撤退しちゃって、、、ガキの頃から通ってたから、悲しくて悲しくてしょうがなかったんだけど、今はファーストキッチンに行けば、ウェンディーズも食べられるんだけど。ウェンディーズのポテトにチーズソース最高だよ。それをダブルで頼んで(笑)。Lのポテトにいっぱいディップして食べるの。

とくむー:それ結構前からいっつも言ってましたよね。

三宅:それと一緒に、ジャンクなもの大好きだからさ、ファーストキッチンの“焦がしバター醤油味”フレーバーも最高に美味いよ。それは、粉が紙袋に入ってるんだけど、シェイクして食べるんだけど、その2つは最高に美味い。オススメ。

とくむー:パルコ劇場だから近場にいろいろとあるかもしれないですね。

三宅:このコロナ禍じゃなかったら、確実に出掛けまくってたから(笑)。なんかね、すごくモヤモヤしちゃうの。パルコ劇場に通ってて楽しいんだけど、まだパルコの中を散策したことがなくて。窓があって外は見えるんだけどさ。なんか一息つける何かを、、ってことでこの急須を持っていったり。そうそう、やろうとして結局出来てないのが、所さんに電話する機会があって、「何だね??私はこれから忙しいんだから」って、「私はこれからリンゴを干すんだから」って。ドライフルーツを家で作ってるらしくて、「三宅くんは何をやってるんだね??」「舞台やってます」って言ったら「じぁや、共演者の人達にドライフルーツを作って振る舞えばいいじゃないか」って(笑)。「そんなに喜ばれることはないぞ」って、それで見せてもらったんだけど、すごく可愛くてさ。くるくる回ってて(笑)。だから同じのを買おうかと思ってて。あ!!!いいかも!!!楽屋でやろー!!!結構臭くなるんだって(笑)。部屋の中が臭くなるらしいから。大丈夫かな(笑)??猿之助さんの楽屋までリンゴの香りが漏れてっちゃうかもしれない。ドライフルーツを作るのに15時間ぐらいかかるんだって。ドライフルーツを作るフルーツドライヤーって機械は、暖かい温風が出続けてて、それでフルーツを乾燥させてるだけだから。結構地味な作業なんだけど、5段ぐらいになってて、下の段が乾いたら自分で入れ替えないといけないんだって。リンゴだけじゃなくていろんなフルーツが出来るんだけど、俺もリンゴでやってみようかなと。それを家でやりたいなと思ってて、まだやれてないんだけど。で、パルコの楽屋でやればいいんじゃないかって(笑)。所さんの司令としては皆んなに配れってことだから(笑)。パルコがリンゴ臭かったら俺のせいだよ(笑)。すっごい甘くて美味しいんだってよ。作ってみたいんだよ、所さんの真似して。「こっちは冬はいっぱいやることあって忙しいんだよ」って言ってた(笑)。

とくむー:お茶も所さんこだわってたりするし、、、

三宅:そうそう。所さんところに遊びに行くと、干し柿とかいろんなものをオススメしてくれるから、新しいお菓子を知れるから嬉しいんだよ。所さん家は果物とかもいっぱい成ってたりもするから。畑もあるし。可愛かったんだよね、“フルーツドライヤーの歌”っていうのがあって(笑)。それがすごく癒される歌で可愛かった。面白いよね、発想力が。天才だよ。もちろんやってることが評価されてると思いますけども、もっと世の中の人が知るべきだと思う。所さんの面白さを(笑)。センスも抜群だし。唯一無二の存在というか、遊びの天才だし。所さんほど人生を楽しんでる人はこの世の中にいないんじゃないかってぐらい楽しんでるイメージだね。今、過去に作ったバイク達を、ハーレーだったり、マジェスティだったりをオークションに出してて、チャリティーなんだけど、「交通遺児育英会」に寄付されるみたいで。それも所さんっぽいし。なによりも、オークションに出すことで、所さんファン、世田谷ベースファンの方々に、これまで所さんが作ってきた名作達を手に入れられるチャンスが与えられるって凄いことじゃない??最高だよね。絶っっっっ対に嬉しいと思うよ!!オークションだから値段がつり上がったりもするけど、ワクワクするよね。自分がさ、買えるはずもないんだけど、オークションを見ちゃってたもん。日毎に値段が上がっててさ。無理だー!!!って。凄い金額になってたよ。あれをゲットした人は嬉しいだろうなー。だってレプリカじゃなくて本物だよ!!全部所さんがいじってるんだから。そんなスペシャルなことある???あのハーレーもカッコ良かったなー。

~♪ MUSIC ~

V6「 旅立ちの翼_HIP HOP Ver. 」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おやす三重桜付け

※公式HPをリニューアルしました。随時情報もアップ予定です。放送終了後に1週間以内であればラジコのタイムフリーでも聴けますのでそちらも宜しくお願い致します。

滝沢くんにもあげたコップで飲んでいる??

