三宅健が日々のあれこれから
時にはゲストを迎え、楽しくお話する30分番組

Every Sat. 22:30~22:57

2022年1月10日のラヂオ

2022/1/11 UP!

三宅:2022年1月10日(月)24時を回りました。始まりました「三宅健のラヂオ」。早速メールを読みたいと思います。

■ラジオ・ネーム:ひろこ

クリスマス動画、見ました!!!12/24、仕事から帰宅後に見たのですが、とても心が温かくなりポカポカしました。健くんの事を、もっと知ることができた気がして、すごく楽しかったです。坂本くんのご登場、すごく面白かったです!演出の発想がステキだなぁと思いました!!!またいつか、ステキな動画が見れるのを、心から楽しみにしています。健くん、スタッフの皆様。たくさんの時間をかけて制作してくださり、本当にありがとうございました。お話が変わってしまうのですが、健くんにお伝えしたいことがありまして。少し長くなってしまうのですが…。健くんの香水が残り少なくなってきてしまった為、先日(12/16)、LE LABO(代官山店)へ行ってきました。少し緊張してたのですが、店員さんが親切な方だったので、今回の目的をしっかりお話することができました。店員さんがテイスティング後、「衝撃を受けました!」と仰られたんです。とてもビックリされていました!何度も何度も香りを確認されていて、「あまりにも衝撃なので、他のスタッフにも共有します!」と仰られておりましたよ〜。私も嬉しくなってしまい、勝手に大喜びしてしまいました。(笑)そして1番驚いたのが、香りを探す時でした。店員さんが思いついた香水のイメージを、いくつか言われたんです。サボテンのお花、オレンジ色のお花、植物や自然のイメージ、ユニセックスタイプの香り…。ピンポイントで健くんのイメージワードを仰られていたので、言われる度にビックリしてました。(笑)そして、健くんのイメージワードであることをお伝えしたら、もちろん店員さんもビックリされていて。(笑)健くんのファンでない人でも、健くんのイメージをすることができる、三宅健くんがすごいと思いました!!!!!!店員さん、健くんのお陰で、とても楽しいショッピングをすることができました。私にとって大切な宝物が1つ増えて、本当に嬉しいです。

三宅:ってことは、香水が無くなるから、LE LABOに行って、残り少ない香水の香りをお店の方に嗅いでもらって、それで「これに似た香りを調合してください」ってしに行ったってことだよね。結果、匂いがどうだったか書いてないんだけど、どうだったんだろうね(笑)。近いやつ出来たのかな。

とくむー(構成作家):どんな感じの匂いなんでしたっけ?

三宅:ウッドっぽくて、ほんの少しスパイシーな感じかな。割と甘くはない。

とくむー:香りを選んでる時に無意識に、サボテンの花の香りに似てるのを選んでるとか?

三宅:そんなことは無いと思うなぁ。これは、もしかしてだけど、店員さんもファンだったりして(笑)。店員さんもファンだってことは言わなくてさ、だからこのワードが出てきたりして。でもね、なんでこの店員さんが「衝撃を受けました!」って言ってるのかというと、おそらく、今回僕らがオーダーした会社さんは、海外の会社と提携してやってるところなんで、全部すべてオーガニックなんですよ。ヨーロッパって基準が高いので、それをクリアしたものじゃないと香水を作れないんですね。1つでも違うものが混ざっちゃうと良い香りにならない。オーガニックってすごく繊細なんだって。だから、混ぜられない成分とかも沢山あったりするから、その中で良い香りを生み出すって難しいんだって。もっと言うと僕が作った香り、V6のみんなが選んだ香りっていうのは、世の中にまだ出ていない香りなんですよ。なので僕達が使った6本の香りっていうのは、今後世の中では使えないんですよ。僕達以外は。僕達の香りとして登録されちゃったから、世の中で一切使うことが出来ないんですよ。だから意味があるなぁと思って。そこらへんにある香りじゃなくて、もちろん、似通った、近い香りはあるかもしれないけど、オーガニックであの香りっていうのは他所では絶対作れないから。薬品が一切入ってないんで。だから、これはなかなか無いものなので、店員さんも衝撃を受けましたって言ってたのかもしれないですけどね。

とくむー:でも凄いですね。匂いだけ嗅いで近いものを調合する職業って。

三宅:ね。LE LABOの方が調香師の方なのか分からないけけど。僕の香水も癖のあるのを選んだんで。スパイシーや、ウッディーな香りがダメな人は苦手かもしれないけど。好きな人は、僕の香水として登録されているんで、、、、まぁ、要望があるならば、きちんとした瓶で今後生産するっていう考え方もありますけどね。やろうと思ったら、僕の香りとして登録されているんで出来ちゃったりもしますよってことで。

とくむー:これ、皆さん使ってるんですかね??

