土曜深夜のハードロック/へヴィメタル専門プログラム

Every Sat. 25:00~

GO TO ROCK AND ROLL〜ロックの現場から〜その⑬

2021/6/12 UP!

杉山ディレクターがビクターのアーカイブから発掘してくれた貴重な写真。
着ているシャツから判断すると、1998年5月17日のロンドン?
となれば、亡きクリス・タンガリーディスのプロデュースでレコーディングしていた「FIREWORKS」のときの写真か?
私は、ハロウィン三代目ディレクターの堀内さんとロンドンに出かけ、様々なバンドの取材を行っていた。その中の1つがANGRA。「FIREWORKS」は60年代のドラムキット、60年代のベースアンプ、50年代のマイクロフォンを使用し、アナログのやわらかい音を取り込もうとしたアルバムである。
スタジオにはアンドレ・マトスしかいなかった。そのアンドレとインタビューした。記憶によれば、バンド内部に問題が発生していた。アンドレはANGRAからの脱退を決めていた。そういったネガティヴな空気が既に存在していた。しかし、アンドレは「FIREWORKS」のヘヴィな世界観に対する挑戦者としての心意気を語ってくれた。「FIREWORKS」にはアンドレの心境が映し出されている。
1997年12月31日、コパカパーナ・ビーチにいたアンドレは1時間近く打ち上がる花火を見ていた。そして、こう思う。
『とても美しく、力強く、エネルギッシュな花火だ。
 だが、それは長く続かない。手で掴むこともできない。
 みんなが精神的に一つになっている瞬間なんだ』と。

アンドレはツアー終了後に脱退する。

記念写真を撮影する時、彼は「メガネを交換して撮ろうよ!」と言った。その時の1枚。

2007年の「LOUD PARK」、バックステージに行くと、丁度アンドレがステージから降りてきた!
「マイ・フレンド!!」と言って、僕に抱きついてきた。

今年9月にアンドレのドキュメンタリー映画が公開されるそうです。

2019年6月8日、彼は47歳の若さで亡くなっている。
R.I.P.

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
  • 遺言視聴 & 購入報告!ありがとうございます!

    リスナーのクリドラの父さんから頂きました。 「先週の番組終了後の日曜日に、ようやく遺言オンラインを視聴することができました。今回も様々な話題を提供していただき、大変勉強になりました。 さ……

    2021/7/24
  • 今宵の画伯たち

    今夜も届いた画伯たちのイラストを紹介します。 リスナーのはやとんさんから頂きました。 「いよいよリリースされるIron Maidenのニューアルバムですが、まさかのアルバムタイト……

    2021/7/24
  • GO TO ROCK AND ROLL〜ロックの現場から〜その⑭

    素晴らしい一夜だった・・・ロンドンのトッテナムコート・ロード駅近くの日本食の居酒屋を予約し、NWOBHM時代の仲間を集めて食事をした。SAMSONのポール・サムソン、 元IRON MAIDE……

    2021/7/17
  • 豪華な誕生日プレゼントありがとうございます!

    リスナーの北見さんから頂きました。 ありがとうございます!!! ……

    2021/7/17