2021/3/8 UP!

本日のOAは、藪原検校での休憩時間を充実させるアイテムや、最近お気に入りのお菓子・お茶などなどでございます!!萬古焼(ばんこやき)??急須??

2021年3月1日のラヂオ

2021/3/2 UP!

三宅:2021年3月1日(月)24時を回りました。本日も私の自宅からリモートでお送りしております。ようこそ、我が家へ。早速メールを読んでいきたいと思います。

■ラジオ・ネーム:あかね

「藪原検校」初日公演、観劇いたしました。私は「藪原検校」の電子書籍を購入したのですが、途中までしか読むことができず、そのまま初日を迎えました。猿之助さんが「稽古をしたくない」とか、「バラエティに出てる方が稽古しなくていいからいい」とか番宣で出ていた番組で仰られておりましたが、初日公演当日、めちゃめちゃ長いセリフを流暢に話されている姿をみてビックリしました。いろいろと言いつつも、アドリブ含め完璧に仕上げてくる猿之助さんさすがだなと思いました。松雪泰子さんのお色気シーンも大人の色気漂うエロさで、美しすぎてみとれてしまいました。そして、健くんは6役演じられているのに、1人1人違う登場人物で、それを淡々と演じていてすごいと感じました。また、久しぶりに生で聴く、健くんのあまい歌声に心奪われました。観劇を控えてる方も沢山いらっしゃるとおもうので、ネタバレは控えますが、結末のシーンの演出が予想外で思わず息を呑みました。あのシーンで思わず叫ぶ人は居ないのだろうかと疑問に思いました。観劇を終えて、電子書籍の続きを読み進めていますが、観劇を終えてから読むと、舞台を思い出しながら、読めるので、より一層、理解が増します。内容は難しく、ショッキングなシーンも、もちろんありますが、その中にも面白いシーンもありとても楽しませていただきました。縁あって、後、何公演か観劇することができるので、引き続き感染予防対策を徹底し、健くんにお会いできる日を楽しみにしております。まだまだ油断ができない日々が続いておりますが、くれぐれもご自愛ください。健くんをはじめ、出演者の皆様並びに、スタッフの皆様が無事に千穐楽まで走り抜けられますよう願っております。健くんのこと大好きですっ♡

三宅:なるほどね。終わった後に書籍版を読むと面白いかもね。脳裏に映像が焼き付いてるわけだから、電子書籍を読みながら上映させることが出来るという。画期的じゃないですか。戯曲がすでに出てるっていうのは、そういう意味で面白いかもね。僕も戯曲を読んだ上で観ることをお勧めしますけどね。初めて何も無い中で観たいという方もいらっしゃると思うけど、もう十数年上演されてきた作品ですし、ネタバレも何も無いって感じなので、それを読んでくる方がいろいろと自分の想像してたものと違って楽しんでいただけるんじゃないかなーと思いますけども。

はい、というわけで

「三宅健のラジオ」

三宅:あ、こんな人もいるんだ。

■ラジオ・ネーム:花みずき

健くん、スタッフの皆様、いつも素敵なラジオをありがとうございます。初めてレターを送らせていただきます。昨日、『藪原検校』を観劇しました!役者の方々のぴったりな息づかい、シビアさと笑いが共存した演出を目の前で見られたことは感激です。また、昨日は健くんを初めて生で拝見した日でもありました。高校生の頃からファンでしたが、心の中でずっと、「あんなに格好いい人、本当に存在するのかしら」と思っていたんです。でも昨日、しっかりこの目で拝見して、「本当にいた…!」と、言葉は発せずとも胸を躍らせていました。健くんの踊りや歌も鑑賞ことができ、大満足です。クライマックスのシーンは衝撃的で若干トラウマですが、このご時世でも健くんのお姿を目の前で拝見できたこと、そして役者の方々それぞれの華麗な演じ分けを観ることができたこと、本当に感謝しております。これからも応援しています。今後とも、どうぞお身体ご自愛ください。

■ラジオ・ネーム:まさみ

先日、三宅くんがご出演されている舞台、藪原検校を観劇させていただきました。2列目という、とても素敵な席で観劇することができ、三宅くんの綺麗なお顔を近くで見ることができて、嬉しかったです!カーテンコールで、出演者さんが出てきてくださった後、揚幕に去っていく時に、三宅くんが、猿之助さんに話しかけている姿を見たのですが、揚幕に行くまでの時間でどのようなお話をされているのですか?もし良ろしければ、猿之助さんとのお話を聞かせてほしいです!実は、ファンレターを書かせていただいたのですが、コロナの影響で、お渡しすることができずに残念です。また、会える機会にはぜひ、お渡ししたいです!