三宅:オーガニックだから、もちろん勿体なくて使えないって人もいるとは思うんだけど、香水は開封しなくても揮発してっちゃうから。空気に触れた瞬間から匂いって変わっていっちゃうんで、まぁ、折角あるんだから、使ってくれたほうが良いと思うんですけど。もちろん、すぐにダメになっちゃうものじゃないから、しばらくは大丈夫だと思いますけど。蓋を開けてなければ、空気に触れることは無いですから、でも、徐々に揮発はしていっちゃうと思うんで、普通に使ってもらうほうが良いとは思いますけどね。

とくむー:開けてない人なんているのかな。。。絶対ひと嗅ぎはしてますよね。

三宅:それか、香水好きな人だったら、2個買いして、1個は使う用、もう1個は保存用とかはあるかもしれないけどね。

はい、というわけで

「三宅健のラジオ」

三宅:結構大変だったのよ。選んでる時の写真を撮ってたから、結構な種類あって、AからZぐらいあったかも。全部自分で紙にどれが好きだったかを書いて、検証してたんだけど、その時のバーって出した香水の写真を撮ってたんだけど、結局にこ健にアップするのを忘れててしてないわ。香水になる前の原液だから凄い匂いがするのよ。ワンセットしかなくて、みんなの自宅に順繰りに回っていって、それぞれが20種類ぐらいある中から決めてたのね。結果、一番最後に僕が選んだんじゃなかったかな。だから、みんなが何を選んだかをマネージャーくん達に聞いてて、「あ、これ選ぶんだー」って、香水の話なんてしたことないから、「へー、こういう匂いが好きなんだー」って意外だった。誰とも被ってなかったね。一番最後だから、選びたいやつが被ったらどうしょう。。って思ったら、被んなかったね。これ僕が進行してたんで、一番最初に嗅いだんですよ。でも、1回じゃ決められないから、他のメンバーに先に決めてもらってもいいよって言ってたんで、僕が気に入ったものだけ印をしてたんだけど、やっぱりそれは他の人は選んでなかった。

とくむー:そこまで被んないんですね。

三宅:面白いよね。

とくむー:もしファンの方がつけて街を歩いてたら、すれ違った時に分かります??

三宅:どうだろうねー、、、分からないなぁ、、、。俺がしょっちゅうつけてるわけじゃないからね。でも、ファンの子同士は分かるんじゃない。満員電車に乗ってて、「あれ?私のあの匂いが、、、。あ、健君くん!!」って思ったらさ、違う女の子が対面にいてさ、「あれ?もしかして、、そうですよね?!!」みたいな。「そちらも、、もしかして、そうですよね?!」みたいな。今マスクしてるからそこまで分からないかもしれないけど、面白くない??ファン同士がすれ違ったら香水で分かっちゃう。

とくむー:そういうメールが来てないから、、、みんなつけてないんじゃないですかね。

三宅:(笑)。なんなんだろう、なんでこんなにロマンチックなことを考えついちゃうかなぁ、自分で言うのもなんだけど。絶対に良いと思ったんだよ。なんかさ、香水って記憶と直結するものだからさ、良いなと思って。香水と僕達のやってきたV6のタイトルが付随してるのが良いじゃない。香りも音楽もその時の思い出だったり、記憶を喚起させてくれるもの。その瞬間にタイムトリップさせてもらえるようなさ、そういう感じがあるじゃない。あっ!!って。そういう意味で良いなと思ったんだよね。記憶を呼び覚ますためのもの。本当は、、、予算もあったからしょうがないんだけど、10㎎のボトルじゃなくて、ちゃんとしたボトルで発売したかったんですけど、それだと相当予算が膨れ上がっちゃうし、購入する側もどんどん上がっちゃうんで。僕は意外と香水のボトルが好きだったりするんで、香水のボトルって可愛いじゃん。気になるよね、このLE LABOで作ったやつが本当に、僕のやつに似たのかどうか。店員さんが衝撃的だって言ったのは、なかなか簡単に作れる香りじゃないからだと思いますけどね。もしね、ご要望があればまた香水作るってこともできますよね。今ね、俺ね、レタードって良いなと思っててさ。元々パールネックレスを作りたいってラジオで言ってたじゃない。そこに期待してた人もいるからと思って、パールネックレスで進んでたんだけど、もう1案考えた時に、レタードチャームの方が良いなって思ってたのね。時間があればね、金属アレルギーの人もできる素材のものとかがあったりもするから、そういうのにこだわってやりたかったんだけど。時間も無くて、難しくて。それをやってたらさらに予算が膨らんでたかもしれないけど。レタードチャームが可愛いなと思ってて、漢字とか。外国人の人がタトゥーで日本の漢字をいれたりするじゃん。それをゴールドで平和とか、愛とか、そういうのがレタードになってるっていう。それを作っても良かったなぁと思ったんだけどね。可愛いじゃん。“愛なんだ”とか曲のタイトルでもいいし。みんなにとって思い入れのある曲名とかが良いのかなと思ってたけど。

