土曜深夜のハードロック/へヴィメタル専門プログラム

Every Sat. 25:00~

GO TO ROCK AND ROLL〜ロックの現場から〜その⑭

2021/7/17 UP!

素晴らしい一夜だった・・・

ロンドンのトッテナムコート・ロード駅近くの日本食の居酒屋を予約し、NWOBHM時代の仲間を集めて食事をした。
SAMSONのポール・サムソン、 元IRON MAIDENのクライヴ・バー、そして、PRAYING MANTISのトロイ兄弟。
NWOBHMというシーンの裏側を語り尽くすという企画意図だった。クライヴは何と元UFOのギタリスト、アトミック・トミー・Mを連れてきた。一緒に新しいプロジェクトをやりたいから相談に乗ってくれという。
トミーは1980年代からよく知っている。後にTESLAのバックラインを担当するダニー・マックレンドンの弟で、EARTHSHAKERのサンフランシスコ・レコーディングのコーディネーターとして起用したダニーが、トミーをよくスタジオに連れてきた。当時、彼はギター・クリニックを始めようとしていた。その後、才能が認められてUFOのギタリストになったが、残念ながら成功することはできなかった。
クライヴとのプロジェクトも結局、動き出す前に消えてなくなり、トミーはカリフォルニアはストックトンに戻っていった。

この夜、ポールは冗舌だった。考えてみれば、SAMSONはNWOBHMのスタート・ダッシュを演出したバンドだった。そして、気がついているだろうか?クライヴはSAMSONの元メンバーで、その後、MAIDENに加入した。そして、そのクライヴはPRAYING MANTISの一員としても活躍することになる。
私が企画した、このロンドンでの一夜は、結果として、NWOBHMにおける1つの人脈を形成することになった。

若く、野望に満ちていた彼らは、”歴史”を作った。
そして、私はその”歴史”を見てきた。

ポールのラブコールを受けて、SAMSONを日比谷野外音楽堂で開催された、NWOBHM 20周年イベントに呼んだ。彼は日本のファンの前でプレイすることができて、本当に喜んでいた。
そのポールも、クライヴも亡くなっている。

今も、あのロンドンでの一夜を思い出す・・・。

前の記事
次の記事
サイトTOPへ戻る
WHAT’s NEW
  • 先取りPRT(9/25放送分)

    ・先日、好評のうちに幕を閉じた『政則十番勝負 2021』、みなさんおたのしみいただけたでしょうか。  みなさんからの反響、エピソードなどご紹介♪ ・50周年の節目を迎えたJUDAS PR……

    2021/9/23
  • 【政則十番勝負】9月21日(火)柴田直人 /MAD大内

    『政則十番勝負2021』千秋楽は、柴田直人とMAD大内が登場! 大内の空回りが本領発揮だった(笑) by MASA ht……

    2021/9/21
  • 【政則十番勝負】9月20日(月)吉井和哉

    『政則十番勝負 2021』9日目はミュージシャンの吉井和哉さんが登場!!アーグ・ポリス時代から、ギフト券、陰毛まで、吉井さん、話がおもろいわ(笑) by MASA ……

    2021/9/20
  • 9月19日(日)みうらじゅん & 安齋肇

    『政則十番勝負2021』8日目はみうらじゅんさん & 安齋肇さん!!3人並ぶと画が凄いよ!(笑)ハイライトはオカリナの呪いか!? by MASA ……

    2021/9/19