三宅:これはですね、猿之助さんがハケると、志村けんさんの「だっふんだ」みたいな顔をして裏ですごくふざけてるんですよ。どんちゃん騒ぎみたいな感じで踊ったりしてて。「健ちゃん、それで出てよ」って(笑)。「なんで僕がそれで出るんですか!!」って(笑)。「健ちゃんがやったらやるよ」みたいなことを言ってるから「いやいやいや!猿之助さんがやればいいじゃないですか!!」って言って。で、裏でふざけてるくせに舞台に出て行ったら普通にすぅんって、おすまし顔で出るからね(笑)。あ、ファンレターですが、パルコでは、、、他の劇場でもそうかもしれないんですが、今のこのコロナ禍で、そういった物を受け取れないようになっています。それで思い出したんですけど、僕が舞台をやる時には、千羽鶴をファンの皆様が沢山送って下さるんですけども、今回も送ろうとしてくれたり、送ってくれた方もいるかもしれないんですけども、劇場では受け取れないので、受取拒否になって悲しいことながら自分の手元に戻ってきちゃうなんてこともあった方がいらっしゃるかもしれないんですけども、今回はお家で、無事に千秋楽が迎えれれるように、祈願をして頂けたら嬉しいなと思っております。もし、せっかく作ったのに、とか思う方がいらっしゃったら「三宅健のラジオ」に写真だけでも送って頂けたら、私見ますので。いやー、大変ですよ、千羽鶴折るのは。千羽ですよ、千羽。

とくむー(構成作家): やったことが無いから想像が付かないんですよね。

三宅:毎年、結構な数の千羽鶴を送ってくれるんですよ。僕はあんまり折り紙とか得意じゃないんですけど、ジャニーさんが入院してた時に、誰が言い始めたのか忘れたんですけど、千羽鶴を折りましょうってことになりまして。ジャニーさんの為に。で、お見舞いに来た人が皆んなで、部屋にいる時間、千羽鶴を折るってことをやったんですよ。それで大変さを地味に知りましたね。前も僕は舞台でテーブルクロスかなんかを千羽鶴にするってシーンがあって、それをやってたにも関わらず忘れてて(笑)。でも、面白いよね、皆んなでその想いを折っていくっていうのは。素敵だなーと思って。日本人の美しい心って感じするよね、千羽鶴って。だから、いつもファンの方々は、ホントにいろいろな色とりどりの千羽鶴を送ってくれるので、いつも楽しみにしてるんですけど、、、ずっとね、思ってることがあって。人の想いが込められてるものなので、ちゃんと奉納しないといけないと思って、千秋楽を終えたら神社に持って行って奉納しているんですけど。それこそこれまで自分が演じてきた舞台の度に皆さんが送って下さるので、それをずーと保存しておけば相当な数になるじゃないですか。今思えば、それでアート作品が作れちゃいそうだなーと思っちゃったけど。いろんな人の想いを全て一つにするっていうか。あとは、ふざけた話で、千羽鶴が全部一万円だったらすごいのになーって思うこともありましたけど(笑)。

とくむー:せっかくいい話をしてたのに、、、、

三宅:(笑)いや、なんか思ったの。稽古してる時にね、幻覚っていうか車で走ってて、銀杏並木がある場所なんだけど、銀杏の葉っぱがバーって落ちてたのよ。黄金色に輝く銀杏の葉が。それが風で舞いながら車の前を、結構な量よ、転がるように舞ってたわけ。それが段々さ、これが小判だったらって(笑)。自分がお芝居をやってて、江戸の人達のことを想像したり想いを馳せたりした時に、お金って今回の舞台にもワードとして出てくるので、お金の力で検校の位を買うとかってお話だから、金金金、みんなお金のことしか言ってないから、お金がある人が救われてお金が無い人が救われない世の中になってて、そんなことがあっては絶対ならないのにっていうような意味でも、今回のお芝居が現代とリンクするなー、なんてことを考えながら、当時のひもじい生活をしてる人は、それこそ銀杏が金色に見えて、小判が転がってる!!なんて幻覚することがあったのかなーとか想いを馳せたわけ(笑)。それで、考えたら、ふざけた話だけど千羽鶴もこれお札だったらって発想になったって話(笑)。妄想族としては、そういうのをすぐに妄想するんですよ。今回そんなに舞台では動いてないんですけど、やっぱり運動してないと体力って衰えていくんだなって。コロナ禍で、1回目の自粛期間中、あの時も本当に外に出たなかったから、歩きもしなくなっちゃって、どんどん筋肉が落ちて、公園は人が多いから緑道沿いを歩こうかなと思ったら今度は緑道沿いに人が流れちゃって、また密になるなって思って、行かなくなっちゃうわけ。友達も朝5時に走ったりしてたんだけど、でも、今度は5時に人が増えちゃったんで、4時に走ってるって聞いて、そっかーっなんて思ってたら全然運動しなくなっちゃったりして。そしたら体力が落ちちゃってね、大変だなーって思うことがありますけど、今回の舞台は精神的に疲れますね。気をずっと張ってないといけないというか。