とくむー:結構具体的に考えてたんですね。

三宅:パールがダメになった時の第2案を考えてて、なんでもそうなんだけど、プレゼンテーションをする場合に大体、いろんな人と打ち合わせをしててさ、一つのアイデアしか持って来ない人が多くて。でも、第2案、3案があれば、その打ち合わせの時に、「こんなのも実はあるんですけど」って、A、B、C、なんならDまで用意してますっていう方が、プレゼンテーションとしては、「Dいいじゃん」ってことが起きるかもしれないから、そういうことも含めてダメだった時の為に考えてたの。レタードチャーム可愛いと思うんだよね。今、自分用に作ろうと思ってるんだよね。漢字で。「断捨離」とかにしようかな(笑)。

とくむー:それいいんじゃないですか。

三宅:断捨離っていう四字熟語を、新しくオーダーしてさ、断捨離っていうけど物を増やしてんじゃん!!って話じゃない(笑)。ぜんぜん断捨離じゃないんだけど。断捨離を常に忘れないように胸に秘めるっていいね。断捨離ネックレスカッコ良くない??作るんだったら、ちゃんとゴールドで作りますよ。純金で断捨離。これちょっと良いよね。

とくむー:それって断捨離じゃなくない?!!って、メチャクチャ言われると思いますけどね(笑)。

三宅:断捨離とは、名ばかりのネックレス。

とくむー:貯金とか、、、

三宅:ふっと見たらさ、胸元のキラキラ光るネックレスのレタードチャームがさ、「貯金」とかだったら、ちょっと嫌じゃない。「貯金好きなの?」って聞きたくなるよね。「うん、好きなんだよね、だからこれも貯金」って。

とくむー:だったら「断捨離」の方がいいですね。

三宅:何がいい??

とくむー:やっぱ、、、「誠実」とかじゃないですか。

三宅:(笑)。でもさ、誠実っていうのを身につけてるやつほど、胡散臭いものはないよね。それか「僕、いつも誠実でいたいと思っているんでこれを身につけてるんです」って言うの?

とくむー:言わなくても、チラって見せれば、、、

三宅:あ、無言で。ネックレスをかざすんだ。

とくむー:あ、見えちゃった?みたいな。

三宅:あー、嫌だ嫌だ、嫌な男!!(笑)。

とくむー:漢字の人っているんですか?

三宅:いるんじゃない。その方が洒落てんじゃん。英語とかはありきたりじゃん。漢字だから可愛いだもん。漢字とか日本語でレタードって可愛くない?でも、そうやって使ってくれてるのが嬉しいですね。僕はコンサートグッズを作ってて思うのは、コンサートで使用して終わるのが嫌だなと思って。日常使いできるものをグッズ化したほうが、ファンの子達にとってもいつもそばに持っておけるし、全く関係のない、ファンじゃない人が見ても、「なにそれどこの?可愛い!!」って言ってもらえる商品であるべきだと思ってるんですよ。僕の個人的な意見としては、ちゃんと日常に溶け込むものが良いなと思っているので、僕が携わるものに関してはそうであって欲しいなということなんですけどね。

~♪ MUSIC ~

V6「 Supernova 」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

おやす三岡井坂長

※放送終了後に1週間以内であればラジコのタイムフリーでも聴けますのでそちらも宜しくお願い致します。

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
  • 2022年5月14日のラヂオ

    三宅:2022年5月14日(土)22時30分を回りました。 ■ラジオ・ネーム:はるか 健くんインスタをこまめに更新してくださりありがとうございます。インスタには可愛い健くんからかっこいい……

    2022/5/14
  • 月イチの連載が、いよいよ明日5/15(日)発売の東京新聞で始まります

    本日のOAは、山口幸士さんの個展「小さな光」を観に行った話や、インスタでベッドではしゃぐ??有吉さんの投稿?!の裏話、さらに「三宅健のラヂオ」と東京新聞さんがコラボしてお届けする新企画「三宅健とめぐ……

    2022/5/14
  • 2022年5月7日のラヂオ

    三宅:2022年5月7日(土)22時30分を回りました。さぁ、始まりましたよ、とくむーさん。 とくむー(構成作家):もうゴールデンウィークが終わりますよね。 三宅:終わりますね。今さ、サ……

    2022/5/7
  • 今さ、サボテンを外に出してんだよ。

    本日のOAは、三宅くんの自宅でのリアルな様子が垣間見えたり、旅行で行ってみたいところの話だったり、東京新聞での新連載についてのお知らせなどでございます。是非お聴きください!! ……

    2022/5/7