とくむー:しかも、1日2公演とかですしね。合間の時間もあんまり無いだろうし、、、

三宅:ご飯にも困るんだよね。昼間、公演が始まる前に食べて、1日2公演の場合は、1回目と2回目の休憩が4時ぐらいに始まるんですけど、2時間ぐらいあって。でも、2時間なんてあっという間なので。その間にメイクを落とすかどうかを迷い、、、乾燥するからパリパリになってきちゃうわけ。本当は落とした方がいいんだけど、面倒臭いからそのまま上からやっちゃうこともあるんだけど、通常だったらメイクさんがいてくれるんで自分でメイクをすることは無いんですけど、今回は自分でメイクしないといけないんで。歌舞伎役者の方々は当たり前のことなんですけど、慣れてない僕としては時間がかかっちゃうんで大変だんですけど、そういうのでも時間が取られますから。昼ご飯を食べて、1回目と2回目の間に食べるでしょ。で、公演が終わるのが21時40分ぐらいなの。そこからメイクを落としたら22時30分ぐらいになるわけ。で、お腹が空くから、マネージャーさんに20時までに買っておいてもらってもいいんだけど、冷めちゃうし。食べると胃に負担がかかるなーと思ったり、でも、食べないと痩せてくなーと思ったりって感じ(笑)。どうしよー、、、、食べようかなー、、、我慢しようかなー、、、って感じ。で、我慢して帰っても、結局お腹が空いてお煎餅とか食べちゃうんだよね。

とくむー:舞台ですごく体力を使うし、、、

三宅:人って脳みそ使うとお腹空くんだよね。動いてるかっていうとそんなに動いてないんだけど、衣装も着させてもらうし。でも、やっぱり肩も凝るし、ズラかな。ズラに鉄が入ってるんで、髪の毛が出てこないようにすっごい締め付けてるから、頭が圧迫されてるんですよ。それも疲れる要因かもしれないけど。終わったーって感じですよ。始まるとこの舞台はすごく早くて、3時間ありますけど、3時間を感じさせない面白さが戯曲にもお芝居にもあるからなのか、あっという間な感じがしますけどね。

とくむー:演じてる側もですか???

三宅:演じてる側も。自分が準備したり、お芝居をしてない所に関しては、猿之助さんのお芝居を観るのが面白いし楽しいし、勉強になるから、いつもモニターで観たり、あとは、セットにドアがあるんですけど、スタッフさんが中の状況が分かるように覗き穴があるんですね。だから、余裕がある時は、そこで猿之助さんの芝居を観てますよ。好きなシーンがあって。猿之助さんが、色っぽいしカッコ良いし、面白いんだけど、一つ一つの所作が綺麗だから、観てて本当に面白いカッコ良い。基本的には本番中に楽屋に帰ることは無いですね。袖にいます。袖にいて、他の役者さんのお芝居を観てることが多いですね。

とくむー:休憩はほんとに合間の2時間しか無いんですね。

三宅:そう考えると、本番中、ほぼほぼ座ることも無いもん。袖にいても。

とくむー:劇場に入って、気づいたらもう22時って感じ??

三宅:そうだねー。だからもう、天気が良い日はさー、外を眺めていたいのにーって思いながら始まっていくって感じですかね。

~♪ MUSIC ~

Coming Century「 Are you ready tonight? 」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おやすミカヅキゼニゴケ

※公式HPをリニューアルしました。随時情報もアップ予定です。放送終了後に1週間以内であればラジコのタイムフリーでも聴けますのでそちらも宜しくお願い致します。

「藪原検校」の感想メールが続々と届いております!!

2021/3/1 UP!

本日のOAは、「藪原検校」の感想メールを読みつつ、公演中のルーティンなど近況が盛り沢山でございます!!

1 2
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW